いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

08/27(日)  比叡山延暦寺

天台宗総本山 比叡山延暦寺。

いつかは、平安仏教の中心であった比叡山延暦寺と高野山金剛峯寺に巡拝したいと思っていたのだが、今回ようやく比叡山延暦寺を訪れることができた。ここで、日本仏教史上の有名な僧が修行したのだと思うと、この山全体に歴史と重みを感じる。

延暦寺は、比叡山の山内にある堂塔の総称で、三塔十六谷からなる。三塔は、東塔、西塔、横川の三地域で、さらに細分化して十六の谷からなる。

今回は、時間に多少無理はあったが、せっかくなので駆け足で三塔をまわることができた。ただ、東塔の無動寺谷は、少し歩く必要があったので、今回は巡拝する時間がなかった。機会があれば次の機会には訪れたいと思う。

残念だったのは、根本中堂が昨年から10年の大改修に入っており、外観を見ることができなかったこと。改修工事の始まる前に来ればよかったと後悔したが、普段からその程度の興味しかなかったのだから自業自得。大改修後の9年先、私は元気に比叡山を訪れることができるのだろうか。

pic20170827_b01
比叡山延暦寺 案内図
pic20170827_b02
東塔 参道
pic20170827_b03
東塔 大講堂と鐘楼
pic20170827_b04
東塔 大講堂
pic20170827_b05
東塔 手水舎と鐘楼
pic20170827_b06
東塔 万拝堂
pic20170827_b07
東塔 根本中堂
pic20170827_b08
東塔 根本中堂
pic20170827_b09
東塔 文殊楼
pic20170827_b10
東塔 国連平和の鐘
pic20170827_b11
東塔 大黒堂
pic20170827_b12
東塔 鐘楼
pic20170827_b13
東塔 戒檀院
pic20170827_b14
東塔 法華総持院東塔
pic20170827_b15
東塔 阿弥陀堂と法華総持院東塔
pic20170827_b16
西塔 常行堂・法華堂(にない堂)
pic20170827_b17
西塔 釈迦堂(転法輪堂)
pic20170827_b18
西塔 鐘楼
pic20170827_b19
横川 横川中堂
pic20170827_b20
横川 四季講堂(元三大師堂)
pic20170827_b21
横川 四季講堂(元三大師堂)
pic20170827_b22
横川 鐘楼
pic20170827_b23
横川 恵心堂
pic20170827_b24
横川 横川中堂

【このエントリは、2017年9月4日に2017年8月27日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/27(日)  石山寺

真言宗石光山石山寺、初めて訪れた。

石山寺は、いたるところに壮大な硅灰石が突出しており、それが石山寺という名前の由来。
紫式部が源氏物語の着想を得たお寺としても有名で、境内奥の源氏苑の中に、紫式部像がある。

国宝、重要文化財も多く、広い境内は何度まわっても飽きない。境内を見るルートも一定ではなく、好きな場所を好きなように楽しめる。ただ、境内をよく理解していないと、素通りしてしまうこともあるので要注意。

青々としたもみじも美しく、秋にはこれが真っ赤に色づくのかと思うと、その景色を絶対に見てみたくなる。

時代を経た厳かな感じが心地よい、いいお寺だと感じた。

pic20170827_a01
東大門
pic20170827_a02
仁王像(運慶・湛慶作)
pic20170827_a03
仁王像(運慶・湛慶作)
pic20170827_a04
手水舎
pic20170827_a05
御影堂
pic20170827_a06
硅灰石と多宝塔
pic20170827_a07
本堂
pic20170827_a08
本堂
pic20170827_a09
多宝塔
pic20170827_a10
多宝塔
pic20170827_a11
多宝塔
pic20170827_a12
心経堂
pic20170827_a13
鐘楼
pic20170827_a14
牡丹園と光堂
pic20170827_a15
光堂
pic20170827_a16
紫式部像
pic20170827_a17
八大龍王社
pic20170827_a18
大黒天

【このエントリは、2017年9月3日に2017年8月27日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/19(土)  2017夏休みぶらりひとり旅(14) 浮御堂

旅の最後は、初めて訪れる臨済宗大徳寺派海門山満月寺。
というよりも、浮御堂という言い方の方が馴染み深い。

2時間サスペンスでは、犯人を追い詰め真実の告白を聞くというシーンで有名。
特に片平なぎさと神田正輝の「赤い霊柩車」では、琵琶湖グランドホテルとともにお決まりの場所。

ドラマのロケ地という魅力を抜いても、とてもいいところ。
美しい琵琶湖と空の青さ、心地よい琵琶湖の風、浮御堂で琵琶湖を眺めていると、とても落ち着く。
あらためて琵琶湖は素晴らしい湖だと感じる。

これで、2017夏休みぶらりひとり旅の写真は完結です。

pic20170819_d01pic20170819_d02
pic20170819_d03pic20170819_d04
pic20170819_d05pic20170819_d06
pic20170819_d07pic20170819_d08
pic20170819_d09pic20170819_d10

【このエントリは、2017年9月3日に2017年8月19日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/19(土)  2017夏休みぶらりひとり旅(13) 近江八幡

私の好きな町、近江八幡。
今回が二度目。

特に八幡堀は、いろんなドラマや映画のロケ地になっていて、その場面に思いをはせていると飽きない。
今回は浮御堂に行きたくて、のんびりはできなかったけど、少しでも立ち寄れると幸せな気持ちになる。

pic20170819_c01
日牟禮八幡宮
pic20170819_c02
日牟禮八幡宮
pic20170819_c03
日牟禮八幡宮
pic20170819_c04
日牟禮八幡宮
pic20170819_c05
日牟禮八幡宮
pic20170819_c06
八幡堀
pic20170819_c07
八幡堀
pic20170819_c08
八幡堀
pic20170819_c09
八幡堀
pic20170819_c10
八幡堀
pic20170819_c11
八幡堀
pic20170819_c12
八幡堀
pic20170819_c13
近江八幡の町並み
pic20170819_c14
近江八幡の町並み
pic20170819_c15
近江八幡の町並み
pic20170819_c16
近江八幡の町並み

【このエントリは、2017年9月3日に2017年8月19日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/19(土)  2017夏休みぶらりひとり旅(12)番外 ひこにゃん

彦根といえば、ひこにゃん。

イラストよりも実物のほうがずっといい。
動きが本当にゆるゆる。
音楽もなしで、ひこにゃんがゆっくりと動くだけなのだが、それがなんとも癒される。

暑い中、お疲れ様です。

ちなみにひこにゃんは、ゲート前の博物館表御殿に登場するので、彦根城観覧料無しに見ることができます。

pic20170819_b01pic20170819_b02
pic20170819_b03pic20170819_b04
pic20170819_b05pic20170819_b06
pic20170819_b07pic20170819_b08
pic20170819_b09pic20170819_b10
pic20170819_b11pic20170819_b12
pic20170819_b13pic20170819_b14

【このエントリは、2017年9月3日に2017年8月19日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/19(土)  2017夏休みぶらりひとり旅(12) 彦根城

彦根城は、私がクルマの免許をとったころ、両親を乗せてドライブに来たことがある。
小雨の中、時期でもない梅園を歩いた記憶があるが、今になってはその記憶が正しいかどうか怪しい。

天守の残っている12城のうち、国宝は、松本城、犬山城、姫路城、松江城、そして彦根城である。
違いがわかるおとなになってから訪れたのは、松本城、姫路城、そして今回の彦根城だけである。
犬山城は近いにもかかわらず、向き合って訪れたことはない。
彦根城は、本当に美しい城である。近くで見るとその美しさがよくわかる。

彦根城は関ケ原のあと、石田三成の佐和山城を一掃するために家康の命により建てられた。
当初はこの場所の予定ではなかったそうだが、井伊直政から直継の代になって、現在の位置に決定したと言われている。
歴史は、本や教科書だけでは頭にはいらない。
こうして、歴史の場所に来て、何がここであったかを思いめぐらすと、断片的な知識が糸になる。
天守から見える小さな山も、あれが佐和山だとわかると、特別な山に見えてくる。

pic20170819_a01pic20170819_a02
pic20170819_a03pic20170819_a04
pic20170819_a05pic20170819_a06
pic20170819_a07pic20170819_a08
pic20170819_a09pic20170819_a10
pic20170819_a11pic20170819_a12
pic20170819_a13pic20170819_a14

【このエントリは、2017年9月3日に2017年8月19日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/18(金)  2017夏休みぶらりひとり旅(11) 浦嶋神社

事前の調査で、伊根の舟屋の近くに浦嶋神社があるのを知っていた。
時間的に難しいと思っていたのだが、御朱印をいただける時間になんとか行けそうだったので、クルマを走らせた。
こういうところが自分勝手に動けるひとり旅の良さ。

浦嶋神社は、宇良神社とも呼ばれ、浦嶋子を筒川大明神として祀る神社。
浦嶋子は、この地の領主日下部氏の先祖であると伝わっている。
日本書紀によると、浦の嶋子が神女(おとひめ)常世の国へ行く物語が記されており、それが日本で一番古い浦嶋伝承である。

御伽草紙で初めて、乙姫、龍宮城、玉手箱とともに亀の恩返しの要素が加わり、主人公も領主の浦嶋子ではなく、民衆の身近な存在として漁師の青年として描かれた。そして、明治になって日本昔話に書き替えられた時に、浦嶋子が浦島太郎となり、話の内容も現在の物語となった。

そして平成の今、浦嶋太郎はau(英雄)三太郎のひとり、浦ちゃんとして声高らかに「海の声」を歌うのである。

pic20170818_e01
浦嶋神社
pic20170818_e02
浦嶋神社
pic20170818_e03
宇良神社の碑
pic20170818_e04
なんと!創祀1,200年
pic20170818_e05
浦嶋公園のオブジェ
pic20170818_e06
龍穴(龍宮に通じる穴)

【このエントリは、2017年9月2日に2017年8月18日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/18(金)  2017夏休みぶらりひとり旅(10) 伊根の舟屋

今回の旅でどうしても見たかった風景のひとつ、伊根の舟屋。

これだけの数の舟屋が並んでいる光景はここだけ。
そのために、いろんなドラマのロケ地になった場所である。

奥の方が、舟屋が美しく連なり見ごたえがあるが、それを見るためには船が必須。
遊覧船よりも海上タクシーのほうが、要望にこたえて臨機応変に回ってくれる。

pic20170818_d01pic20170818_d02
pic20170818_d03pic20170818_d04
pic20170818_d05pic20170818_d06
pic20170818_d07pic20170818_d08
pic20170818_d09pic20170818_d10
pic20170818_d11pic20170818_d12
pic20170818_d13pic20170818_d14
  
pic20170818_d15
NHK朝ドラ「ええにょぼ」
オープニングバック
pic20170818_d16
NHK朝ドラ「ええにょぼ」
オープニングバック再現

【このエントリは、2017年9月1日に2017年8月18日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/18(金)  2017夏休みぶらりひとり旅(9) 天橋立三社参り

天橋立には、三社参りというのがある。

天橋立神社、元伊勢籠神社、真名井神社を順番にお参りすることで、ご利益がアップするというもの。
それぞれがパワースポットであり、「日本最古のパワースポット巡り」とも言われている。

私としては、天橋立を歩いて渡って三社参りをするというのが理想。
しかし、今回は次の目的地、伊根の舟屋に早く着きたかったので、天橋立神社に参拝したあと、
クルマで移動して(伊根の舟屋の途中)元伊勢籠神社、真名井神社にお参りすることにしていた。

天橋立神社と真名井神社の規模に比べ、元伊勢籠神社は格式高く立派な神社。
というのも、伊勢神宮内宮の天照大御神と、伊勢神宮外宮の豊受大御神が、
伊勢に移られる前に祀られていたという、由緒ある神社。

その元伊勢籠神社の奥宮が真名井神社。
パワースポットとしては、真名井神社が最強と言われている。

なのに、今回は、時間と体力の関係で真名井神社への参拝は諦めた。
今度来るときは、天橋立を歩いて渡り天橋立三社参りを成し遂げよう。

pic20170818_c00
天橋立三社参り
pic20170818_c01
天橋立神社
pic20170818_c02
元伊勢籠神社
pic20170818_c03
元伊勢籠神社
pic20170818_c04
元伊勢籠神社

【このエントリは、2017年9月1日に2017年8月18日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/18(金)  2017夏休みぶらりひとり旅(8) 天橋立

初めての天橋立。

初めての天橋立。天橋立を歩いて楽しむのは、時間の都合上、途中の天橋立神社まで。
時間の余裕があれば、渡り切って先の元伊勢籠神社を参拝して戻るというのも魅力なのだが。

戻ったあとは、天橋立ビューランドへ。
天橋立ビューランドへは、同じ料金でリフトかモノレールを選べるが、私はもちろんモノレール。
ひとりでこういう乗り物が乗れるようになったことは、行動が広がり本当にありがたい。

天橋立と青い空と白い雲、とても美しい。
いい気持だった。

pic20170818_b01pic20170818_b02
pic20170818_b03pic20170818_b04
pic20170818_b05pic20170818_b06
pic20170818_b07pic20170818_b08
pic20170818_b09pic20170818_b10
pic20170818_b11pic20170818_b12
pic20170818_b13pic20170818_b14

【このエントリは、2017年9月1日に2017年8月18日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/18(金)  2017夏休みぶらりひとり旅(7) 知恩寺文殊堂

天橋立を歩く前に、すぐそばにある臨済宗天橋山智恩寺を参拝。

天橋立を歩く前に、すぐそばにある臨済宗天橋山智恩寺を参拝。
本堂である文殊堂は、「切戸の文殊」とも呼ばれ親しまれている。
「三人寄れば文殊の知恵」ということわざの文殊は、ここに祀られる知恵の仏様「文殊菩薩」のこと。
奈良の阿部文珠、山形の亀岡文殊とともに、日本三文殊と言われている。

知恵を授かるようしっかりと参拝。
引いた扇子おみくじは無難に中吉。

pic20170818_a01
山門 黄金閣
pic20170818_a02
山門 黄金閣
pic20170818_a03
多宝塔
pic20170818_a04
本堂 文殊堂
pic20170818_a05
扇子おみくじ
pic20170818_a06
本堂 文殊堂

【このエントリは、2017年9月1日に2017年8月18日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/17(木)  2017夏休みぶらりひとり旅(6) 美山かやぶきの里

どうしても行ってみたかったところ、それが美山かやぶきの里。
昔ながらのかやぶきの屋根の家が、たくさん山あいに集う。
そういうところを、のんびりと歩いてみたかった。

pic20170817_b01pic20170817_b02
pic20170817_b03pic20170817_b04
pic20170817_b05pic20170817_b06
pic20170817_b07pic20170817_b08
pic20170817_b09pic20170817_b10
pic20170817_b11pic20170817_b12
pic20170817_b13pic20170817_b14

【このエントリは、2017年8月31日に2017年8月17日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/17(木)  2017夏休みぶらりひとり旅(5) 高山寺

京都栂尾山高山寺。

昨年秋、紅葉狩りに近くの神護寺、西明寺に来たにもかかわらず、足を運ばなかった高山寺。
今回、美山に行く途中だったので、立ち寄ってみた。

高山寺は、あの「鳥獣人物戯画」と、デューク・エイセスの「女ひとり」という歌で有名。
参道脇の白壁の塀や石垣、境内の古木たちtpその緑が、別世界に誘う。
国宝の石水院や、金堂、開山堂などの建物は、派手さは無いが、歴史の重みや落ち着きを感じる。
石水院で山の緑を眺めて畳に座っていると、とても贅沢なひと時を過ごしているよう。

pic20170817_a01
裏参道
pic20170817_a02
裏参道
pic20170817_a03
石水院
pic20170817_a04
石水院
pic20170817_a05
開山堂
pic20170817_a06
境内
pic20170817_a07
金堂
pic20170817_a08
金堂前の長い石段

【このエントリは、2017年8月31日に2017年8月17日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/16(水)  2017夏休みぶらりひとり旅(4) 五山送り火

ずっと見てみたかった五山の送り火。見てみたかったというよりは、京都の夏の風物詩の中に身を置きたかったというほうが正しい。

五山送り火すべてが見える場所はなかなかなくて、あったとしても遠くに小さく見えるだけ。とはいえ、初めてなので出来る限りたくさん見える場所を探した。幸いにも、「鳥居形松明」(上嵯峨曼荼羅山)のを除き、なんとか見ることができる場所で楽しむことができた。

印象としては思ったよりも「低い送り火」という感じ。夜空に浮かび上がる送り火を見たいなら、ひとつに絞ってその山裾から眺めるのがいいようだ。

今回、写真は望遠レンズではなく標準レンズ、三脚ではなく手持ちでのスナップ写真。いつかは、どこかいい場所を探して絵になる写真を撮ってみたいな。

pic20170816_d01
五山送り火
地図
pic20170816_d02
「大文字」
東山如意ケ嶽
pic20170816_d03
「妙」
松ケ崎西山(万灯籠山)
pic20170816_d04
「法」
松ケ崎東山(大黒天山)
pic20170816_d05
「舟形万灯籠」
西賀茂船山
pic20170816_d06
「左大文字」
金閣寺附近の大北山(大文字山)

【このエントリは、2017年8月30日に2017年8月16日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/16(水)  2017夏休みぶらりひとり旅(3) 清凉寺

嵯峨にある浄土宗五台山清凉寺。
嵯峨釈迦堂として知られているお寺で、風格のある仁王門が素敵です。
広い境内に訪れる人は少なく、京都嵯峨のお寺としてはちょっと寂しい感じがします。
急いでいたのでお参りだけで拝観はしなかったのですが、本堂の裏は池遊式庭園となっているようです。

pic20170816_c01
清凉寺 仁王門
pic20170816_c02
清凉寺 仁王門から本堂
pic20170816_c03
清凉寺 本堂(釈迦堂)
pic20170816_c04
清凉寺 本堂(釈迦堂)
pic20170816_c05
清凉寺 仁王門(境内から)
pic20170816_c06
清凉寺 多宝塔
pic20170816_c07
鬼平犯科帳エンディング
pic20170816_c08
鬼平犯科帳エンディング再現

【このエントリは、2017年8月29日に2017年8月16日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/16(水)  2017夏休みぶらりひとり旅(2) 大徳寺

大徳寺は、35年ほど前に一度来たことがあるが、記憶はあいまいで、今回訪れても何も思い出さない。
若いころの京都の寺院というのは、私にとってはそんな程度の興味しかなかった。

久しぶりに来た大徳寺の印象は、広くてきれいな寺院。
24の塔頭を有しているが、公開している塔頭は、龍源院、瑞峯院、大仙院、高桐院の4塔頭のみ。
しかも、今回はさらに高桐院が拝観休止になっており、龍源院、瑞峯院、大仙院しか拝観できなかった。

それぞれに石庭があり、眺めていると心が落ち着き時間が止まっているような感じになる。
大仙院だけは撮影禁止のため、残念ながら写真は入口のみしかない。

pic20170816_b01
大徳寺 勅使門
pic20170816_b02
大徳寺 三門
pic20170816_b03
大徳寺 仏殿
pic20170816_b04
大徳寺 法堂
pic20170816_b05
大徳寺 参道
pic20170816_b06
大徳寺塔頭 龍源院
pic20170816_b07
大徳寺塔頭 龍源院
pic20170816_b08
大徳寺塔頭 龍源院
pic20170816_b09
大徳寺塔頭 龍源院
pic20170816_b10
大徳寺塔頭 龍源院
pic20170816_b11
大徳寺塔頭 瑞峯院
pic20170816_b12
大徳寺塔頭 瑞峯院
pic20170816_b13
大徳寺塔頭 瑞峯院
pic20170816_b14
大徳寺塔頭 瑞峯院
pic20170816_b15
大徳寺 参道
pic20170816_b16
大徳寺塔頭 大仙院

【このエントリは、2017年8月28日に2017年8月16日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/16(水)  2017夏休みぶらりひとり旅(1) 今宮神社

今年の夏の旅行は、家族が暑いのと歩くのが苦手なため、きままなひとり旅。

初日は京都市内。
まずは、行ってみたいとずっと思っていた今宮神社。

今宮神社は、徳川家光の側室で徳川綱吉生母である、桂昌院の崇敬厚い神社。
今宮神社が別名「玉の輿神社」と呼ばれるのは、
桂昌院が西陣で生まれた時の名前が「お玉」で、
八百屋の娘から従一位の位までのぼりつめたことに由来している。

個人的な興味は、
ここが鬼平犯科帳のエンディングで出てくる有名なロケ地であることと、
一度は食べてみたいと思っていたあぶり餅。
あぶり餅は、今回は、「かざりや」さんでいただいた。
本当は、「いち和」さんのも食べたかったのだけど、
ひとりで二人前はちょっと多いので、食べ比べはまたの機会。

pic20170816_a01pic20170816_a02
pic20170816_a03pic20170816_a04
pic20170816_a05pic20170816_a06
pic20170816_a07pic20170816_a08
pic20170816_a09pic20170816_a10

【このエントリは、2017年8月26日に2017年8月16日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/14(月)  ヴェルファイアの洗車とワックスがけ~2017年夏

このクルマを丁寧に洗車してワックスをかけると、3時間かかる。けっこうな重労働だ。
しかし、この艶と映り込みを見ると、疲れが吹き飛ぶ。

pic20170814_00

【このエントリは、2017年8月26日に2017年8月14日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/06(日)  信州平谷のひまわり畑

ひまわりを観たくて、信州平谷温泉「ひまわりの湯」の隣にあるひまわり畑に行ってきた。

まだ開ききっていない花が多くて、満開のひまわり畑の絵はちょっと難しい。
仕方がないので、きれいな花を選んでスナップ撮影。

生で食べても甘くておいしいとうもろこし、平谷ハーモニーを買って帰宅。

pic20170806_01pic20170806_02
pic20170806_03pic20170806_04
pic20170806_05pic20170806_06
pic20170806_07pic20170806_08

【このエントリは、2017年8月26日に2017年8月6日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/06(日)  PhotoViewerの表示順

WIndows10の画像ビューワの標準は、「フォト」ですが、これがなんとも使いにくい。

過去バージョンからのバージョンアップでWindows10にした場合、「Windowsフォトビューワ」が存在していますので、それを通常使うアプリに設定すれば今まで通り「Windowsフォトビューワ」が使えますが、大きな問題がひとつあります。

それは、フォルダのファイル順にかかわらず、常に名前順の表示になることです。

これは、撮影順に写真を見る場合、大きな不都合です。

それを、「Windowsフォトビューワ」の表示順をフォルダの表示順と同じにするためのレジストリ変更を、ここに備忘録として書いておきます。

下記の内容を、メモ帳に貼付け、名前をPhotoViewer.regにして実行すればOKです。
ただし、レジストリを変更しますので、自己責任となります。

レジストリ変更内容は「続きを読む」に。

続きを読む

にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ