いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

08/15(木)  【映画】 「終戦のエンペラー」

pic20130815_01終戦記念日にあわせたわけではないのですが、今日、映画「終戦のエンペラー」を観てきました。ストーリは、マッカーサー元帥が、本国の「この戦争の真の意味での責任者を探し処分せよ」という命に対して、部下のボナー・フェラーズ准将に天皇の責任を極秘調査するように命じ事実を明らかにしていくというもので、どちらかというと会話が主体の地味な展開の映画です。特に悲惨な光景などが出てくるわけではないのですが、戦争の悲惨や悲しみが強く心に伝わってきました。

実話をもとにフィクションを織り交ぜているので、本当の真実は何なのかということはいろんな見方や考えがあると思いますが、いろんな人の「過ちと賢明な努力」の結果として、今の平和な日本があるということは紛れも無い事実。それは忘れてはいけないと思います。戦争責任とは?日本人とは?天皇とは?そういうことを、人それぞれによく勉強し考えて、自分の中でひとつの回答を持っていることが、日本人の国際化の一歩のような気がします。

この映画、企画は日本人ですが製作はハリウッドであるにもかかわらず、日本人の本質、文化や考え方が非常によく描かれています。戦争の悲劇は、フェラーズがアヤの手紙を見るシーン、フェラーズが高橋の家族のことを聞くシーンなど、ほんのわずかな時間で心を打ってきます。極めつけは、昭和天皇がマッカーサーに戦争の全責任は自分にあると命を差し出して伝えるシーン。今も含めて、皇室の「国民を一番に思う人格」はどう形成されていくのか、それは興味深いし日本人が誇れるものだと思います。

一番考えさせられた言葉は、近衛文麿がフェラーズに「日本は欧米の帝国主義を倣っただけだ」と訴えた言葉。それで戦争や侵略を正当化できるものではまったくないですが、戦争の反省は負けた国だけでなく勝った国を含めたすべての国の問題だということも真理のような気がします。

とてもいい映画だったと思います。

なお、余談ですが、私が感じた一番のこの映画の欠点は、マッカーサー元帥がBOSSコーヒーの宇宙人ジョーンズに見えてしまうということでしょうか。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント