いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

12/17(月)  2012年衆議院議員総選挙の結果に思う

衆議院議員総選挙の結果が出ました。

予想通りの結果であり、とりあえず期待通りの結果。

しかし、本来の希望は別のところにあって、私としては消極的選択での予想通り、期待通りでした。たぶん、国民の多数の方も同じ考えの方が多かったのかなと思います。

私は、野田佳彦という政治家は、誠実で信用できる政治家だと思っています。それまでの民主党党首よりは、はるかにましです。日本の将来を考えての、消費増税、TPP交渉参加も良い決断だと思っています。なので、私は野田さんにもう少しまかせてみたい気持ちがかなりありました。しかし、民主党自体が、組織としてなりたっていないところが政権を任せるわけにはいかないと判断した大きな理由です。どこの社会に、自分達が選んだリーダーに公然と歯向かい、自分の考えが通らなければその組織から逃げていくという組織があるでしょうか。そういう人たちの集まりには大きな仕事を任せることなど考えられません。今は残るべき人が残った組織になって、そういう面は少しは改善されると思いますが、いかんせん少人数になってしまうだろうというのも明らかなので、民主党という選択肢をとることはできませんでした。

では、第三極。「未来」はあの方の政党であり、自らの保身や我がままで逃げ出した人たちの政党ですので、私的には論外。「維新」は、おそらく、そのうちに分裂は明らか。「みんな」は、信頼できると思うのですが、大きな勢力にはならない。「維新」と「みんな」(もちろん太陽抜き)で「みんなの維新」で一体化してもらえば安定した組織になったと思うので、それがちょっと惜しかった気がします。どちらにせよ、政権をとるにはまだまだ力不足。

それならば、自民党に戻すしかないよね、という消去法。それが今回の民意だったと思います。それと、争点は、やはり「経済(=景気)」。「原発」ではないのですよ、大勢の国民としては。そこも、いろんな政党や候補者は見間違えていたなぁと感じました。

それにしても小選挙区制は素晴らしい。今回の結果で(先回も先々回もそうですが)、「政党獲得票数と当選者数の割合が大きく異なり、結果として死に票が多くなり民意が反映されていない。だから小選挙区制はダメだ」と言っている人もいらっしゃいますが(私の住む県の知事も言っているそうですが)、小選挙区制だから、国民の半数以上の人がNOと言えば、政権を完全に交代させることができるんです。今回の選挙での一番の良かったことは、これが先回以上に政治家に知らしめることができたということです。これで、政権政党は気が抜けなくなります。きちんとした政治をしないと、しっぺ返しが簡単に起きるということを身に染みてわかったはずです。こういうことはわかっていたはずなのに、民主党は内部抗争ばかりしていて、国民の期待を見事に裏切ってしまいせっかくの政権を手放すことになってしました。自民党も同じ事をすれば次の選挙では先はありません。それが、自民党が大勝利に浮かれていない理由のひとつでしょう(もうひとつの理由は、積極的に選ばれたわけではないということ)。中選挙区制ならば、自民党と民主党と第三極政党が拮抗して、また何も進められない政治になってしまっていたことでしょう。

ただ、政権が変わるたびに日本の将来に対する政策に一貫性がなくなるのは問題なので、重要問題はしっかりと超政党で政策をまとめるということが重要になりますし、受け皿の第二政党がしっかりしていてくれないといけません。そういう意味では、民主党は少しこけ過ぎたというのは心配ではあります。

さて、結果は良かったと思いますが、自民党だけではなく私たちもこれからが大事です。しっかりと自民党の政策と政治を見ていく必要があります。人数が多くなって、また以前の派閥政治に戻るようなことがあればNOと言わなくてはいけません。きちんと仕事のできる人を閣僚に据えて、現在の日本の問題点を優先度の高いものからきちんと対応していってほしいものです。まずは、日本の存続と国民の生活に直結する経済対策(TPPも含む)です。内容はともかく、選挙前の安倍総裁のひとことで、為替は円安に向かい、株価は上がっています。ぜひ、それをさらに安定的なものにしていってほしいものです。それと、社会保障と税の問題、震災復興。隣国との問題(これも経済にかかわる)、少子化問題も、日本の行く末にかかわる大きな課題です。経済対策を兼ねてのインフラ保守への投資も重要ですね。

今回の選挙結果を見ると、日本国民の民意もそう間違っていないなと感じましたし、これしか選択肢がなかったということもありますが、見るところは見ていると思いました。民主党候補者も含めて「選挙準備が遅かったから負けた」なんてことを言っている人たちは、何が今回の選挙の争点だったか認識していないと思うので、もっときちんと結果を分析することをしてほしいと思いますね。

余談で影響的にはどうでもいいことですが、噂の元俳優の候補者は、「あと一週間あれば勝った」とか、「この国から逃げた方がいいですよ」なんて言っていましたが、こんなことを言っているうちは信用されないということくらいわかってほしいものです。こういう候補が私は「怖い」と思うのです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント