いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

09/30(月)  【小説】 「永遠の0」

pic20130930_01「永遠の0」は、2年前に友人から「きっと感動するから」と薦められていた作品でした。文庫本で575ページ、ハードカバーで445ページという長編ですが、読み始めると一気に昨日今日で読み終えてしまったくらい、ぐいぐいとひきこまれる作品でした。

佐伯健太郎は、太平洋戦争で戦死した宮部久蔵という実の祖父がいたことを知り、その祖父がどういう人物だったのかを知るために、祖父の戦友9人の証言を聞いていくというストーリーですが、佐伯健太郎はその過程で、宮部が戦争で家族のことをどう思いどう死んでいったのか、なぜ若者が次々と死んでいく悲劇を食い止められなかったのか、自分の命や家族に対する思いはどういうものだったのか、戦争というものはいかに理不尽なことだったのか、そういうことを知っていくことになります。私自身も、戦争の生に近い証言や事実をほとんど理解していないということを思い知らされました。生死を分ける厳しい環境の中で、家族や戦友に対する優しさや切なさが伝わってくる場面では、自然と涙もあふれてきました。二度とあのような悲劇を繰り返さないためにも、戦争とは何か、本当の人間らしさや強さとは何か、ということを、平和な今こそきちんと考えておかなければいけないと思います。

私の父は今年88歳で、この作品にも登場する空母「瑞鶴」の通信員として戦争を体験しています。私が学生の頃は、「なぜ自ら志願して戦争なんかに行ったのか?」「戦争なんか拒否するのが正義だったのでは?」なんてことを言ってよく非難したりしていましたが、この本を読んで、そんな考えがいかに上っ面だけの考えかということをあらためて痛感させられました。この本を読んでいる途中から、父が戦争で体験したこと、その時どういう思いだったかなど、すぐにでも聞いておきたい、聞いておかないといけないという衝動にかられてしまいました。次に帰省したときには、素直に当時の話を聞いてみようと思います。

それにしても、日本軍の「兵の人命を軽く考える」、「高級仕官の責任は何も問わない」、「出世は実力よりもキャリア」などは、今のどこかの組織にもあてはまるような気がして、非常に腹立たしさや無力感を感じてしまいます。何が一番大切なのか、何が一番の目的なのかが間違っていては、どうしようもありません。

なお、この作品中、零戦の性能の素晴らしさが随所に語られています。設計者である堀越二郎(「風立ちぬ」のモデルですね)と曾根嘉年の名前も出てきます。しかし、宮部久蔵がこういうことを言っています。

「八時間も飛べる飛行機は素晴らしいものだと思う。しかしそこにはそれを操る搭乗員のことが考えられていない。八時間もの間、搭乗員は一時も油断できない。いつ敵が襲いかかってくるかわからない戦場で八時間の飛行は体力の限界を超えている。八時間も飛べる飛行機を作った人は、この飛行機に人間が乗ることを想定していたんだろうか」

技術者として道具の技術を追うことはとても大事だけれど、それを使う人間のことを忘れないようにしたいものです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント