いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

09/03(日)  百人一首のおもひで

私が高校生の頃、夢中になったものがあります。
それは、百人一首です。

昼休みになると、気のあう友人と4人集まって必ず百人一首をしていました。その頃の私は、長髪とピンクのシャツと遅刻では目だっていたものの、勉強はできない劣等生であり、良いほうではあまり目立たない存在でした。そんな私が、学年やクラスでトップクラスの友人と、百人一首をしているのですから、周りからは奇異に見られていたのではないかと思います。

まず、ひとり8枚の札を配ります。
(このあたりから、普通の百人一首と違うということがバレます。)
残りの札を真ん中に置いて、順番に一枚ずつとって行きます。

各自が、一枚取って一枚捨ててを繰り返し、ある形になったら勝ちというものです。人が捨てたものは、自分が必要だったら、「貰い!」と言って貰うことができます。もちろん、その時は一枚捨てなくてはいけません。

どうしたら勝ちとなるか?

百人一首の札の絵をよく眺めてみると、いろんな分類ができます。

身分や職業だと、「内裏」、「坊主」、「姫」
持ち物だと、「笏」、「扇子」
人の向きだと「後ろ」、「横」
服装の色だと、「赤」、「緑」、「青」

とかいった具合です。(他にも特徴を見つけていろんな分類をしました。)

同じ分類のものを3枚集めると、「役」として認められます。
その「役」の札を集める難易度(枚数から決めます)からその「役」の得点を決めます。
得点は、1翻(イーハン)、2翻(リャンハン)とか呼びます。

その「役」を一枚持ってきた時点で三つつくれば勝ちとなります。

例えば、

道因法師 俊恵法師 西行法師
小野小町 式子内親王 二条院讃岐
前大僧正慈円 参議雅経 皇嘉門院別当

を集めると、坊主(1翻)、姫(1翻)、後向き(2翻)で、4翻となるわけです。(女性はみんな姫ということにしていたような。また、正確な役の点数は忘れました。)

全部緑の服を集めたら「オールグリーン」、全部姫を集めたら「オール姫」という「役」もありましたが、これは役満でした。

自分達で、ルールを作り、得点も考え、楽しかったですね。
唯一の欠点といえば、札の製造元によって微妙に色や細部が異なっていて、札を変えるとルールも修正しなければいけなかったというところでしょうか。

もうお気づきと思いますが、この遊びは、百人一首を使った麻雀であったわけです。学校にまさか麻雀牌を持ち込むことはできませんが、百人一首ならば大手を振って持ち込めますし、遊んでいるときに先公、いや先生に見つかっても、
「百人一首で遊んでいました。」
と言えば、感心されることはあっても、怒られることはありませんから。

そういう遊びをしていたのなら、百人一首はそらですべて言えるんでしょ?と問うあなた、とんでもありません。
だってこの遊び、歌は関係ないですもんね。
覚えている歌?
うーん、
「花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」
「君がため はるの野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」
くらいかな。

で、誰の歌だっけ?

・・・・・・・★

柳本ジャパンの予選が終わりました。

私、木村沙織がとても気になっております。いつからあんなに可愛くなったのかな。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント