いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

06/10(火)  互換品と純正品(CANON レンズキャップ)

末娘の体育祭の時に、カメラのレンズキャップを無くしてしまいました。
すぐに同じレンズキャップをカメラ店に買いにいったのですが、同じタイプのものはもう販売終了になっており、今は内つまみ式の新しいタイプのものしかありませんでした。しかも、レンズキャップごときに800円+消費税。

私は今までの外つまみ式のほうがデザイン的に好きだったので、オークションで同じタイプのものを買おうと思って探したのですが、海外からの輸入モノでしかも「キヤノン互換品」というものばかり。その中で、「互換品」とは書いてあるものの安価でパッケージが純正っぽいのがあったので、それを買ってみました。

pic20140610_01

届いたのが上の写真のものです。

一見、純正品のよう。
さっそくレンズに取り付けてみると、押し込む外つまみが十分押し込めなくて、レンズにはまりません。無理して取り付けても今度はすぐに取り外せません。これでは実用性ゼロです。

pic20140610_02

原因を調べたら、純正品と上のようなところが違っているせいで、うまくつまみが機能しないことがわかりました。

「互換品」と説明に書いてありましたので純正品でないことを問題にするつもりはなかったですし、送料込で480円程度でしたし、あきらめるつもりで売主さんに「こういう理由で使えませんでした」という連絡だけいれたところ、「すぐに返金します。商品は送り返さなくていいです」という回答があって、とても良心的な対応をしていただきました。

返金していただいたので、今度は純正品にすることにし内つまみ式の新しいタイプのものをアマゾンで注文しました。

pic20140610_03

届いた純正品のレンズキャップが上の写真です。

手に取って見てレンズにつけてみると、こちらの方がかっこいいしとても使いやすいです。最初からこれにしておけばよけいな手間をとることもなかったなぁと反省。

しかし、互換品のパッケージは本当に紛らわしい。勝手に「CANON」のロゴも使っていますし、これは問題ですよね。本物を見分ける力をつけるために、違いを見てみました。

pic20140610_04

上の写真の
  一番上のものが、純正レンズのパッケージに書いてある文字です。
  真ん中のものが、純正レンズキャップのパッケージに書いてある文字です。
  一番下のものが、互換品レンズキャップのパッケージに書いてある文字です。

違いは、
  ・互換品のパッケージの赤色は、純正品のパッケージの赤色に比べると、くすんだ赤色。
  ・CANON INC. のロゴが互換品だけ書体が異なる。
  ・CANON INC. のさいごのピリオドが、純正品は四角(■)、互換品は丸(●)
  ・互換品の文章は、すべて大文字。
その他にも、部品型式が書かれていない、キャップの表のロゴの色が剥げているなど、よく見るとおかしいと感じる部分があるので、そういう目でみれば本物かバッタもんかはすぐにわかると思います。ただ、それひとつだけしか見ていないと、すっかりだまされてしまうというのもわかるような気がします。

うまくレンズに取り付けられなかったのでこういう問題に気づきましたが、そうでなければ互換品という言葉をあまり気にせずホンモノと思って使っていたかもしれません。こういうものが国内でも普通に出回っていることにも驚きました。キヤノンも頭が痛いことだと思います。(キヤノンだけではなく、日本メーカーの頭痛の種ですが・・・)

なかなか面白い経験をしましたし、良い勉強になりました。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント