いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

07/17(土)  鉄人28号 vs サターン in KOBE

鉄人とサターンと言えば、横山光輝ファンの皆様ならば「砂漠の怪ロボット」の物語を思い浮かべるでしょう。
革命軍のギド&ギドロボットを破るために準備された国王軍のロボット、サターンですね。
革命軍の力となった鉄人28号と国王軍のサターンの闘いは壮絶で手に汗握るものがありました。

でも、ブッブー!、違うんです。
もうひとつのヒントは、神戸。

神戸で、鉄人とサターンと言えば・・・

そう!、「KOBE鉄人PROJECT」の「鉄人28号モニュメント」と、サターン(サタン)の椅子のある「山手八番館」ですね!!!
(多少無理はありますが、言い切ります!)

娘がサターンの椅子で願い事をしたいというので、「山手八番館」と私が見たい見たいと思っていた「鉄人28号モニュメント」のある神戸市新長田に家族で行ってきました。

私の家から神戸までは約220Km(新名神ができましたので、20Kmほど短くなりました)なので、だいたい3時間くらいかかると想定して、朝8時前に家を出発しました。これが甘かったです。東名阪で渋滞、西宮で渋滞、結局神戸三宮に着いたのは午後1時でした。これで、山手八番館で待ち時間が長かったら「鉄人28号モニュメント」を見に行って「KOBE鉄人三国志ギャラリー」で鉄人グッズを買うことができなくなってしまいます。

急いでクルマを駐車場に入れて坂道を登ります。ちなみに、坂の上に「うろこの家」の無料駐車場がありましたが、とめてはいけないのかなと思って少し降りた不動坂と北野通の交差点近くの有料駐車場に入れましたが、あとで調べると、別にそこでもよかったみたいです。ただ、狭い急な坂道を昇り降りしますので、少し度胸は必要かもしれませんが。

おらんだ坂を登っていくと左に「うろこの家」が見えてきます。そのつきあたりを右にまがると、すぐに山手八番館です。行列は・・・と見ると、あれ?外には数名しかいません。ほとんど待つことなく中にいれてもらえました。中はサターンの椅子のある部屋には行列ができていましたが、20名程度なので少し待つだけで椅子に座れました。といっても、それは女性のお話。男性は私含めて2名しかいませんでしたので、男性の願いを叶えてくれるという向かって左の椅子はすぐに座ることができました。しかし、待っている人(しかもほとんど若い女性たちばかり!)の前で座って願いをお願いするとなると、緊張してしまいます。願い事を頭で唱えるも、しどろもどろ。これではいけないと思いなおして、ゆっくりと決めていた願い事を唱えました。男性の数は少ないので、長く座っていても気にしなくていいのが良かったです。

娘に願い事をしている姿を写真に撮ってもらいましたが、あまりさまになりません。ズボンも靴にはいってしまているし、坂道登ったあとで髪の毛も汗でべったりですし・・・。(^_^;)

pic20100717_01
山手八番館
pic20100717_02
サターンの椅子(右が女性用、左が男性用)
pic20100717_03
私も願いを・・・
pic20100717_04
入口上のステンドグラス
山手八番館を出ると、あとは少し付近を歩くのを楽しみましたが、強い日差しと坂道はかなりこたえました。

駐車場に戻り、急いで神戸市新長田までクルマを走らせ「鉄人28号モニュメント」のある若松公園に着いたのは3時半頃。地下の駐車場から出るとその目の前に、巨大な鉄人28号が現れます。高さは実に15.6m。総工費は1億3,500万円とのことです。

この地区の皆さんがこのモニュメントにどれだけ愛着を感じていらしゃるのかはわかりませんが、私のように子供の頃鉄人28号に夢中になっていた人間にとっては、これは感激としかいいようがありません。このモニュメントの鉄人28号のイメージ(今川泰宏監督の鉄人28号)と、私の鉄人28号のイメージ(昔の横山光輝の後期の鉄人28号)とは違うのですが、全体の迫力やバランスはそれほど悪くはありません。顔つきは、私はもう少し優しい顔の鉄人のほうが好きですし、色もブルーメタリック系のほうが好きですし、そういうことは言い出せばキリがありませんが、この目の前の迫力にはそんな細かいことは吹き飛んでしまいます。

モニュメントの前ではもう子供にタイムスリップです。娘にカメラを渡して、私は巨大鉄人28号の前で、同じポーズを決めるために何度も鉄人を振り返ってはポーズの修正をしていました。少しましなポーズのものを下に掲載しましたが、これでも不満(特に右足の置き方)でもっと粘りたかったですが、さすがに娘が恥ずかしいと思ったみたいなので、これで妥協することにしました。

ただ、この「鉄人28号モニュメント」、午後に行くと太陽を左斜めに背にして立っているので、正面からの写真は逆光になってしまい、撮影が非常に難しいです。仕方がないので露出と絞り値を固定して撮影しましたが、最適露出と絞り値をそのつど設定するのは、スナップ撮りでは面倒でダメですね。

pic20100717_05
まず最初に目にする後姿
pic20100717_06
同じポーズを決める私
「KOBE鉄人三国志ギャラリー」では、鉄人28号と三国志の資料の展示とグッズの販売をしていましたが、私は鉄人28号しか目にはいりません。横山三国志もすべて読みましたし好きなのですが、グッズの三国志は横山光輝の絵ではないものが多いので、私はどうも入り込めないのです。買った鉄人グッズは下の写真の通り。「鉄人カレー」はすでに買って長期保存していますので、今回は「鉄人28号パワー」という飲料を6種類全部(箱買いすると、なにやらシークレットラベルもはいっているケースがあるようですが)買ってきました。帰宅後1本飲んでみましたが、オロナミンCみたいな感じの黄色い炭酸飲料です。でも、味や中身はあまり関係ないのが、マニアの収集というものです。それと、「原作版切手シート」も買いました。これは一番高価でしたが、一番欲しかったものなので迷わずに買ってしまいました。(子供が欲しいということで「鉄人ドロップ」も買いましたが、写真を撮り忘れてしまいました。)

pic20100717_07
「KOBE鉄人三国志ギャラリー」
pic20100717_08
手に入れた鉄人グッズ
今後も、この「KOBE鉄人PROJECT」が地元の皆さんの手で盛り上がり継続していっていただければと強く願います。(8月発売の1/60鉄人28号モニュメント、絶対に買いますよ!)

神戸に行ったのに、行った場所はこの2ヶ所だけかい!
という声も聞こえなくもないですが、ぶらりひとり旅と同様、こういうピンポイントの目的でどこかに行くというのも楽しいものです。けっこう充実感もありますし、とても楽しい旅でした。

ちなみに、帰りは渋滞はまったくなく、実質3時間弱で家に戻ってくることができました。

pic20100717_09
復興の新長田
pic20100717_10
TETSUJIN STREETのマーク
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント