いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

09/26(日)  彼岸花を求めて、松平郷ぶらり旅

今日はひとりで彼岸花の撮影に出かけました。

どこに出かけようかと考えたのが、近場で彼岸花の名所である逢妻女川。そこは川の両側に数多くの彼岸花が咲いて真っ赤になります。しかし、あまりにも地元では有名なのでちょっと違ったところにも行きたいと思って、ネットで検索したら「高月院」というお寺が出てきました。家から14Kmほどですので、まずそこにいくことに決めました。

ナビ君に誘導されて狭い山道を走らされて、辺鄙な場所にあるのだなぁと不安に思って着いた場所はなんと高月院の本堂の真横。正式な駐車場は坂のはるか下の山門前のようで、ナビ君は秘密の道路を教えてくれたようです。せっかくですから山門からきちんと入りたいので、登ってきた狭い山道を戻って、ちゃんとした道路から駐車場に停めなおしました。

お寺の謂れを読んでみると、高月院は徳川家の始祖である松平家の菩提寺だそうです。中にはいると、高松宮殿下御手植、秩父宮妃殿下御手植の松の木があったりします。奥には松平氏の墓所があります。ちなみに私が最初に車で入ってきた場所は、その墓所の真横です。

彼岸花は、まわりにポツポツという感じで咲いているだけで群生という感じではありません。いささか期待はずれでした。

pic20100926_01
山門
pic20100926_02
中門
pic20100926_03
本堂
pic20100926_04
墓所

帰りは山道ではなくて広い道から帰ろうと思い、来た方とは逆の方向に車を進めますと、「松平郷」の表示とともに立派な鳥居の神社がありました。こういう雰囲気は嫌いではありませんので、さっそく車を駐車場に停めて見学することにしました。

神社は東照宮で、松平氏発祥の地の松平太郎左衛門家の館跡だそうです。徳川家康が使った産湯の井戸の看板も出ています。中にはいると杉の木の林があり、別世界、別時代に来たような静けさと落ち着きがあります。自分の家の近くにこんな場所があるなんて知らなかったですね。高月院もそうですが、池にはめだかや蛙がいて花には蝶が飛んでいます。草むらにはイナゴもいます。松平の郷というのは知っていましたが、こんなに異次元の雰囲気を醸し出しているなんて思ってもいませんでした。

pic20100926_05
お掘
pic20100926_06
鳥居
pic20100926_07
神殿
pic20100926_08
家康公産湯の井戸

そのあと、彼岸花群生地の逢妻女川に行きました。

例年ならば秋分の日前後は、川の両側が真っ赤になるくらいの状態なのですが、今年は猛暑のせいなのか一角を除いてほとんど咲いていない状態でした。やっと土から出てきて蕾をだそうとしている状態です。全面満開までは、まだ一週間ほどはかかるのかも知れません。

pic20100926_09
高月院
pic20100926_10
高月院
pic20100926_11
高月院
pic20100926_12
高月院
pic20100926_13
逢妻女川
pic20100926_14
逢妻女川
pic20100926_15
逢妻女川
pic20100926_16
逢妻女川
pic20100926_17
逢妻女川
pic20100926_18
逢妻女川

彼岸花以外の花も可憐できれいでした。枯れて汚くなっている紫陽花の中で、綺麗なブルーの花がひとつあったのは驚きでした。

pic20100926_19
菖蒲
pic20100926_20
ススキ
pic20100926_21
紫陽花
pic20100926_22
野萱草
pic20100926_23
露草
pic20100926_24
アザミ

家の周りでは見る事が難しい生き物達。懐かしい景色を見たような気がします。

pic20100926_25
毛萩の花にとまるキチョウ
pic20100926_26
毛萩の花にとまるキチョウ
pic20100926_27
トノサマガエル
pic20100926_28
コバネイナゴ
pic20100926_29
アサギマダラ
pic20100926_30
お掘の鯉


タイムスリップしたい気分の時は、ぶらりとここを訪れてみようと思います。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント