いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
   2018年2月18日に、「Enjoy!鉄道模型!」と「気ままなカメラ散歩道」を統合。(順次統合)
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

06/30(水)  新緑の京都ぶらり旅・その1 ~小雨の東山を歩く~

今回の京都ぶらり旅は、本当に衝動的に出かけてしまった旅でした。

原由子の「京都物語」を聴いて京都の町を歩きたくなった、それに尽きます。「京都物語」を初めて聴いたのが6月11日で、新幹線とホテルを予約したのが6月12日ですから、いかに思いつきかということがよくわかります。本当は鎌倉へ紫陽花を見にいくつもりだったのですが、それを即変更してまでの行動でした。

そういう気楽さ、単純さ、バカバカしさが私のぶらりひとり旅の特徴です。

・・・・・・・★

京都は1年半ぶりとなります。

今回どうしても行きたい場所をいくつか考えて出かけました。

まず、白川の一本橋(行者橋)のあるところ。そこは、川に川床というのか木のデッキが張り出している場所です。ここは京都を舞台にしたサスペンスドラマにはおなじみの場所。「京都地検の女」では、近くにある古川町商店街とあわせて毎週のように名取裕子が出没する場所です。

次に、インクライン。南禅寺の入り口付近の三条通と仁王門通沿いにある傾斜鉄道跡です。ここも何かのドラマで見て一度行ってみたいと思っていた場所です。

次は、法金剛院。ここは、私の好きな小説「活動寫眞の女」に出てくる蓮の名所です。蓮は少し時期があわないかなと思ったのですが、紫陽花も綺麗だとの情報を得て行くことにしました。

そして最後は、やはり鴨川の飛び石。1年半前に行ったところは、「おみやさん」の飛び石ではありませんでした。何ヶ所もあるようですので、今回は別の飛び石に行きたいと思っています。

・・・・・・・★

初日(6月26日)は、あいにくの雨。そんなにひどい降りではありませんが傘は手放せない天気で少し残念ですが、かなりの距離を歩くつもりでしたので、日差しが強いよりはいいかと良いほうに考えて出発します。

ホテルからタクシーに乗って、白川にかかる大和大路通の大和橋で降ろしてもらって、そこから白川南通を白川沿いに行者橋のあるところまで歩くことにします。巽橋や辰巳大明神の付近は、いつ来ても落ち着く場所です。ここは毎回来ていますが、明るい時間に来たのは初めてなので新鮮な気持ちで楽しめました。

川沿いには柳が長い葉を垂らし、道端には紫陽花が美しい花を咲かせていて、雨の季節に似合う風情がとてもいいです。濡れて光る石畳にも落ち着きを感じます。このあたりは何もかも大好きです。

pic20100630_01
白川南通
pic20100630_02
白川南通
pic20100630_03
辰巳大明神
pic20100630_04
巽橋
pic20100630_05
巽橋
pic20100630_06
巽橋から末吉町通へ続く小路
白川南通の新橋を通り花見小路通に出て、一度白川沿いから離れ、なすありの径からまた白川沿いに戻ります。ずっと白川沿いを歩きますが、目的の場所はまだ先です。東大路通を横切って白川とともに左に曲がると、待ちに待った風景が現れます。あのテレビで何度も見た川床と行者橋。その奥には古川町商店街も見えます。いやぁ、なんか感激でしたね。ここで、船越さんや渡瀬さんや名取さんがロケしたんですね。もう私の気分は渡瀬さん、船越さんですよ。しばらく写真を撮ったりしていましたが、こういう場所はなかなか去りがたい場所でけっこう長い時間楽しんでいました。

ただ、気持ちが舞い上がってしまったのと雨のせいで、撮影した写真の構図がよくなかったです。もっといろいろなアングルや構図で撮影しておけばよかったと反省しきりです。(それは、これ以降も続きます)

pic20100630_07
川床と行者橋
pic20100630_08
行者橋から川床を見る
pic20100630_40
一本橋(行者橋)
pic20100630_41
古川町商店街
知らなかったのですが、この場所は知恩院の古門の前。せっかくですので、知恩院を見に行くことにします。古門をくぐると長い華頂道が東に続いており正面に黒門が見えてます。黒門の前で右に曲がって神宮通を南に少し歩くと知恩院の三門があらわれます。この三門の大きさは一見の価値有り。重厚で迫力満点です。こういう建築物は見惚れてしまいます。

三門の奥は男坂とよばれる長い急な石段になっています。雨で濡れて光る段差のある階段を登ると、広い場所に大きな御影堂や宝佛殿、経蔵、阿弥陀堂などが現れます。さらに奥に行くと方丈庭園があるらしいのですが、今回は三門だけで大満足状態でしたので、次の目的地に急ぐためにそこで戻ることにしました。あとで、勢至堂奥の墓地内に二代将軍徳川秀忠の長女である千姫のお墓があったことを知り、そこは行っておけばよかったと少し惜しいことをしました。

戻りは、登ってきた階段を下りるのではなく、女坂と呼ばれる緩やかな坂を歩いて三門に戻ります。

pic20100630_09
知恩院・三門
pic20100630_10
三門から男坂を見る
次の目的地のインクラインのある蹴上まで歩くつもりだったのですが、さすがに少し疲れてきましたので、華頂道を白川まで戻り白川沿いに歩いて三条通に出て地下鉄で東山駅から蹴上駅まで移動することにしました。帰宅後、歩いた道順を「みんなの知識【ちょっと便利帳】」で計測したら、東山駅までに歩いた距離は2.8Kmでした。

蹴上駅を出てからインクラインに入ろうとしたのですが、目の前の高いところにインクラインはあるものの、人は誰もいないし入る場所がわからないしで、しばらくウロウロしてしまいました。仕方がないので、三条通から仁王門通に沿って北に歩き南禅寺橋の上からインクラインを眺めていたところ、琵琶湖疎水記念館から入れそうな感じだったのでそこから入ることにしました。実はあとからわかったのですが、仁王門通とインクラインが同じ高さで並んでいるところから入ってもよかったみたいです。バリケードみたいなものが置いてあったので、入ってはいけないと思い込んで躊躇ってしまいましたが、人は入っても問題なかったみたいです。

インクラインとは、琵琶湖疎水を利用して琵琶湖と淀川間を船で結んでいた時に、船を乗り降りすることなく坂を昇降させるために作られたケーブルカーのようなものです。レール上の台車に船を乗せて巣力発電で得た電力でウィンチするしくみです。

インクラインは春には両側に桜が綺麗な場所なのですが、この時期、しかも雨の中で歩くというのは私のような物好きだけのようです。でも、楽しかったです。足を置く枕木を選んで下を向いて黙々と歩いていると、クルマの走る音が突然消えて目の前に台車に乗った船が現れ、その時代にタイムスリップするんじゃないかと思えるような、独特の雰囲気を味わうことができました。登りきったところは、疎水公園となっており、緑のこけの木々がとても幻想的でした。

これもあとで調べてわかったことですが、地下鉄蹴上駅を出て南の方にいくと大神宮橋というのがあり、そこがインクラインの上流だったそうです。そこも行っておけばよかったとまたまた後悔。

pic20100630_11
インクラインから京都動物園を見る
pic20100630_12
南禅寺橋下付近からのインクライン
pic20100630_13
仁王門通と同じ高さのインクラインと台車
pic20100630_14
三条通・仁王門通より高くなったインクライン
pic20100630_15
疎水公園脇のインクライン
pic20100630_16
インクライン上り地点
インクラインを楽しんだあとは、南禅寺に向かいます。南禅寺には、疎水公園の入り口から金地院の前を通って三門前に出る小路を歩くことにします。これもあとで知ったのですが、疎水公園の上の疎水沿いの道を行けば、水路閣に続く水路を上から眺めながら南禅寺まで行く事ができたそうです。次回は絶対のそのルートを歩いてみたいと思います。

南禅寺では、水路閣の下で写真を撮ってドラマのシーンと重ね合わせて楽しんでいましたが、アーチが何重にも連なる構図での撮影を忘れてしまいました。中途半端なアーチの重なりの写真は撮ったのですが、上流側の端から下流側を眺める一番いい構図を撮影しないで帰ってきました。今回は、雨を避けたり、カメラのレンズを気にしたりということで焦って、現地での的確な判断がかなり鈍っていたように思います。

水路閣を撮影したあとは、2年前に来た時を思い出して三門でのんびりと新緑の山を眺めて心を癒しました。17時を過ぎてしまい、時間切れで途中で三門を追い出されてしまったのは残念でしたけど、これは仕方ありません。

pic20100630_17
南禅寺・三門
pic20100630_18
水路閣(手前が下流側)
pic20100630_19
水路閣(手前が下流側)
pic20100630_20
水路閣・アーチ
次は、八坂通と二年坂、三年坂を歩いてみたかったので、南禅寺から八坂通までタクシーで移動することにしました。蹴上から南禅寺まで歩いた距離は約2.9Km。自分の思うがままに気ままに自由に歩けるのはぶらりひとり旅ならではのことです。

東大路通と八坂通の交差点でタクシーを降りて、八坂の塔に向かって歩きます。このルートは2年前と同じコースです。好きなんですよね、このコース。賑やかでありながら時代を感じさせる雰囲気で、ゆっくりとお店を眺めながらの散策をしていると現実を忘れてしまいそうです。三年坂を登ったあとは、今回は清水寺はパスして三年坂を登り二年坂を通ってねねの道に向かいます。

pic20100630_21
八坂通から八坂の塔を見る
pic20100630_22
八坂の塔を真下から見る
pic20100630_23
三年坂
pic20100630_24
二年坂
ねねの道は、落ち着いた感じの幅の広い道です。少し歩くと左に石塀小路への入り口があります。そこに入るとまた雰囲気が一変して、秘密の隠れ家に来たような楽しさを感じます。こういう小路を歩くのも、京都を楽しむにはとてもいいところだと思います。

pic20100630_25
ねねの道
pic20100630_26
石塀小路
pic20100630_27
石塀小路
pic20100630_28
石塀小路(実際はすでにこのくらいの暗さ)
ねねの道に戻り、円山公園かから八坂神社を経て祇園へ、このルートも2年前と同じです。円山公園時点ですでに19時を回っていてかなり薄暗くなってきていますが、カメラは面白いもので、オートで撮影すると昼間のような明るさで撮影できます。夜の雰囲気を出すには、露出やシャッタースピードを固定しないとそれらしく写りません。そういう自由度があるからこそ写真は楽しいのですけどね。

pic20100630_29
円山公園(写真は明るいですがすでに夜)
pic20100630_30
八坂神社・本殿
pic20100630_31
八坂神社・舞殿
pic20100630_32
八坂神社・西楼門
2年前に八坂神社の西楼門の前で休憩がてらにたこ焼きを食べたのですが、そのお店は今でもありました。今回も美味しい思い出のたこ焼きを食べたかったのですが、今回はちゃんとした夕食を控えていることもあり、我慢して前を通り過ぎました。

雨に濡れた花見小路の雰囲気もなかなか良いものです。華やかな中にも少し寂しい感じがするのも嫌いではありません。私の京都での食事は簡単にすますことが多かったのですが、今回はいいお店があるということで紹介していただいたこともあって、花咲というところで京料理を味わうことにしました。ちょっぴり緊張でしたが、おもてなしは最高でした。料理は温かくて美味しいし、お腹もいっぱいになりました。何より従業員の皆さんの応対が丁寧で気持ちがよかったです。一品一品運んでいただいた時に料理の説明をして下さるのですが、そのやりとりも楽しかったです。でも、ほとんど忘れちゃいました。メモをしっかりとっておけば記念になったのになぁと、ここでも失敗をしてしまいました。思い出せれば書き留めておこうとは思いますが、思い出せるか自信ありません。帰るときは、表まで出てきて見送ってくださったのは、ちょっと感激でした。紹介していただいた評判に違わず、良い体験ができました。たまにはこういうリッチな気分を旅先で味わうのもいいかなと思いました。

pic20100630_33
京のたこ焼き「ちょぼ福」
pic20100630_34
花見小路通
pic20100630_35
祇園 京料理 花咲
pic20100630_36
花咲の料理
八坂通から祇園まで歩いた距離は約3.1Km。初日の合計は8.7Kmとなり、雨も降っていたにもかかわらずよく歩くことができたと思います。さすがに疲れましたが、満足感いっぱいの心地よい疲れでした。

今回の京都ぶらりひとり旅の初日は、あとで「しまった」と思う事が多かったです。もう少し事前に調べておけば満足感もさらにアップしたかも知れませんが、次の楽しみを残しておくことも大事なのかなとも思います。今回失敗したなぁと思ったところは、次回以降に楽しめるようにできれないいなと思っています。

内容盛りだくさんの初日が終わりました。二日目のぶらりひとり旅は、後日掲載の予定です。

pic20100630_37
大和橋~東山駅
pic20100630_38
蹴上駅~南禅寺
pic20100630_39
八坂通~祇園
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ  にほんブログ村 鉄道ブログへ  にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント