いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

07/06(月)  ~鎌倉、江ノ島~ 湘南ぶらり旅

今年は諦めたつもりでしたが、やはり、鎌倉のあじさいをどうしても見たくなり、この土日に鎌倉に行ってきました。

とはいっても、あじさいの見ごろの時期は完全に逸してしまっているので、以前から行きたいと思いながら後回しにしていた江ノ電と江ノ島の旅をあわせて、あじさいは見ることができれば御の字という気持ちで行くことにしました。また、私の好きな湘南新宿ラインをはじめとする鉄道写真の撮影もできればいいかという気持ちも持って出かけました。

pic20090706_1最近の神奈川への旅の入り口となっている小田原まで新幹線で行き、小田原からは東海道線で大船に向かいます。

小田原駅は今回で4回目なのですが、外に出たのは2回だけで、しかも2回とも南口でしたので、北口に北條早雲の像があるのを今回はじめて知りました。右の写真は、新幹線の上り線ホームから撮影したのですが、のんびりとホームから外を眺めたことがなかったので、今まで全然気づきませんでした。

pic20090706_2大船駅で横須賀線に乗り換えてひとつめの駅が北鎌倉。この駅は、円覚寺の境内にあります。北鎌倉の次の駅は鎌倉駅ですが、北鎌倉駅から鎌倉駅方面の線路は、鉄道の絶好の撮影地点でもあります。私も、しばしカメラを構えていくつかの列車を撮影しましたが、撮影地点は良いだけではなかなか良い写真は撮れません。要は腕ですね、やはり。

そんな絶好の撮影地点である線路脇の道を少し歩くと、明月院に向かう道が左手にあります。明月院は「あじさい寺」と呼ばれるように、あじさいが見事な寺院です。

しかし、やはり時期は遅くて花の数も少なくなっていましたし、美しいブルーの花の色も褪せかけて一部は茶色くなりはじめていました。それでも遠目にはまだまだ鑑賞に耐えうる雰囲気を残しているのはさすがだと思います。ぜひいつかは見ごろの時に訪れてみたいと、より強く思ってしまいました。

pic20090706_3次に言ってみたかったのは、極楽寺。横須賀線で鎌倉に行き、そこからあこがれの江ノ電に乗ります。どこでも下車できるように、1日乗り放題の「のりおりくん」を買っての乗車です。

江ノ電の極楽寺駅は、私が青春時代のころの人気テレビドラマ、「俺たちの朝」のロケ地でもあります。このドラマのおかげで江ノ電の存続がきまったという話もあるほどのブームだったと聞いています。30年以上の時を経て、自分がその極楽寺駅に立っているなんて、なんか信じられない気持ちです。思わず、「オッス」のつもりになって「カーコ!」と呼んでみたくなりましたよ。ちなみに、「俺たちの旅」のグズロク役で人気をはくした津坂匡章が秋野太作に改名したのは、「俺たちの朝」での役名が秋野太作であったからだと聞いています。

pic20090706_4極楽寺には、あじさいで有名な成就院があり、そこにも行ってみます。噂では成就院は7月1日にあじさいの花をすべて剪定すると聞いていたので、あじさいが咲いていた雰囲気だけを見に行ったのですが、高台の成就院から眺める由比ヶ浜はとても美しくて感動しました。あまりに美しいので、しばらくぼーっと眺めていましたよ。

このまま海のほうに歩いていき、長谷寺を経由して鎌倉大仏のある高徳院に行くというコースもよさそうなのですが、江ノ電鎌倉高校前駅で夕日を見てみたいので、今回は時間がなくてそのまま極楽寺駅に戻って江ノ電で鎌倉高校前駅に向かうことにしました。天気予報では午後は雨で諦めていたのですが、なんと4時頃から雲ひとつ無い天気になったのは、私の日頃の行いがよかったのでしょうか。

pic20090706_5鎌倉は他にも行きたい場所や歩きたい場所はたくさんありますが、今回すべて行くことはできないので、あまり欲張らずに今回の目的だけをのんびりと旅することにします。

鎌倉高校前駅に着いた頃には太陽はかなり傾いていて、だんだんと夕暮れ迫るという雰囲気でグッドタイミングでした。江の島と江ノ電という定番の写真も、いざ撮影しようとしたら、なかなかうまく撮影するのは難しいです。だって逆光なんですからね。なんどもホームで電車を待ってなんとか見ることができる写真は撮影できましたが、撮れば撮るほど変化が出て奥が深いです。

もうひとつ定番と言えば、鎌倉高校前駅の東側の踏切。

pic20090706_6海をバックに踏切を横切る江ノ電が撮影できる定番スポットです。ドラマなどのロケ地にもなるところです。踏切の写真だけを見ていた時は、踏切の反対側の坂の上はもっと広がりのある場所かなと想像していたのですが、実際は両脇に建物がせまる狭い感じの道で、勝手に思っていたイメージとはだいぶ違っていましたが、そういうのもその場所に行ってこその発見という楽しみでもあります。

写真は、踏切の遮断機が下がり、電車が来たところで連写するわけなのですが、うまくいかないのが、踏切の前で待ったり横切ったりしていくクルマたち。ピントは手動にしておかないと、そういうクルマに自動でピントがあってしまい、電車はピンボケということにもなりかねません。私は見事に失敗してしまい、ピントは電車にあっていません。

pic20090706_7鎌倉高校前駅で楽しんだあとは、また江ノ電に乗って江ノ島駅に向かいます。江ノ電は、腰越駅を過ぎると道路との併用区間にはいり、近づきすぎている自動車が電車を避けるのを待ったりしながら進みます。時間があれば、腰越駅で降りて歩いて江ノ島駅まで行くのも楽しいと思います。

江ノ島駅で降りて江の島に向かいます。何度もテレビで見た江ノ島界隈。見覚えのある景色が飛び込んできますが、実際に自分がそこにいるというのがここでも不思議な感じです。

江の島には弁天橋という歩行者用の橋を歩いていきますが、だんだんと見えてくる江の島の景色は、あの「千と千尋の神隠し」に出てくる場所の印象と重なります。なにか神秘的で騒々しい感じがして、建物も異国風の雰囲気があって・・・。そんなこと思うのは私だけでしょうか。

pic20090706_8とは言いつつ、左手に目をやれば、普通の観光地っぽい雰囲気です。鳥居があってその道は江島神社につながっています。

ここに来ればやはり生シラスを食べないとということで、待たなくても食べられてほどほどに繁盛しているお店を選んで入り、歩きつかれた身体に生シラス丼でエネルギーを与えます。おいしかったですが、ご飯の量がもう少し多ければもっと満足だったのですが、まぁ致し方ないところでしょう。

pic20090706_9一日目はこれで満喫し、ホテルに戻りますが、夕闇に包まれた中でにぎわう江の島は、灯台の光も放ってきれいです。

このあと、忘れてしまったことがあります。江ノ電で鎌倉に戻る前に、小田急の片瀬江ノ島駅の駅舎を見たかったのですが、すっかりと忘れてしまいました。片瀬江ノ島駅は竜宮城のような駅で、夜の姿を撮影したかったのですが、これだけは本当に残念です。次回来るときには、絶対に忘れずに訪れてみたいです。

pic20090706_10翌日は、湘南モノレールに乗ります。

このモノレール、大船駅から湘南江の島駅まで大人300円です。しかも、かなりスピードを出してくれて楽しい乗り物です。テーマパークのアトラクションでも、こういうものを300円ではとても乗れません。そういうことを冷静に考えると、テーマパークのアトラクションが異常に高いような気がしてきます。

高いところは最近苦手な私ですが、このモノレールはそういう怖さは感じません。上から眺める緑の多い景色は変化がありますし、独特の落ち着いた雰囲気を感じさせてくれます。

景色をみたり運転席の後から写真を撮ったりして楽しんでいるうちに、湘南江の島駅に着きます。湘南モノレールの湘南江の島駅は、ロープウェイの山頂駅のような感じで、江ノ島にいることを忘れてしまうような錯覚を与えてくれます。

何度も来ていたり、この付近に住んでいる人たちはそういう感覚など持たないのでしょうし、私も何度か訪れるうちにそういう感覚も無くなっていくのだと思うのですが、最初のこういう印象をこうして記録しておくのも、あとでいい思い出になると思っています。こういう感覚は、案外忘れてしまうものだと思いますから。

pic20090706_11江ノ島からは、江ノ電に乗って藤沢に向かいます。

江ノ電の鎌倉?江ノ島間は、観光ブックなどにも写真入りで詳しく紹介されていますが、江ノ島?藤沢間はあまり話題になっていないような気がしますので、そういう意味でもちょっと楽しみでもありました。

鎌倉?江ノ島間は、民家の中を軒先近く走っている身近な感じの路線ですが、江ノ島?藤沢間は、けっこう洒落た住宅地の中を走っており鎌倉?江ノ島間とは景色が異なります。終点の藤沢駅ではなんと高架になってビルの二階の中に入って行きます。私のような外者からみると、これは江ノ電ではないぞというほどの驚きでした。しかも、そのビルの一階がなにやら怪しくて江ノ電の雰囲気もあったものではありません。

なんてこと書くと、藤沢の方に叱られてしまいますね。すいません。

藤沢駅からまた東海道線に乗って小田原駅に戻り、新幹線で帰路についたわけですが、今回も充実した楽しいぶらりひとり旅になりました。パニック障害を持っている私がこうしてひとりで外に出かけられるようになったのも、ある人のおかげ。感謝、感謝です。

次回は、北鎌倉から鎌倉まで歩いたり、さだまさしの「縁切寺」の歌詞の雰囲気を体験したり、湘南の海をもっと身近に感じたりとかしたいと思います。いつになるかわかりませんが、また訪れてみたいと思います。

最後に、途中で撮影した鉄道写真を掲載しておきます。

pic20090706_12
伊豆急行「黒船電車」
展示車輌
2100系
(大船駅)
pic20090706_13
京浜東北線 普通
大宮行(1520C)
E233系 117編成
(大船駅)
pic20090706_14
横須賀線 普通
逗子行(1475S)
E217系 Y-13+Y-124編成
(北鎌倉駅?鎌倉駅)
pic20090706_15
快速 「ポートトレイン横濱」
甲府行(9722M)
485系 N201編成 (いろどり)
(北鎌倉駅?鎌倉駅)
pic20090706_16
普通 「新宿湘南ライン」
小金井行(1720E)
E231系 U-589編成
(北鎌倉駅?鎌倉駅)
pic20090706_17
横須賀線 普通
久里浜行(1557S)
E217系 Y-108編成
(北鎌倉駅)
pic20090706_18
江ノ電
20系
(江ノ島駅)
pic20090706_19
湘南モノレール
500系 559F編成
(湘南江の島駅~目白山下駅)
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント