いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

06/30(木)  長谷寺の花菖蒲と、和み地蔵との再開 ~ぶらり鎌倉・その5~

鎌倉ぶらり旅第5弾は、長谷寺の花菖蒲と、久しぶりの再開の和み地蔵たちです。


鎌倉ぶらりひとり旅 ~和み地蔵のリーダーを探せ!~」以来の再開となる和み地蔵たち。人と同じ大きさの和み地蔵は、消えかかっていた文字もきれいになって穏やかに笑っていました。小さな3体の仲睦ましい和み地蔵たちも、それぞれの場所で訪れたひとたちに和みを与えていました。あらたに「良縁地蔵」という札が立てられていて、この和み地蔵たちは良縁地蔵というのが、正式な名前なのかもしれません。長谷寺は、この和み地蔵たちに会うだけにでも、行く価値があると私は思っています。本当に和やかないい表情です。

妙智池と放生池には、紫色の鮮やかな花菖蒲が見頃です。水との調和が素敵なのですが、写真にその雰囲気を残しておくには私はまだまだ撮影技術不足ですね。

鎌倉ぶらり旅の写真のアップはあと一回となりそうです。

pic20110630_01
人と同じ大きさの和み地蔵
pic20110630_02
眺望散策路の和み地蔵
pic20110630_03
経蔵脇の和み地蔵
pic20110630_04
地蔵堂に向かう道の脇の和み地蔵
pic20110630_05
妙智池の花菖蒲
pic20110630_06
妙智池の花菖蒲
pic20110630_07
妙智池の花菖蒲
pic20110630_08
妙智池の花菖蒲
pic20110630_09
妙智池の花菖蒲
pic20110630_10
放生池の花菖蒲
pic20110630_11
放生池の花菖蒲
pic20110630_12
放生池の花菖蒲
pic20110630_13
放生池の花菖蒲
pic20110630_14
シモツケ
pic20110630_15
ユリ
pic20110630_16
紫陽花(かまくら)
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/29(水)  紫陽花めぐり、長谷寺・眺望散策路 ~ぶらり鎌倉・その4~

鎌倉ぶらり旅第4弾は、長谷寺の眺望散策路の紫陽花です。


長谷寺の眺望散策路は一度歩いたことがありますが、その時は秋だったので、紫陽花が咲き誇る眺望散策路は今回が初めてとなります。紫陽花のシーズンの眺望散策路は、かなりの時間待ちをしないと入れないと聞いていましたので、朝の9時頃に着くように行ったらなんとか待たずに眺望散策路に入ることができました。見終わった10時半頃にはもう30分待ちになっていましたので、もう少し遅かったら少し待たされたかも知れませんね。

噂に違わず、長谷寺の眺望散策路の紫陽花もすばらしかったです。
成就院でも感じましたが、たくさんの紫陽花が美しい景色の中に咲いている姿は、スケールを感じる雄大な美しさを感じますね。しかし、その雄大さを写真に残すのは本当に難しいです。上下左右に大きく広がる景色も、カメラの中におさめるとこじんまりした狭い風景になってしまうんですよね。写真撮影の腕がないのか、写真の限界なのか、どちらにしても残念です。

長谷寺には、紫陽花だけではなく、花菖蒲や「鎌倉ぶらりひとり旅 ~和み地蔵のリーダーを探せ!~」で書いた和み地蔵などの見所もあります。その写真は次回紹介します。

pic20110629_01
山門
pic20110629_02
眺望散策路入口
pic20110629_03
経蔵と紫陽花
pic20110629_04
眺望散策路
pic20110629_05
眺望散策路
pic20110629_06
眺望散策路から由比ガ浜を望む
pic20110629_07
眺望散策路から経蔵を見下ろす
pic20110629_08
眺望散策路
pic20110629_09
紫陽花
pic20110629_10
紫陽花
pic20110629_11
紫陽花
pic20110629_12
紫陽花
pic20110629_13
眺望散策路から由比ガ浜を望む
pic20110629_14
紫陽花
pic20110629_15
眺望散策路から由比ガ浜を望む
pic20110629_16
紫陽花
pic20110629_17
紫陽花
pic20110629_18
紫陽花(小町)
pic20110629_19
紫陽花(宵の星)
pic20110629_20
紫陽花(ウズアジサイ)
pic20110629_21
紫陽花
pic20110629_22
キンシバイ
pic20110629_23
アガパンサス
pic20110629_24
紫陽花
pic20110629_25
紫陽花(かまくら)
pic20110629_26
紫陽花
pic20110629_27
眺望散策路
pic20110629_28
眺望散策路
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/28(火)  絶景!感動の成就院 ~ぶらり鎌倉・その3~

鎌倉ぶらり旅第3弾は、成就院です。


2009年に来た時は、すでに成就院の紫陽花は終り、すべて花を切り取られている状態でした。
なので、成就院の紫陽花を見るのは今回が初めて。

驚きました!
こんなに素晴らしい景色を見ることができるなんて、大きな感動でした!

成就院の紫陽花は、成就院の山門内にあるのではなく、東結界から山門まで登る参道坂道の両側に咲き誇っています。言うまでもありませんが、結界というのは、聖なる領域と俗なる領域を分けるという仏教用語で、成就院の東結界は長谷寺側入口、西結界は極楽寺側入口となります。

今回は、初日は西結界から東結界へ、二日目は東結界から西結界へというルートで楽しみました。景色的には山門から由比ガ浜の見える東結界方面がすばらしい眺めとなります。

今まで紫陽花の写真撮影は、べっぴんさんな花を選んで個別に撮影してきましたが、ここの紫陽花を見ていると、景色とともにまとめて撮影してあげないとその良さが出ないような気がしました。こんなに風景と紫陽花が見事に引き立てあう場所は無いのではないかと思うほど、素晴らしい景色でした。

pic20110628_01
東結界(長谷寺側参道入口)
pic20110628_02
西結界(極楽寺側参道入口)
pic20110628_03
東結界へ下る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_04
東結界へ下る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_05
東結界へ下る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_06
東結界へ下る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_07
東結界へ下る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_08
東結界から上る(山門方面を望む)
pic20110628_09
東結界から上る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_10
東結界から上る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_11
東結界から上る(東結界を望む)
pic20110628_12
東結界から上る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_13
東結界から上る(由比ガ浜方面を望む)
pic20110628_14
紫陽花
pic20110628_15
紫陽花
pic20110628_16
紫陽花
pic20110628_17
紫陽花(ウズアジサイ)
pic20110628_18
紫陽花
pic20110628_19
紫陽花
pic20110628_20
紫陽花
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/27(月)  今年の明月院は残念! ~ぶらり鎌倉・その2~

鎌倉ぶらり旅、第2弾です。


2009年7月に初めて訪れて明月院ブルーの紫陽花に魅せられた私。
2年ぶりにその感動を味わおうと思って、明月院に行ってきました。

しかし、今年の明月院の青い紫陽花は元気がなく、青色も明月院ブルーにしては薄い感じがしました。
数日前からの猛暑にやられていたのと、色が濃くなるにはもう少し時間が必要だったのかも知れません。
仕方がありませんね。

そのせいか他の紫陽花に目が行って、明月院にも青色の紫陽花だけではなくいろいろな種類の紫陽花があるのだなぁということがわかりました。でもやっぱり、明月院では、濃い青の紫陽花を見たかったですねぇ。残念でした。

pic20110627_01
入口
pic20110627_02
北条時頼廟
pic20110627_03
山門に続く参道の紫陽花
pic20110627_04
山門
pic20110627_05
本堂
pic20110627_06
枯山水庭園
pic20110627_07
開山堂
pic20110627_08
瓶の井
pic20110627_09
やぐら(羅漢洞)
pic20110627_10
花想い地蔵
pic20110627_11
竹林の中の瓦
pic20110627_12
紫陽花(ホンアジサイ)
pic20110627_13
紫陽花
pic20110627_14
青い紫陽花はこのように元気ありません
pic20110627_15
紫陽花
pic20110627_16
紫陽花(ブルースカイ)
pic20110627_17
紫陽花(カシワバアジサイ)
pic20110627_18
紫陽花
pic20110627_19
紫陽花
pic20110627_20
紫陽花
pic20110627_21
紫陽花
pic20110627_22
 

花想い地蔵

  人は誰れしも はかない花の思い出の中に生きています。
  大切な人との別れ いとおしい物との別れ、
  そんな時 ふと目に止まった花が どんなにか 心を慰めてくれたことでしょうか。

          いつくしみ深き花地蔵
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/26(日)  紫陽花と江ノ電 ~ぶらり鎌倉・その1~

鎌倉に行ってきましたので、数回に分けての鎌倉ネタです。


紫陽花と江ノ電の定番撮影スポットといえば、御霊神社。

江ノ電沿線には随所に紫陽花が咲いていますから、わざわざ人の多い御霊神社に行かなくてもと思うのですが、やはり一度は定番スポットでの撮影を経験しておきたいと思い、EOS 7Dをぶら下げて行ってきました。

確かにいい撮影スポットですが、噂どおり人が多い。
狭い場所にたくさんのカメラ小僧、カメラオヤジ、カメラおねーちゃんがいっぱいです。
一眼レフの人もいれば、コンパクトカメラの人もいる。携帯電話で写している人もたくさん。
紫陽花をきちんと入れて、人を写すことなく江ノ電を撮影するのは至難の業です。
ここでは、人がはいるのは仕方がないと思って、受け入れるしかありません。

それでも、私は邪魔だと怒られてしまいましたけどね。
私にとっては怒ったあなたが邪魔だったんですけどね。(^_^;)
(7枚目の写真の、電車が来るのに撮影もせずに立って邪魔に写りこんでいる白い人です。)

そんなハプニングもあり難しい撮影でしたが、撮影自体はじつに楽しいひとときでした。

pic20110626_01
2000形
pic20110626_02
2000形
pic20110626_03
20系
pic20110626_04
2000形
pic20110626_05
500形
pic20110626_06
500形
pic20110626_07
1000形
pic20110626_08
1000形
pic20110626_09
500形
pic20110626_10
車内から見た撮影風景
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/23(木)  0系新幹線フル編成が在来線に入線!

20年以上前に、編成を組もうと思って単品を買い始めたにもかかわらず、店頭に無くて結局3輌(27-1000、15-1000、36-1000)しか手に入れることができなかったKATOの0系新幹線。

その頃は、セットよりも単品売りが主流だったのでそういう集め方だったのですが、0系に限らず、店頭在庫がなくて揃わなかったり生産時期によって塗装の質が微妙に違ったりとけっこう苦労したものです。

今回は、8輌基本セットと8輌増結セットが再生産されましたので、この機会に編成を揃えました。
これで、新幹線は、100系、500系に続き、3編成目のフル編成となりました。

新幹線用線路は、在来線敷設が終わったあとにオール高架で敷設しようと思っていますので、今は在来線線路での試走となります。在来線といっても最小曲線半径はR354ですので、走行には問題ありません。

この0系新幹線は、古い製品で単品品番も当時のままで息の長い製品ですが、特徴をよく掴んでいてとても良い製品だと思います。

できれば、初期の大窓仕様もほしいところです。

pic20110623_01
夢の超特急!
pic20110623_02
キニ05と一緒に
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/21(火)  不信なメール

今日、不信なメールが届きました。

タイトルは、「◇◆アンケートに答えて、500ポイントプレゼント!」。

本文の内容は、いつも送られてくる私のメインクレジットカード会社からの文面に酷似。

でも、ちょっと違うのは、送信者。

いつもは、送信者のメールアドレスはそのクレジットカード会社のドメインのメールアドレスですが、今回の送信者のメールアドレスはyahooのフリーメールアドレス。この段階でかなり不信。私の中ではもう信用できなくなっています。

そもそも普通ならば、送信者とタイトルでどこからのメールかわからないメールは中も見ずに消してしまうのですが、今回はたまたま開いたので、単なるスパムメールではない凝った詐欺メールだとわかったのです。

本文を読んで、さらに怪しいと感じるのは、本文の中に書かれているアンケートのURL。こちらもクレジットカード会社のドメインではなく、smp.ne.jpというドメインです。調べるとパイプドビッツというソリューション提供会社で、アンケートなどのアプリケーションを提供しているようです。クレジットカード会社からの依頼なのか第三者からの依頼なのか、何も記述がないのでわかりません。

さらに、
「期間限定の企画になりますので、今すぐお手続きをお済ませください。」
と、急かすような文面がありますし、アンケートに答えるだけで500ポイントというのも、胡散臭さが増幅です。
調べる前にとにかくポイントで釣ってアンケートに回答させてしまえ(個人情報を引き出してしまえ)というのがミエミエです。

信用あるクレジットカード会社がこんな不信なメールを送るわけないと思うので、とりあえず、クレジットカード会社にこのメールを通報しました。

このメールには、私がそのクレジットカード会社で使っているサービスの情報も含まれていますので、個人情報が漏れている可能性もあります。

似たようなメールを受け取っていたら、軽率にアンケートに答えないようにしましょう。


ただ・・・・、
本当にまさかとは思いますが、このメールがもし本物だとしたら・・・。

こんな不信そうなメールを送るクレジットカード会社のチェック体制や見識を疑われても仕方ないでしょう。ネット犯罪が多い中、自ら不信メールと思われるメールを送っていたのでは、注意・配慮不足でずさん。クレジット会社自体の信用性も疑われることになるでしょう。

まぁ、本物であるはずないとは思いますけどね。


<2011/6/22追記>

「不信」:(名) 信じないこと。信用できないこと。
「不審」:(名・形動) 疑わしく思うこと。疑わしく思えること。
「信用できないメール」という意味で、「不信なメール」と題しましたが、文法上は、「不信な」という使い方は正しくないと思いますが、あえて使用しております。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/20(月)  キャンディーズの「わな」

今日は、鉄道模型関係の雑誌の発売日。

いつもの本屋さんに行って毎月買っている月刊誌を買おうとしたのですが、表紙が折れ曲がっていたりしてあまり良い状態のものがありませんでした。そこのご主人には悪いと思いながら、今日はめずらしく他の本屋さんに行くことにしました。その本屋さんには、目的の月刊誌のきれいなものはがありました。レジに行く前に他の書棚を眺めていたら、キャンディーズ特集の「レコード・コレクターズ7月号」を見つけてしまいました。

中を何度も見ながら、買おうかどうしようか迷います。700円の価値があるかなぁ・・・、書いてあることはほとんど知っている話だし・・・、写真も少ないし・・・

よし、やめよう!

なんとか今日は誘惑から逃れることができました。目的の雑誌の支払いをすませて帰ろう、そう決めた時に今度目に飛び込んできたのが、「Canndies BEST! DVD BOOK」と書かれたきれいな写真のボックス。

ああ、これはダメです。ランちゃんのきれいな写真の笑顔が私を呼んでいます。迷いなどまったくなく、在庫3ボックスの中でどれを選んで買おうかという行為にすでに移ってしまっています。700円を迷っていたのに、3,000円に迷いがないのはどういうことなんでしょう!?

キャンディーズに夢中だった世代のオヤジを、めったに来ない本屋さんに誘き寄せて買わせてしまう、見事なしかけです。キャンディーズの「わな」に見事にはまってしまったということでしょう。

♪わーたしは、しくじったー

pic20110620_01
BOX外観
pic20110620_02
DVDとお宝写真満載のマガジン
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/19(日)  今回も、早い!

カメラのレンズフードと予備のコンパクトフラッシュが欲しくて、昨日の昼頃、インターネットで注文しました。

注文先は、一眼レフEOS 7Dを買ったカメラドームさん。今回でカメラドームさんから買うのは3回目で、私にとっては、前払いしても大丈夫と信用のあるお店となっています。注文してすぐにお金を振り込んだら、もう今日届きました。今回も早いです。ゆうちょ銀行が使えるので、土日でも送金、確認ができ、土曜日の昼に注文して日曜日の午後には届くということが可能となります。カメラドームさんは、お値段も価格.comの中でも安い方の上位にあり、送料も300円、無料で5年保証が付く(条件はありますが)と条件もよくて、今のところイチオシのお店です。

レンズフードは以前から欲しかったのです。直接の太陽光の影響を防げるし、レンズの保護にもなります。それに、レンズフードがないとマニアっぽくないですからね(笑)。

コンパクトフラッシュは、今使っているのと同じものを予備として購入です。最初は、海外版は価格は安いけれど、不具合が多いし国内での保証も無いということで不安だったのですが、使ってみて安定して全然問題ないので、たくさん写真を撮ったときのために同じ海外版をもうひとつ買うことにしました。

今回の買い物は、ふたつあわせて送料込みで7,000円と10円玉が数枚。自宅で、こんなに早く安く欲しいものが手に入るのですから、便利になったものです。

pic20110619_01
レンズフードと8GBコンパクトフラッシュ
pic20110619_02
レンズにレンズフード取り付け
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/18(土)  雨の三河あじさい寺

私の好きなあじさいの季節。昨年に続いて、今年も地元のあじさい寺、「瑞雲山本光寺」に行ってきました。「瑞雲山本光寺」については、昨年のエントリ「三河あじさい寺ぶらり旅」をご覧下さい。

朝からどんより曇り空で、本光寺に着くと同時にパラパラと雨が降り出してきて、今年は雨に濡れるあじさいを楽しむことになりました。雨に濡れたあじさいは元気そうに見えますし、色も映えるような気がして良かったです。昨年よりも美しく感じましたし、たくさんの種類の違いもわかるようになって楽しめました。以前は、青の普通の形のあじさいが好きだったので、それしか目がいかなかったところがありましたが、昨年は白いあじさいの美しさに驚き、今年は変わった形のあじさいの美しさも感じられるようになりました。

そんな感じを撮影した写真で少しでも感じていただければと思います。

花の写真は難しいというのを最近痛感しています。記録のための図鑑的な写真ではなくて、味のある写真はどうしたら撮れるのか、経験を積んだりしながら勉強していきたいですね。

ところで、少し残念なこともありました。どこかのカメラ愛好会の人たちがたくさんいて、その人たちが、撮影のためにさしていた傘を広げたままあじさいの花の前に置いたり、あじさいの花の真ん前に三脚や大きなカメラバックを置いて長く撮影していたりと、どうもマナーに問題のある人が多くてストレスを感じました。貸切で撮影会をしているわけではなく、他の見学者もたくさんいるのですから、会を仕切っている人は、撮影技術だけではなくそういう最低限のマナーもメンバーに徹底してほしいものだと思いました。

pic20110618_01
 
pic20110618_02
 
pic20110618_03
 
pic20110618_04
 
pic20110618_05
 
pic20110618_06
 
pic20110618_07
 
pic20110618_08
 
pic20110618_09
 
pic20110618_10
 
pic20110618_11
 
pic20110618_12
 
pic20110618_13
 
pic20110618_14
 
pic20110618_15
 
pic20110618_16
 
pic20110618_17
 
pic20110618_18
 
pic20110618_19
 
pic20110618_20
 
pic20110618_21
 
pic20110618_22
 
pic20110618_23
 
pic20110618_24
 
pic20110618_25
 
pic20110618_26
 
pic20110618_27
 
pic20110618_28
 
pic20110618_29
 
pic20110618_30
 
pic20110618_31
 
pic20110618_32
 
pic20110618_33
 
pic20110618_34
 
pic20110618_35
 
pic20110618_36
 
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/15(水)  テンプレート画像の変更~2011年6月15日~

テンプレート画像を変更します。

空中に浮かぶまるい花。近くで見てみると、まるい花は、細かな小さな花の集まりです。
ギガンジウムという花ですが、なんとなく異次元の感じがする面白い花ですね。

giganteum

撮影データ (IMG_2737)
撮影日:2011年6月12日
撮影場所:奥殿陣屋(愛知県岡崎市)
カメラ:Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF-S18-200mm f/3.5-5.6 IS
露出:1/60  絞り:F4.5  ISO:100
レンズ焦点距離:32.0mm

※テンプレート画像が古いままの場合は、ブラウザのページの更新(再読込み)を行ってください。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/14(火)  またも強力な誘惑・・・SF特撮DVDコレクション

私が中学生の頃、テレビで見た「謎の円盤UFO」。
放映は1970年だそうですが、私が見たのは夏休みに放送された再放送だったように思います。

矢島正明のオープニングナレーションは今でも空で言えます。

1980年、既に人類は地球防衛組織シャドーを結成していた。
シャドーの本部は、イギリスのとある映画会社の地下深く秘密裏に作られ、
沈着冷静なストレイカー最高司令官のもと、日夜謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた。
「シド」 コンピューター衛星。
このシドがUFO侵入をキャッチすると、直ちにシャドー全ステーションに急報。
「スカイダイバー」 それはシャドーの海底部隊。
世界で最も進んだ潜水艦である。
その前部にはスカイ1と呼ばれるジェット機が装備され、海上を超スピードで進み敵を撃破する。
人間の最高頭脳を結集して作られたシャドーのメカニック。
「ムーンベース」は月面基地。
ここにはミサイル要撃機インターセプターが非常事態に備えている。
UFO撃退の準備はできた!


というやつ。

学校で、得意げに披露していたことを思い出します。

UFOが形も飛び方もリアルで、ストーリーもけっこう理にかなっていたように思います。
ストレイカー最高司令官の乗る車がカッコ良かったですよね。


pic20110614_01デアゴスティーニの策略にはもう二度とひっかからないと誓っていたのですが、今回はまた心揺さぶるところを突いてきます。

「謎の円盤UFO」だけならば、投資も少なくてすむのですが、ジェリー・アンダーソン代表5作品ということで、「サンダーバード」、「キャプテン・スカーレット」、「スティングレイ」、「ジョー90」と抱き合わせというところも憎いところです。

とりあえず、創刊号は買ってしまいましたよ。

今回は、策略にひっかかったというのを承知で買いましょうか・・・
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/13(月)  「拍手ボタン」の位置調整

このFC2ブログには、「拍手」という機能があります。

エントリの内容が面白かったり共感したりした時に、ボタンをポチっと押すと、拍手数としてそのエントリへの関心度がわかるというものです。

その「拍手ボタン」の表示位置がどうも気に入らなかったのですよね。今夜、ようやくうまく表示できなかった原因がわかり、位置の調整ができましたので、備忘録としてアップします。

pic20110613_01現象は、左のように、「拍手ボタン」が本文と行間なく表示されて、見栄えとバランスが悪いということです。
pic20110613_02対策として考えたのは、テンプレートで本文(%topentry_body)の後に改行コードを入れるということ。結果は左のようにうまくいきました。
なんだ単純なものだなと思ったのも束の間。
表示を個別エントリ表示に切替えたら・・・
pic20110613_03・・・また本文と「拍手ボタン」との間に行間がなくなりました。

こうなる理由は、通常表示の時は「拍手ボタン」のコードは本文(%topentry_body)のあとの追記表示(%topentry_link)の後に付くので、本文の後にいれた改行が効き、個別エントリ表示の場合は、追記表示がなく本文だけなので、「拍手ボタン」のコードが本文(%topentry_day)直後に含まれ、テンプレートに入れた改行コードがその後に付くからだと推測しました。
私の場合、「拍手ボタン」の表示設定を「追記リンクの後」にしてあるので、そうなったのでしょう。

では、「拍手ボタン」の表示設定を「追記リンクの前」にしたらと思いますが、そうすると、追記のあるなしにかかわらず、「拍手ボタン」のコードは本文(%topentry_body)直後に含まれ、テンプレートに入れた改行はまったく効かなくなります。
pic20110613_04そこで、ソースコードをチェックして、「拍手ボタン」がどういう形で入っているのかを確認しました。
そうすると、スタイルクラスが「fc2_footer」となっています。
このクラス、私の使っているテンプレートには定義されていません。
pic20110613_05ということがわかれば、答えは簡単。
最初からソースコードを見ていればもっと早く解決したかもしれません。
テンプレートのスタイルシートに「fc2_footer」を定義し、上の行とのマージンを20ピクセルとなるよう記述しました。

その結果が左。
pic20110613_06個別エントリ表示にしても大丈夫。

これでずっと気になっていた「拍手ボタン」の位置の調整ができました。

めでたし、めでたし。
それ以前に、「拍手ボタンなんかいらねぇんじゃねぇ?」という声も聞こえてきます。「いや、そうじゃないぞ」と言えるためにも、ポチっと押していただければと思う次第です。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/12(日)  奥殿陣屋のバラ園

4月に初めて訪れた奥殿陣屋。「奥殿陣屋のチューリップと菜の花畑」に続き、今回はバラを見てきました。

たくさんのバラが植えられていて、一口にバラといってもいろんな色と形と大きさがあるのだと、あらためて知りましたね。ただ、バラの花は美しいときが一瞬なのか手入れが難しいのか、花びらのふちが茶色になっていたり、花びらがしおれていたり落ちていたりという花が意外に多かったです。

甘いバラの香りはお伝えできませんが、いろんな種類のバラをお楽しみください。

pic20110612_01
 
pic20110612_02
 
pic20110612_03
 
pic20110612_04
 
pic20110612_05
 
pic20110612_06
 
pic20110612_07
 
pic20110612_08
 
pic20110612_09
 
pic20110612_10
 
pic20110612_11
 
pic20110612_12
 
pic20110612_13
 
pic20110612_14
 
pic20110612_15
 
pic20110612_16
 
pic20110612_17
 
pic20110612_18
 
pic20110612_19
 
pic20110612_20
 
pic20110612_21
 
pic20110612_22
 
pic20110612_23
 
pic20110612_24
 
pic20110612_25
 
pic20110612_26
 
pic20110612_27
 
pic20110612_28
 
バラ以外の花も、4月に来た時とは違った花が咲きほこっていました。その時にみた小さな梅の実も大きくなっていました。

pic20110612_29
pic20110612_30
ギガンジウム
pic20110612_31
ギガンジウム
pic20110612_32
ギガンジウム
pic20110612_33
菖蒲
pic20110612_34
菖蒲
pic20110612_35
ルピナス
pic20110612_36
ルピナス
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/03(金)  今クールのドラマは?

今クールも、私の好きなテレビドラマを書き連ねておきましょう。

   ◆月曜日
    ・「ハンチョウ4
       このシリーズも安定感あり、面白いです。
       キャストもいいですし、ストーリーもたまに泣かせてくれます。
   ◆火曜日
    ・「名前をなくした女神
       こういうドラマは苦手と思いながら見始めたのですが、ついつい引き込まれます。
       母親同士の対抗心や不倫などがからんで目が離せません。
    ・「グッドライフ
       これは「遺留捜査」に次いでいいドラマです。
       特にわっくん演じる加部亜門が最高の演技を見せてくれます。毎週泣いてしまいます。
   ◆水曜日
    ・「遺留捜査
       相棒のウラクールの中では一番の出来かも知れません。思っていた以上に見せてくれるドラマです。
       事件が終わったあと、糸村が関係者に話す遺留品からみた真実には、いつも涙ボロボロになります。
    ・「リバウンド
       最初は面白かったのですが、途中から話の内容がなくなってきて見る事が少なくなりました。
   ◆木曜日
    ・「おみやさん
       期待通りの安定感抜群です。京都が舞台のストーリと感動で毎回楽しませてくれます。
    ・「ハガネの女
       あまり好きではないシチュエーションのドラマですが、このドラマの訴えるものに共感できます。
       子供たちの気持ちも切ないものがあって、たまにウルウルきます。
    ・「四つ葉神社ウラ家業 失恋保険
       これは私好みの内容のドラマです。
       でも、放送時刻が遅くて見逃してしまうのが残念なのです。
   ◆日曜日
    ・「JIN-仁
       前回の面白さを継続していて、見逃せないドラマです。
       医者もののドラマの定番として命が絡んでいるので、感動する部分が多いです。
       ファイナルということで、真実が明かされるのでしょうか。

といったところですね。

他に一度はみたものの、あとが続かなかったというのが、「BOSS」と「犬を飼うということ スカイと我が家の180日」。後者の「犬を飼うということ」は私にあわなかったというだけでドラマとしては悪くないと思いますが、前者の「BOSS」は評価低いですね。あまりにも雑で非現実的。面白くもないしドラマ性もないですね。

そろそろクライマックスにはいりつつあります。目を離さずに見ていきましょう。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ