いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

08/30(火)  エコドライブコンテストへの参加

勤務先のインフォーマル活動で「エコドライブコンテスト」なる案内があったので、申し込みをしたら参加当選。本日その説明会とエコドライブ車載機の配布がありましたので、参加してきました。

話を聞くと、私の住んでいる市の「エコドライブ推進プロジェクト」とのタイアップ企画のようで、今回配布されたエコドライブ車載機も市からの貸与物だそうです。

この車載機の取り付けは自分で行うのですが、取り付けは簡単です。ECU(車載コンピュータ)の情報を取り出せるOBDⅡコネクタに接続するだけです。燃費を計算する信号と電源がこのコネクタから取り出せます。走行時の燃費計算データは、SDカードに記録され、記録されたデータをパソコンから「エコドライブ推進プロジェクト」のサイトにアップロードするとそこで燃費や運転診断などを見る事ができます。

「エコドライブコンテスト」では、自分のクルマの10・15モード燃費との差を参加者で競うことになります。「エコドライブ推進プロジェクト」では、自分の走行データがエコドライブ推進にいかされていきます。車載機の貸与は年末までとなります。

今度の休みに取り付けて、エコ運転技術の向上を楽しみたいと思います。

pic20110830_01pic20110830_02
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/26(金)  「サンダーボーイ」限定版BOX

一昨日に発売されて買った、小学館クリエイティブの「サンダーボーイ」限定版BOX

普通に一冊1,000円程度のB6判でいいんですけど、今回もしっかりとBOXにしてA5判2冊+おまけ1冊で税込5,460円となっています。今の若者など目もくれませんから、私たち中年だけに狙いを絞って高価な装丁にするという戦略は間違っていないとは思います。まぁ、オヤジのコレクションですからね、見栄えも大事。買うほうもありがたく買わせていただきます。

さて、この作品、実は読んだことが無い作品なんです。

「鉄人28号」と同じ時代に描かれた作品ですが、「鉄人28号」では操縦器で動かすロボットが中心だったのに比べ、この「サンダーボーイ」ではロボットを脳波で操縦(頭で思って動かす)するという技術的に一歩も二歩も進んだものになっています。

なぜ空を飛べるのかも不思議。(実はまだ全部読んでいませんので、読めば説明があるのかも)

でも、なぜか引き込まれる横山光輝作品。
やっぱりいいですね、この頃の横山光輝は。
懐かしいタッチは、子供の頃に横山マンガに夢中になっていた頃を思い出させてくれます。

まだまだ読んでいない作品はたくさんありますので、小学館クリエイティブさん、これからも頑張って復刻してください。つべこべ言わずに、高価なBOX買いますからね。

pic20110826_01pic20110826_02
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/22(月)  ヘンな疲れ

今日は丸一日、勤務先の管理者メンタルヘルス研修でした。座学であれば、頭が疲れるとか、目が疲れるとか、疲れる場所がなんとなくわかるのですが、今日の研修はほとんどの時間がリスナー体験研修というもので、ヘンな疲れが身体に残っています。

リスナー体験研修というのは、メンタルの休養者を出さないために、事前に部下の状況を観察し話をする、その時の話の聴き方の模擬練習です。話し手、聴き手、観察者にわかれて、それぞれを全員が体験し、アドバイザー含めて意見や感想を述べ合うというものです。

頭でわかっていても、人の話を聴く(特にその話が悩みの場合)ということの難しさと注意しなくてはいけないところは、実際の体験をしてみることで、あらためてよくわかりましたし、ああそうかという気づきもたくさんありましたね。

話を聞くときは、当然のことなのにできていないのが、部下であろうとも誰であろうとも、相手を尊重するということ。相手を尊重しないと何も話してくれないし、話し手の立場に近づけないし、信頼を得ることはできません。信頼を得られてこそ、相談してよかったと思われるんですよね。結論を出してあげるとか、解決策を示してあげるとか、そういうことではなく、相手の気持ちを本当に理解してあげる、それが大切なんだということは、あらためて体験をすることでその意味を確認できました。

そうすれば、相談者は自ら答えを見つける、そういうものなんだそうです。

そうなんですよね。人に愚痴や悩みを話すときは、親身になって聞いてくれてそうだよねと言ってくれるだけで、安心するし心が落ち着くものです。落ち着くと、次にどうしていけばよいのか自分で見えてくることが多かったような気がします。

このリスニング手法は、仕事だけではなく家庭の中も含めて、人と人との会話の基本のような気もします。完璧にいつもおこなう自信はありませんが、できる限り実践していければ、私の人付き合いも多少かわるかもしれませんね。

ヘンな疲れをとるためにも、こんな早い時間ですが、今夜はそろそろ寝ることにします。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/19(金)  今年の夏休みも終り

今年の夏休みも今日で終り。11日から19日の9日間の長い休みも過ぎてしまえばあっという間ですね。

末娘の塾や習い事が17日から始まったので、家族で楽しめる日は9日間のうち6日間だけでしたが、なんとか事前に考えていた予定はこなせたかなと思います。ひとつ計算違いだったのは、14日に行こうと思っていた名古屋科学館。ものすごい行列で、すでにプラネタリウムは夕方の部でも無理だという状況で、名古屋科学館だけは別途日をあらためてということにしました。早朝から行列させるというやり方ではなく、名古屋科学館リニューアル時にもっとスマートな予約システムを考えられなかったのでしょうかね。

17日以降の後半は、自分の部屋の中で普段やれないことに専念していましたが、身体の動きよりも過ぎる時間の方が早くて、ややストレスを溜め込むような状況でした。やはり、外に出ないと気分はリフレッシュできませんね。

ということで、今年の夏休みは、前半は充実しまくりレフレッシュ、後半はのんびりしすぎてややストレス、という総括にします。

さて、明日から仕事がまた始まりますが、しょっぱなの週からメンタルヘルスの管理者教育だとか役員報告だとかあって、休み明けの頭にはちと厳しいスタートとなります。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/16(火)  名鉄沿線2011ポケモンスタンプラリーBW~クルマ編~

残っていた、豊田市駅、尾張瀬戸駅、大曽根駅のスタンプをクルマでゲットしてきました。残りはたった3駅なので、昨年に比べると楽なものです。ちなみに、豊田市駅、大曽根駅は構内なので入場券が必要です。

最後にポケモンセンターナゴヤに行って、レベル1の「黒き英雄」賞、「白き英雄」賞、「ゼクロム」賞、レベル2のポケモンセンターナゴヤ賞をもらってきました。残念ながら、レベル1の「レシラム」賞とレベル3のポケモンスタンプラリー夏マスター賞は、イベント会場のスタンプが無いため、今回はもらえませんでした。

「ゼクロム」賞では、Sndステージ「ブラックエリア」のラリー帳をゲットしましたので、帰りにそのスタンプ駅である、日進駅、土橋駅のスタンプをゲットしてきました。残りの駅は、末娘が電車一人旅でゲットしてくることになりそうです。

よく考えれば、このポケモンスタンプラリーへの参加は今年が最後かも知れません。末娘は来年はもう中学生ですからね。そう考えると、なんか寂しい感じがします。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/15(月)  名鉄沿線2011ポケモンスタンプラリーBW

末娘とふたりででかける親子ポケモンスタンプラリー、今年で3回目となりました。

今年は、例年の「ビンゴスタンプラリー」のルールとは違っておりますが、「名鉄電車に乗って、決められた駅に行ってスタンプを押す」という基本は変わっていません。

ポケモンスタンプの置かれている駅は20ヶ所で、イベント会場のスタンプ5ヶ所(ひとつはポケモンセンター)とあわせて全25ヶ所というのも同じです。

ただ、挑戦する私が3回目ともなると少し意気込みが違ってきています。例年の電車でのスタンプゲットは、遠い駅を中心にゲットする戦略で、最初から1日ですべてまわることを諦めていました。しかし、それではあとでクルマでまわるのが面倒ですし、そもそも非効率だと思っていましたので、今年はすべて回るというのを目標にしました。ただし、名鉄他線と繋がっていない瀬戸線2駅と、スタンプ設置時間よりも「早くスタートしなくてはいけない、遅くしか戻れない」という地元の豊田市駅だけは除外としました。

そういう目標で、昨夜は名鉄ホームページのダイヤ検索機能を駆使し、最初からどの順番でどの電車に乗るかをきっちりと決めました。もちろん、スタンプを押す時間によっては次の電車に乗れないケースもありますので、いくつかのケースも決めて、最後まで乗る電車の候補を決めておきました。

その結果は、前述3駅を除く17駅すべてのスタンプをゲットして帰ってきました。昨年は雨による名古屋本線一時運休があって予定がガタガタでしたが、今年も変電所への落雷が原因で夕方ダイヤの遅延が発生するというアクシデントがあったものの、そのおかげで厳しい綱渡り計画を楽にしてくれたということもあり、比較的楽に目標を達成できました。岐阜や中部国際空港で30分くらいの休憩や食事のまとまった時間も確保しての結果ですから、今年は非常にうまくまわれたという充実感にあふれています。

そういうふうに私も楽しむことで、結果的に末娘が大満足して楽しんでくれたことが何より一番のことでした。

pic20110815_01
スタンプラリー台帳
pic20110815_02
事前にたてた乗車計画

今年も思い出のために、乗った電車を記録しておきます。
  赤字がスタンプゲット駅、■は写真、◆は構内スタンプ所、★は特別車(指定席)利用
(1)豊田市駅(8:30)→知立駅(8:54)普通
知立行き 
15.7 km24分
(2)知立駅(8:59)→鳴海駅(9:11) 急行
名鉄岐阜行き
12 km12分
(3)鳴海駅(9:17)→神宮前駅(9:25) 準急
佐屋行き 
7.1 km8分
(4)神宮前駅(9:33)→岩倉駅(9:55) 準急
新可児行き
18.8 km22分
(5)岩倉駅(10:05)→犬山駅(10:18) 快速特急(一部特別車)
新鵜沼行き 
15.2 km13分
(6)犬山駅(10:27)→小牧駅(10:43) 普通
平安通行き
10.8 km16分
(7)小牧駅(10:45)→犬山駅(11:02)普通
犬山行き
10.8 km17分
(8)犬山駅(11:10)→三柿野駅(11:20) 急行
名鉄岐阜行き
8.3 km10分
(9)三柿野駅(11:37)→名鉄岐阜駅(11:57) 普通
岐阜行き 
11.2 km20分
(10)名鉄岐阜駅(12:18)→名鉄一宮駅(12:30) 快速特急(一部特別車)
豊橋行き 
13.4 km12分
(11)名鉄一宮駅(12:37)→須ケ口駅(12:49)急行
豊川稲荷行き
12.9 km12分
(12)須ケ口駅(12:52)→津島駅(13:08) 普通
佐屋行き
11.8 km16分
(13)津島駅(13:12)→須ケ口駅(13:29)普通
須ケ口行き 
11.8 km17分
(14)須ケ口駅(13:34)→金山駅(13:46)急行
豊橋行き
9.1 km12分
(15)金山駅(13:49)→太田川駅(14:07) 準急
中部国際空港行き
14.5 km18分
(16)太田川駅(14:17)→中部国際空港駅(14:36) 特急(一部特別車)★
中部国際空港行き 
21.2 km19分
(17)中部国際空港駅(15:07)→神宮前駅(15:28)ミュースカイ(全車特別車) ★
名鉄名古屋行き
33.5 km21分
(18)神宮前駅(15:40)→知立駅(15:53) 特急(一部特別車)★
豊橋行き
19.1 km13分
(19)知立駅(16:02)→刈谷駅(16:08) 普通
碧南行き
3.9 km6分
(20)刈谷駅(16:08)→知立駅(16:14)
  (刈谷駅到着遅れ)
普通
知立行き
3.9 km6分
(21)知立駅(16:21)→新安城駅(16:26)普通
東岡崎行き
4.8 km5分
(22)新安城駅(16:37)→桜井駅(16:49) 普通
西尾行き
7.9 km12分
(23)桜井駅(17:01)→西尾駅(17:11) 準急
吉良吉田行き
7.1 km10分
(24)西尾駅(17:30)→新安城駅(17:48)準急
佐屋行き 
15 km18分
(25)新安城駅(18:02)→東岡崎駅(18:08) 急行
豊川稲荷行き
8.5 km6分
(26)東岡崎駅(18:08)→豊川稲荷駅(18:42) 
  ((25)が特急遅延のため東岡崎駅で臨時待避)
準急
豊川稲荷行き
27.4 km34分
(27)豊川稲荷駅(18:54)→知立駅(19:42)準急
名鉄一宮行き 
40.7 km48分
(28)知立駅(19:50)→豊田市駅(20:14)普通
猿投行き
15.7 km24分
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/12(金)  福井を楽しむ、恐竜博物館と東尋坊

夏休み二日目は、末娘との約束で、福井県の恐竜博物館に行ってきました。

福井県というので、かなり遠いと思っていたのですが、昨夜地図で場所を確認したら、昨年行った「レールマウンテンバイク Gattan Go!!」を楽しんだ岐阜県飛騨市神岡町よりも近いことが判明。東海環状自動車道と東海北陸自動車道を使えば、一般道70Kmを含む190kmほどで日帰り楽勝の距離です。

朝7時半に自宅を出て恐竜博物館に到着したのは10時すぎでしたので、一般道70kmを含んでも安全運転で190kmを3時間かからずに行く事ができたことになります。

さて、恐竜博物館ですが、恐竜好きの末娘が行きたいと言っていただけのことはあります。今までいろいろと恐竜の展示を見てきましたが、ここは別格、すごいですね。展示物も多いですし、見ごたえ充分です。末娘も大満足で楽しんでいました。

内容だけではなく、駐車料金がかからない、入館料が常設展だけならばおとな500円、その日一日は出入り自由、と来園者にとっても優しい気配り。外は「かつやま恐竜の森(長尾山総合公園)」となっており、楽しい施設やイベントで遊んだり楽しんだりすることができます。

今回は館内だけで充分楽しんできましたが、また来る機会があれば、外も楽しみたいと思います。

pic20110812_01
福井県立恐竜博物館
入口は三階
pic20110812_02
三階から地下一階の常設展入口に
一気に向かうエスカレータ
pic20110812_03
特別展「新説・恐竜の成長」の
ティラノサウルスのアニマトロニクス
pic20110812_04
常設展の「恐竜の世界」ゾーン
 
pic20110812_05
常設展「恐竜の世界」ゾーンの
pic20110812_06
常設展「恐竜の世界」ゾーン

せっかく福井県に来たのだからということで、懐かしの東尋坊に行ってきました。

東尋坊は、私と奥さんが結婚する前、年末の冬休みに日帰りドライブに行ったことがある場所なんです。年末にノーマルタイヤで無謀にも福井まで日帰りで行ったこと、若さのあまりメーターを振り切って走ったこと、冬の東尋坊の風の強さと寒さで参ったこと、かにを買おうと思ったのに時間が遅くて店が全部閉まっていたこと、帰ってきたら奥さんが奥さんの両親に年末の掃除もしないで何をしていると叱られたこと、帰りに洒落た喫茶店で休んだこと、そんないろんな記憶に残る思い出が多かった出来事でした。

そんなことを思い出すだけではなく、東尋坊を娘たちに見せたかったということもあります。

最初は怖がっていた末娘ですが、慣れてくると私と断崖絶壁のフチまで行って下を眺めたりして楽しんでいました。もちろん、危なくない範囲でですよ。二人とも高所恐怖症なのに、ああいう場はけっこう大丈夫なんです。ただ、あとで写真を見ると手に汗が出てしまいますけどね。

夕陽を眺めながらの東尋坊、なかなか良かったです。

pic20110812_07
東尋坊
pic20110812_08
東尋坊の断崖絶壁
pic20110812_09
断崖絶壁を上から見てみる
pic20110812_10
夕陽を浴びる岩場
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/11(木)  【映画】 「ゲド戦記」

「コクリコ坂から」公開にあたり、7/15にテレビで放映された「ゲド戦記」の録画を、夏休み初日の今日みました。

「ゲド戦記」の当時の評価はあまりよくないと聞いていたので、どのくらい出来の悪い作品なのかなと思って見始めましたが、見終わった感想は、けっこう面白かったし、メッセージ性もけっこうストレートで、全然出来の悪い作品ではないと思いました。

「コクリコ坂から」の最初の淡々とした流れや伝えたいことが直接的ではないことに比べれば、非常にわかりやすい、非常に引き込まれる、そんな感じでしたね。

もっともわかりにくい「テルーが不死身の龍?」というところや、「アレンが父を刺した」というところは、さすがにもう少し説明がないと「都合のいい設定?」みたいに感じますが、私は、全体で伝えたかったことを伝えるためのイメージとして理解しました。アレンが父を刺した理由はどうでもよくて、そういう心の闇を持っていることが重要なのだとかね。

ただ、宮崎吾郎監督作品というフィルターが、かなり厳しい見方になってそういうところを許さない評価になっているところがあるんでしょうね。これが宮崎駿監督作品ということで公開されていたら、どういう評価になっていたのか、非常に興味深いところです。

ラストシーンの死ぬのが「怖い、怖い、怖い」というクモのつぶやき、実にリアルでした。私は「死ぬことが怖い」と小学生の頃から思っていました。朝、トイレにはいると、いつかは死んで自分がこの世からいなくなるのだと考えてしまい、奈落の底に落ちてしまうような感覚を味わっていました。自分が死んだあとも、他の人は行き続け、この世界は何事も無く続いていく、そういうのが耐えられない思いが今もあります。

しかし、生死があるから命が輝く、生死があるから命を大切に思う、生死があるから人生を大切に思う、そのメッセージは案外、忘れてしまっているかもしれません。そのメッセージは、私はこの映画から、けっこうダイレクトにあらためて感じさせてもらいました。ただ、死にたいと思う人間が多い中、健康人で死ぬのが怖いと日々感じている人はどのくらいいるのでしょうか。そこが共感を得るかどうかのポイントかも知れません。

私にとっては、「ゲド戦記」は人間の心の中の物語で、生きることに迷い苦しみ、その中で、自分なりの生死に関する考え方を新たにしていく空想的童話的物語であり、ハイタカもアレンもテルーもテナーもクモも、その物語でのイメージ的存在、そんなふうに感じました。メッセージはダイレクトなのですが、それの表現方法はちょっと難解なのかも知れません。(それとも、私が単純でアバウトなのか(^_^;))

とても面白く、いい作品でした。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/10(水)  クレアチニン値1.5

7月の私の身体の半年点検(会社の健康診断)で、精密検査要の診断が出て、今日精密検査に行って来ました。

精密検査要が出た値はクレアチニン値で、受診する科は腎臓内科。

クレアチニン値の正常範囲は0.6~1.1なのですが、私はずっと1.4で経過観察扱い(半年点検要)となっていたのですが、今回は1.5に上がってしまい、精密検査要となってしまったという経緯です。

たいしたことないですよ、と言われるのかと思ったら、1.5というのは、年齢から見ると腎臓の機能が半分くらいに低下しているとのこと。しかも、これは長い時間かかってこの状態になっているので、回復の期待は無し。これからは機能低下を和らげるということしかないようです。他の値に以上は無いので、言い方をかえれば、長い目で付き合う病気が増えたということで、すぐにどうだという病変があるわけではないとも言えるようです。

今日は、血液検査と尿検査、そして腹部CT撮影を行って帰ってきました。一ヵ月後にもう一度比較検査とCT撮影の結果を見て、今後どういう治療をしていくかということが決まりそうです。たぶん、定期的な診断を受けるということで様子を見ましょうという感じになるのだと思いますが。

血圧が高かったというのも、腎臓にはけっこう負担になっていた可能性があるそうで、そういう疾患と年齢でだんだんと衰える臓器が増えていくんでしょうね。弱っていってもいいですから、あと30年持ってくれればいいかなと最近はそんなふうに思う次第です。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/07(日)  水樹奈々のDVD

一昨日の夜、「コクリコ坂から」を観にいく途中のクルマでの長女と私の会話。


「『純潔パラドックス』という歌を聴いて水樹奈々っていいと思ったんだけど、
 同じ声優で歌手のほっちゃん(堀江由衣)やゆかりん(田村ゆかり)と比べてどうなの?」

「水樹奈々は紅白にも出たので、ほっちゃんやゆかりんよりも人気あるよ。」

「やっぱり!おとうさんの目は確かだな。」

「私はゆかりんの方が好きだけどね。」

「おとうさんは、ゆかりんよりもほっちゃんのほうが好きだな。」

「おとうさん、水樹奈々好きならばDVD持っているけど見る?」

「ええええ!DVD持ってるのか!貸して、貸して!」

「いいよ、4枚組みだよ!中古だけど。」


ということで、今、私の目の前には、水樹奈々のDVDがあるというわけなんですよ。ムフフ。( ̄ー ̄)

pic20110807_01pic20110807_02
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/06(土)  66年目の8月6日

ヒロシマに原爆が投下されてから66年。66年目の8月6日です。

その日は、原爆投下時のものすごく強い熱線と爆風、投下後長く続く放射能の影響で、想像を絶する悲劇を日本に残しました。

今年は、福島第一原発事故も同じ放射能の被害ということで、世界の原発撤廃を願う声もありました。

人を一度に大量に殺すための核兵器と、人々が豊かになるための核の平和利用を一緒に語らなければいけない状況になってしまったことに、本当に残念な思いがします。

世界には原発もですが、核兵器を平然と保有している国があるわけです。

世界唯一の被爆国である日本の国民が願うことは、「核兵器の撤廃」。
二度と、あの非人道的な火の玉の焦熱地獄を起こさないように。

原発事故による原発撤廃の声で、核兵器撤廃の声が少しでも霞むことがあってはいけません。

原発などの核の平和利用の方が核分裂を制御しなくてはいけないために、高度な技術が必要で、今、その技術に対する信頼性とそれを扱う人間の驕りが問われています。人類がその技術を未来永劫放棄するのか、一度歩みを止めて、核を扱うために必要なものを取り戻すことを目指すのか(容易なことではありませんが)、それは、核兵器撤廃とはまったく違う次元で考えなくてはいけないことでしょう。

ただ、被害という側面から見ると、広島も福島も同じ放射能被害であることに違いないわけで、今年の原爆記念日は、66年前の悲劇を繰り返さないための核兵器撤廃とともに、日本の核利用と核汚染について考える日にしないといけないのでしょうね。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/05(金)  【映画】 「コクリコ坂から」

今夜、奥さんと長女と三人で「コクリコ坂から」を観てきました。

何というのか、良き時代の青春ドラマを見たような感じでしょうか。
戦後のちょっと暗い事情をからませていますが、それもまったく重くならないように描かれています。

1963年の日々の暮らし、そこにある学園生活、そして恋。
始まってしばらくは、淡々とそういう情景が綴られます。

風間と海(あだ名はメル。海のフランス語ラ・メールがもとらしい)がお互い心惹かれていき、ふたりの複雑な状況がわかったあたり、そして、カルチェラタンの存続問題がヤマ場を迎えるあたりから、ストーリに起伏が出てきます。

何が起きても、冷静にその境遇を受け入れ、自分を信じて前向きに生きていくことの大切さを伝えてくれるような、そんな気がします。もっと取り乱すはず、諦めるはず、そう思ってしまう人が今は多いかもしれませんね。

海(メル)の母親・良子が海(メル)に父親のことを話す場面あたりから、ちょっと涙腺が危なくなってきて、ラストシーンの小野寺が海と風間に父親のことを話す場面あたりではちょっとダメでしたね。奥さんもかなりきていたようです。そこへ、手嶌葵の「さよならの夏~コクリコ坂から~」が流れてきて、しっかりと駄目押ししてくれます。

私は、この映画、とても好きですし、良かったと思います。
奥さんも長女も、同じ感想でした。
(ちょっと説明不足のところもありますけど、大きな影響は無いです。メルとかココリコ荘とかカルチェラタンとかね)
ひさしぶりに、良いものを観たという気がします。

ちなみに、コクリコというのはひなげしのことなんですね。そんなことも知らない私でした。
海(メル)が毎日信号旗をあげる庭に咲いている、そして毎日父親の写真の脇の花瓶に飾っている花です。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/04(木)  EOS 7D と EOS Kiss X2 の写真比較

花壇の朝顔を被写体にして、EOS 7DとEOS Kiss X2の写真がどのくらい違うかを試してみました。
撮影時のカメラ設定は、シャッタースピード、絞りはプログラムAE、ISO感度、ホワイトバランスはオート(最初の1枚はISO感度を400に固定)、フォーカスの測距エリアはそれぞれ、ゾーンAF(中央9点)と9点測距、での撮影です。レンズは同じものを使うのがカメラの比較には適切なのでしょうが、今回はそれぞれのカメラの常用レンズを使っています。撮影日はすべて本日の朝です。

さて、皆さんはどちらのカメラの写真がお好みでしょうか。

どちらもバカチョン設定での撮影なので、どういう写真が撮れるかというよりも、それぞれのカメラの性格を知るということで見るのがいいかと思います。

私の独断の印象では、EOS 7Dの勝ち!です。EOS 7Dの方が高価なカメラだからというわけではありませんが、EOS Kiss X2を買って初めて撮影した写真を見た時は、こんな退屈な写真なのかというのが印象だったのです。それに比べて、EOS 7Dの写真は色が自然で濃く深みがあり(色がしっかり乗っている)、被写体の質感の表現力がとても豊かという印象で撮影が楽しくなるんですよね。朝顔の写真を比較しても、花びらの色や表面の質感などの表現力でその違いがわかると思うのですが、いかがでしょう。

レンズの焦点距離の違いも初めて知って面白かったです。被写体が遠くにあるときは、「Canon EF-S18-200mm f/3.5-5.6 IS」も「Canon EF-S55-200mm f/4-5.6 IS」も、合焦後のフレーム内の被写体の大きさは同じですが、被写体が近くにあるときは、「Canon EF-S55-200mm f/4-5.6 IS」は合焦でかなりフレーム内の被写体が大きくなります。なので、被写体を同じ大きさになるように撮影すると、両者の焦点距離に大きな差が出るようです。

画質はともかく、EOS Kiss X2の魅力は軽さと扱いの容易さ。TPOによってうまく使い分けていきたいと思います。


EOS 7D
EF-S18-200mm f/3.5-5.6 IS

EOS Kiss X2
EF-S55-200mm f/4-5.6 IS
EF-S18-55mm f/3.5-5.6 IS(4枚目)
pic20110804_01
撮影データ (IMG_4605)
露出:1/500  絞り:F8  ISO:400
レンズ焦点距離:200.0mm
pic20110804_02
撮影データ (IMG_1973)
露出:1/320  絞り:F7.1  ISO:400
レンズ焦点距離:146.0mm
pic20110804_03
撮影データ (IMG_4619)
露出:1/400  絞り:F7.1  ISO:100
レンズ焦点距離:200.0mm
pic20110804_04
撮影データ (IMG_1984)
露出:1/250  絞り:F7.1  ISO:200
レンズ焦点距離:116.0mm
pic20110804_05
撮影データ (IMG_4620)
露出:1/250  絞り:F5.6  ISO:125
レンズ焦点距離:200.0mm
pic20110804_06
撮影データ (IMG_1989)
露出:1/200  絞り:F7.1  ISO:200
レンズ焦点距離:131.0mm
pic20110804_07
撮影データ (IMG_4622)
露出:1/160  絞り:F7.1  ISO:100
レンズ焦点距離:40.0mm
pic20110804_08
撮影データ (IMG_1991)
露出:1/160  絞り:F9  ISO:200
レンズ焦点距離:37.0mm
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

08/01(月)  水樹奈々 「純潔パラドックス」

元気をなくしている時、アップテンポでパワーがあって透き通るような女性ボーカルを聴くと、自分が主人公に戻れるような気がします。

水樹奈々「純潔パラドックス」、いいですね~
水樹奈々作詞の詞もいい世界を持っています。

私のツボです。


動画サイトの動画は削除されることがあります。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ