いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

11/08(月)  自殺した子供と親への配慮とは

先月末に群馬県桐生市の市立小学校6年生の女の子が自宅で自殺した事件。

相変わらず、こういう事件のあった時の学校の態度は、「いじめは無かった」「いじめはあったかもしれないが、それが原因かどうかはわからない」などという防衛的としか思えない発言を平気でする。

なぜ、子供が自殺した親の身になって物事を考えられないのだろうか。

いじめが原因で自分の娘が悩み苦しんで自殺をしたかも知れない。親はそういう疑いが少しでもあれば、とても胸が痛むものなんだ。親として娘が自殺する前になぜ助けてあげられなかったのだろうかと、自分のせいにして苦しみ後悔するものなんだ。そういう切ない親の思いを少しでも想像できれば、「いじめはなかった」とか「いじめが自殺の原因かどうかはわからない」なんて、そういう発言はできないはずだ。

どうして幼い小学生が自殺まで考えたのか、そしてそれを実行したのか、それはとても重い出来事なのに、簡単に結論をだそうとする。そんなものではないのではないか。子供が自殺をするということは。

勝ち組を優遇せずに弱者を守れという声が強いこの国なのに、こういう出来事に対しては自殺をした子供や親に冷たすぎる。弱いからいけなかったのだ、自分を変えるべきだったのだ、なんて弱者を鞭打つ言葉も少なくない。ひどい例になると、そういうことを自殺した子供の親に投げかける人もいるらしい。

自殺するにはそれだけの理由がある。その理由は複雑にからんでいるかもしれないし単純かも知れない。でも、その理由はきちんと尊重し二度とそういうことが起きないようにすることが大事なのだ。それが、亡くなった子供やその親への責任でもある。親は、自分の子供がなぜ自殺したのか、その理由を一番知りたいのだ。それを助けてあげるのが、自殺した子供と親への配慮であり関係者の責任ではないのか。

単純なことなんだ。
自分がその子供であったなら、自分がその親であったなら、そう思うだけでいいんだ。

そうすれば、何が大切で何をしてあげればいいのか、自然に見えてくる。




「いじめ」はこんなものだとか、「いじめ」はあったとかなかったとかいうものではない。
その子供が、人間関係の中で、つらい思いをしてるかどうか、それだけだ。
自分の子供がとてもつらい思いをしていた、そしてそれが理由で命を絶ったり、人生を狂わされたりする。

そういう子供を「弱いから」だと切り捨て、その親の思いも切り捨てる。
こういう事件が起きると、私はこの国の教育現場はそういう状況なのだと本当に絶望的な思いになってしまう。




私もいまだに怒りがよみがえったり、自分に後悔したり、子供に申し訳ないと思ったり、10年近く経ってもそういう心の痛みはまったく癒されていない。たぶん、消えることはないのだろうなと思う。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント