いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:60代前半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

04/02(土)  源空院の枝垂れ桜

今日は、買ったばかりのEOS7Dを持って、西尾市にある源空院というお寺の枝垂れ桜をひとりで見に行ってきました。

源空院は、西浅井城主だった松平康孝の菩提寺だそうです。松平康孝の父は、徳川家康の曾祖父である松平信忠になるとのことで、この地域には徳川家ゆかりのお寺が多いのだなぁということを今更ながらですが感じています。このお寺の枝垂れ桜は、樹齢250年といわれるものを含めて3本の古木があり、このあたりでは枝垂れ桜で有名なお寺です。

お寺は、車同士がやっとすれ違えるかどうかという細い道に面した、狭い場所にありますが、参道から品を感じさせるお寺です。とても綺麗に整備されており、枝垂れ桜の季節ということで境内ではぜんざいやおだんごを販売していたりしていて、訪れる人もひっきりなしで賑やかです。北島三郎の歌がずっと流れているのがおかしいですが、気にしなければ大丈夫、だと思います。

pic20110402_01
山門
pic20110402_02
水屋、本堂、枝垂れ桜
pic20110402_03
山門脇の樹齢250年の枝垂れ桜
pic20110402_04
鐘楼
pic20110402_05
水屋
pic20110402_06
辨天様

枝垂れ桜はちょうど見ごろで見事です。白くてしっかりとしたたくさんの花が、上から見事に垂れています。それほど広くない境内なのにとても開放感を感じますし、落ち着いた気持ちになります。枝垂れ桜だけではなく、本堂の裏手や脇の高台にはいろんな花が植えられていて、プチ散策を楽しめます。高台から眺める枝垂れ桜は壮観でしたね。

pic20110402_07
高台から見る枝垂れ桜
pic20110402_08
枝垂れ桜
pic20110402_09
枝垂れ桜
pic20110402_10
枝垂れ桜
pic20110402_11
pic20110402_12
pic20110402_13
pic20110402_14
pic20110402_15
pic20110402_16
pic20110402_17
枝垂れ桜
pic20110402_18
pic20110402_19
pic20110402_20
枝垂れ桜
pic20110402_21
枝垂れ桜
pic20110402_22
枝垂れ桜
pic20110402_23
沈丁花
pic20110402_24
沈丁花

源空院の近くにある宿縁寺にも枝垂れ桜があると聞いたので、ちょっと足を伸ばして行ってみました。歩いて5分もかからないところにありました。こちらのお寺は、源空院に比べると境内はかなり広く感じるのですが、観光客を迎えるという雰囲気ではなくて、地元の大きなお寺という感じです。

pic20110402_25
山門
pic20110402_26
本堂
pic20110402_27
鐘楼
pic20110402_28
水屋

こちらの枝垂れ桜は、かなり弱っているのか、かなり支えなどを必要としており、花も気持ち元気がないかなという印象です。枝垂れ桜よりも椿の方が見ごたえあった感じでしょうか。

pic20110402_29
枝垂れ桜
pic20110402_30
枝垂れ桜
pic20110402_31
枝垂れ桜
pic20110402_32
椿
pic20110402_33
椿
pic20110402_34
椿
pic20110402_35
pic20110402_36
椿

宿縁寺を出たところに、大好きな菜の花と珍しい花があったので写真撮影。珍しい花は、家に帰ってネットで調べると、どうもシデコブシのようです。シデコブシは、愛知、岐阜、三重の一部にしか分布していないようで、本当に珍しい植物だとわかりました。

pic20110402_37
菜の花
pic20110402_38
シデコブシ

さて、今回はじめて使ったEOS 7DとEF-S18-200 ISレンズですが、桜などの細かな花を全体で撮影した時に、KissX2だといくらピントをあわせてもピクセル原寸大で見ると個々の花がぼやっとなっていたのが、7Dだと個々の花もくっきりととらえてくれます。全体的な絵の印象も、KissX2より自然な感じで非常に美しいです。気になっていたカメラの重さも、使ってみるとちょうど良い重さで全然苦にならなかったです。むしろ、このくらいの重さがしっくりとくるようです。今回は風がかなり吹いていましたので、ピントが甘くなってしまったものが多かったのと、ここに掲載する大きさに圧縮したのとで、KissX2と7Dの差がどこまで感じていただけるかはわかりませんが。

地元にも見ごたえのある場所がまだまだあるようです。そういう場所を探してEOS 7D片手にぶらりプチひとり旅の時間をこれからも大切にしていきたいと思います。


【このエントリは、ブログサーバー障害のため、2011年4月4日に2011年4月2日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント