いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

02/05(火)  トヨダG1型トラックのプラモデル

pic20080205_1昨日から引き換えが始まったトヨダG1型トラックのプラモデル。友人の分や予備のも含めてけっこう買いましたので、また置き場所に悩みそうです。

すでに専門雑誌などで紹介されていますのでご存知だとは思いますが、簡単にご紹介をしましょう。

トヨダG1トラックは1935年に現在のトヨタ初の量産車として生まれたトラックです。トヨタ技術会60周年特別企画としてそのG1トラックを会員(約2万人)限定販売のプラモデルとして製作されたのがこのプラモデルです。製造はファインモールド社。スケールはカーモデルの一般的なスケールではなく、1/35。完成時の大きさは全長170mm、全幅95mm。部品点数はエッチングパーツ入りで約150。豊田喜一郎翁と渡辺捷昭社長のフィギュアが付属しています。

pic20080205_2そのフィギュアの種類によってパッケージが異なっています。

緑のパッケージが豊田喜一郎翁フィギュア入りの「創業期へ思いをはせる仕様」、白いパッケージが渡辺捷昭社長のフィギュア入りの「未来への飛躍に向けて」仕様となります。

それぞれのパッケージには、販売個数とシリアルナンバーが記されています。「創業期へ思いをはせる仕様」は販売個数7177個、「未来への飛躍に向けて」仕様は販売個数3822個というのが読み取れます。記念にひとつ買うというような人は当然「創業期へ思いをはせる仕様」を選ぶでしょうから、全体的にはこういうバランスになるのでしょう。

pic20080205_3箱の大きさに比べると、中はけっこう余裕があります。5袋にまとめられてそれぞれのパーツに負担がかからぬようにおさまっています。パーツを見てみると足回りなどがけっこう精密で、取り扱いに注意しなければいけない細くて細かいなパーツが多いです。入手したらそのパーツが折れたりしていないかが最初のチェック項目となるでしょう。組立て時もそれらのパーツは慎重に切り離したりする必要があります。組立説明書を見ると、破損・紛失時のパーツ請求もできるようですので、万一折ったり無くしたりしても絶版キットと違って安心して取り組むことができるでしょう。ただ、何年も寝かしておいてからいざ必要だといって請求しても大丈夫かどうかはわかりませんが。

その組立説明書はなんと16ページの立派なもの。実際に組み立てたわけではありませんが、さっと目を通す限りかなり親切な説明となっています。塗装指示も、最後に全体のものがありますが、組立て途中の絵にもこまかく指示が書かれています。この組立説明書を見ているだけで組み立てたいという衝動が湧き上がってきます。

pic20080205_4組立説明書の他に、トヨダG1トラックの復刻版カタログと実車解説書がついています。これも両方けっこう立派なものです。

これで一箱3200円。私の感覚ですが、他の1/32スケールのトラックやバスのプラモデルと比較してもお安いと思います。オマケに一箱に付き1個のミニG1トラック模型もいただきました。(家に帰って来て数えたら1個余分にあった!!)

さて、社内ではこのプラモデルを使ったコンテストが開催されます。締め切りが3月初ですので、私も久しぶりに製作を楽しんで参加したいと思っています。シオラマ部門か単体部門か迷うところですが、私はジオラマ苦手ですし時間もありませんので、たぶん単体部門で参加となるでしょうね。

こういうやる気が感じられるキットに触れると、なんかワクワクしてきます。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ