いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

03/31(木)  「カラー版・鉄人28号」BOX3ようやく入手!

「カラー版・鉄人28号」のBOX3の発売日は3月28日だったのですが、物流が遅れているとのことで今日やっと書店で入手できました。そのせいではないとは思いますが、ボックスに少し破れがあるのが残念。以前の私だったら交換しに行ったかもしれませんが、不思議なもので、今の私はそのくらいはどうでもいいと思えます。

これで、カッパコミクス版全20巻が揃ったわけですが、あまりにもあっけなく揃ってしまいましたね。全20巻をボックスから出して本棚に立てて眺めようと思いますが、そうなれば、よけいに表紙や背表紙などのデザインがオリジナルのものであったならばなぁと思ってしまいます。いえ、贅沢だとわかっているのですよ。でもね、ファン心理というのはそういうものなのです。本当にもったいない。いろいろと事情があったのだとは思いますけどね。

さて、次回からのBOX4、5は、光文社ハードカバー版の復刻となります。こちらは当時、リアルタイムで楽しんだわけではありませんし、大都社版という存在もあったためにそれほど思い入れはないのですが、新しい発見はありそうなので楽しみにしていたいと思います。

pic20110331_01
BOX3の外観
pic20110331_02
No15?No20の6冊+表紙絵集セット
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/29(火)  とうとう買ってしまいました!EOS 7D!

現在の私のメインカメラは、2008年7月に購入したEOS KissX2ですが、最近そのEOS KissX2の「EF-S18-55mm F/3.5-5.6 IS」レンズが壊れてしまったのをきっかけにEOS 7Dが欲しいという気持ちが抑えられなくなって、とうとうEOS 7Dを買ってしまいました。こんな時にこんな高い買物していいんかい?と思いながらも、えーい!こんなときだからこそ買っちゃえ!ってな気持ちで決めてしまいました。もちろん、家族には内緒!

レンズはオールマイティなものがひとつ欲しかったので、純正の「EF-S18-200 F/3.5-5.6 IS」レンズにするか、タムロンの「18-270 F/3.5-6.3 Di II VC PZD」レンズにするか迷いましたが、価格と安心感で、純正のEF-S18-200 F/3.5-5.6 ISレンズにしました。

購入先は価格.comでの安値かつ信頼できるお店。購入を決心した土曜日時点の価格.comの最安値は、「EF-S18-200 IS レンズキット」で151,000円くらい。購入したのは、最安値よりは数千円高い価格ではあるけれども、5年保証がついていて評価が高く安心できるお店にしました。買ったあとは、価格.comは見ないほうが良いと言われていましたが、昨夜見てしまったら同じお店でさらに1,000円ほど安くなっていました。決めた後にそんなことがわかると喜びが少しへこんでしまいますね。反省、反省。

さて7Dですが、まだ撮影はしていませんが、画質自体は普通に撮影すればKissX2に比べて大きな差が出るわけではなくて、むしろ、場合によってはKissX2の方が見栄えのいい写真になるケースもあると思います。しかし、使いこなした場合の表現力はまったく違うと思いますので、これからは自分の感性や腕を磨きながら写真撮影を一層楽しんでいきたいと思いますね。

早く7Dを持って撮影にでかけましょう!

pic20110329_01
Canon EOS 7D EF-S18-200 IS レンズキット
pic20110329_02
レンズと液晶のプロテクターも購入
pic20110329_03
レンズを装着
 
pic20110329_04
KissX2と7D
(SANYO DSC-SX150で撮影)
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/27(日)  震災後、現状つれづれ思うこと

「東北地方太平洋沖地震」が起きてから2週間が経ちました。

世の中一変ですね。

放射線の値で対象地域の方は混乱し、計画停電という現代生活での不自由に追い込まれ、テレビではACジャパンのCMがやけに目に付きます。

被害者が一万人を越えた地震による津波被害に対する報道も、原発事故に霞んでしまっているところもあって、人々の関心は被害の大きさではなく、自分に降りかかる放射線被害のほうだというのも当然なのかも知れません。

放射線被害については、いろんな人がいろんなことを言っています。私は素人ですのでどの人の判断が正しいのかはわかりません。拡散のイメージは、原発から光のような放射線が出ているというのではなくて、放射線をかすかに発生する花粉のような微細な放射性物質が漂っているというイメージは持っていますが、基準値の何百倍とか何千倍というのが実際にどれだけ人体に影響があるのかはわかりません。

私が小学生低学年の頃は、雨に濡れると放射能があるから毛が抜けると言われていました。広島や長崎の原爆の影響がまだ語られていた頃です。その時の日本の状況に比べると今の状況はどうなんでしょう。

この話題は、自分の知識がないので自分で語ることは控えてきました(控えるというよりも、語れない)が、いろいろとネットで専門家と言われる人の意見を読んでいた中で、この人の考えは違和感ないと思う人を見つけました。

その人は、以前から知っていた人で、「たかじんのそこまで言って委員会」という番組などで、ゴミ分別は環境に実は良くないという意見を発信していた、中部大学教授の武田邦彦という方です。最初はウケ狙いのうさんくさい人だなぁと思っていましたが、内容を聞くとけっこう説得力があって興味深い話をしてくれるというのが印象です。武田教授のブログは、ここです。内容を読んでどう思うかは人それぞれですが、少なくとも私は専門家ではない一般の方々の立場にたっての内容が多いと感じられて、納得できる内容が多かったですね。

武田教授が、「そこまで言って委員会」でおっしゃっていました。

旭化成のウラン濃縮研究所長だった頃、プラント建設の承認を役所から得たあとに、プラントの設計に放射性物質を出してしまうまずい部分があり、それを直すために設計変更を役所に話をしたところ、役所が承認した内容を変更することはありえないということで、設計変更を役所は認めなかったそうです。

責任を履き違えていますし、本来の目的(国民を守る)を忘れてしまっているようです。そういう役所の保身の体質は今でもかわらず、それがあの原子力保安院の無責任な態度になってるのですね。

さて、中部地方に住み、直接的には地震や津波や原発の被害もない私のできることですが、それはふたつしかないと考えて、日々暮らしています。

一つ目は、被災者の方々の直接的な支援をすること。本当は現地に行ったりできればいいのですが、現実的にできることは募金くらいになります。

二つ目は、元気な日本を取り戻すべく、経済的に元気にしていくこと。企業活動は影響が多くてなかなか元には戻せませんがとにかく今までの状況に早く戻す事を目指し、その他は普通にモノを買い普通に暮らすこと。

どれだけ考えてもこのふたつしかできることはないと思いますし、あえてバカ騒ぎをするような非常識さは別として、被害のない私たちまでが自粛したり沈滞していたりしていてはいけません。

今回の出来事で感じたのは、日本が災害時に強いのは政治や政治家や役所の力ではないということ。これは痛感しました。日本が災害時に強いのは、自分のことだけではなく被災したみんなのことを考える普通の人々の国民性なんですね。そういう人たちがいる限り、日本は必ず立ち直る。そう思います。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/25(金)  センス無さすぎ!

昼にネットでニュースを見て愕然。

「節電のために電気料金値上げを検討」
だとか。

与謝野経財相、あまりにセンス無さすぎ。

東京電力管内ではない私でも、何考えているのか頭の中を見てみたくなります。

関東の皆さんは、計画停電で不自由で不安な日々であるにもかかわらず、東北の被災者のことを考えたら協力しないとと思って我慢して受け入れているんだと思います。

協力してもらっているお礼として、不自由で不安な日々のお返しとして、電気料金を安くするのが政治であり、みんなの協力を継続してもらうための国の意志表明ではないのかなと私は思います。

節電のために値上げするなんて私が言われたら、そんなに信用してもらえないならどんどん電気使ってやります。

値上げなんていうセンスのないこと考えるよりも、停電での交差点での事故、救急病院の電源確保など、みんなが困っていることを先に考えるべきなんじゃないのかな。

与謝野経財相は嫌いではなかったですが、こういうセンスの人だったのかと非常に残念です。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/24(木)  テンプレート画像の変更~2011年3月24日~

テンプレート画像を変更します。

若い頃、さだまさしの「まほろば」を聞いて存在を知った馬酔木。
特に調べようともせず、私にとっては「まほろば」の歌詞の中の世界だけの存在でした。

何気なく撮影した花がその馬酔木だと知った時の驚き。
馬酔木とこんな出会いをするとは思いませんでした。

asebi

撮影データ (IMG_0024)
撮影日:2011年3月20日
撮影場所:本光寺(愛知県額田郡)
カメラ:Canon EOS Kiss X2
レンズ:Canon EF28-80mm f/3.5-5.6 USM
露出:1/50  絞り:F4.0  ISO:640
レンズ焦点距離:38.0mm

※テンプレート画像が古いままの場合は、ブラウザのページの更新を行ってください。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/23(水)  馬酔木との出会い

梅と椿を求めて」を読んだ友人が教えてくれました。
「可愛い花と書いてあった写真の木の名前は『馬酔木(あせび、または、あしび)』というのですよ。」って。

えっ!!

私は驚いてしまいました。

馬酔木といえば、さだまさしの「まほろば」の歌詞に出てきます。
(上の「まほろば」へのリンクは、私の大好きな、「青春音楽館」さんのページです。)
「まほろば」は私の大好きな歌で、その詞は秀逸だと思っています。

pic20110323_01その詞の中に出てくる馬酔木。

「まほろば」は、

   ♪春日山から飛火野(とぶひの)辺り
   ♪ゆらゆらと影ばかり 泥(なず)む夕暮れ
   ♪馬酔木(あせび)の森の馬酔木(まよいぎ)に
   ♪たずねたずねた 帰り道


という歌詞で始まります。

著作権の問題もありますので、ここにすべての歌詞は掲載できませんが、青春音楽館さんの「まほろば」で文学的で深い感性で綴られた歌詞を読んでいただきたいと思います。もちろん、メロディにのせて歌えば、さらにその世界が目の前に広がってくると思います。

とても心に残っていた馬酔木。
聞けばそれほど珍しくもない木のようですが、その馬酔木とこんな形で出会うなんて私としてはちょっと感動でした。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/20(日)  梅と椿を求めて

実は先月末に、カメラの18-55mmのズームレンズが壊れてしまいました。ピントを合わせるモーターが一方向にしか回らなくなり、ピントを合わせることができなくなりました。仕方がないので応急処置として、フィルム用のEOSKissの28-80mmのズームレンズを使用しています。この機会に、欲しいと思っているEOS7Dを買ってしまおうかな。

そんなカメラ状況ですが、今日は梅と椿を求めて、昨年の6月に行った本光寺に行ってきました。本光寺の6月の様子はこちらをご覧下さい。

梅園は本堂前にあり、6月に紫陽花が咲き誇る場所と同じです。梅の花は咲いていましたが、花よりも木の枝が目立つという感じで、ちょっと寂しい感じです。

pic20110320_01
山門
pic20110320_02
梅園
pic20110320_03
 
pic20110320_04
 
pic20110320_05
 
pic20110320_06
 

椿園は、本堂裏手の山の急な斜面にあります。150種、750本の椿が植えられており、斜面の途中にコンクリートで歩道が作られていますが、狭いし途中で割れていたりしていますので、脚を踏み外さないように注意が必要です。一番上には展望台もありますが、木々が邪魔であまり見晴らしは良くありませんでした。

椿園自体は立派だと思うのですが、椿の花は梅の花以上に期待はずれで、ポツポツと花が咲いているのみ。すでに散って地面に落ちている花もあれば大きな蕾が膨らんでいるという感じですが、時期が3月下旬から4月下旬ということですので、まだ早いということになるのだと思います。

pic20110320_07
椿園椿集
pic20110320_08
椿園ものがたり
pic20110320_09
椿園への道
pic20110320_10
椿園
pic20110320_11
 
pic20110320_12
 
pic20110320_13
 
pic20110320_14
 
pic20110320_15
 
pic20110320_16
 

名前はまだ調べてはいませんが、こんな可愛い花も咲いていました。

pic20110320_17pic20110320_18

6月に向けて、紫陽花がこれから育っていきます。

pic20110320_19pic20110320_20

今日は、途中から雨も降り出しましたので、椿が満開の時期にまたあらためて来たいと思います。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/20(日)  冬のサクラ・最終回

日曜劇場枠のドラマ、「冬のサクラ」が、今夜で最終回でした。

萌奈美を演じる今井美樹の笑顔や仕草、そして家族や病気に対する思いがとても優しかったです。さらに祐演じる草剪剛の素朴な人柄と一途な思いがとてもよく伝わってきました。その二人を固める出演者もとてもよかったと思います。

毎回、じーんと涙があふれるシーンがあったのですが、今夜の最終回スペシャルは、最初から最後まで泣かせてもらいました。人は優しくなれると強い、そして心を動かします。ラストシーンの写真の裏に書かれた萌奈美の文字を見たときは、涙があふれる感じの感動を覚えましたね。それまでの伏線があってこその感動だと思います。

今クールのドラマもクライマックス!」で今クールのお気に入りドラマを紹介しましたが、すっかり「冬のサクラ」を紹介するのを忘れていました。(今夜追記しました。)

このドラマは人を優しくしてくれました。
人を思うということはどういうことなのか考えさせてくれました。
腹立たしいことなどがあるとすぐに自己中心的な考えになってしまうことが多いですが、「優しく生きよう」、そういう気持ちにさせてくれました。

今クールのドラマではこの「冬のサクラ」を私のイチオシとしましょう。

舞台となった山形県はじめ、今回被害にあった地域の皆様に心よりお見舞い申し上げると伴に、地域の復興を心より願います。


さて、次クールの本枠では「JIN」が始まります。こちらも期待大です。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/15(火)  「Babylon」の無断侵略

先ほど地震がありました。
原発もどうなることか。

そんな状況の中の話題としてはどうかなとは思いますが、あえて不安を忘れるという意味も含めてどうでもいいような話題をすることにします。

「Baidu Typeの無断侵略」でも書きましたが、最近は何かインストールしたら余計なものがはいることが多いです。今回は、GOMPlayerのコーディックをインストールしたあとから、ブラウザに見慣れぬツールバーが表示され、新しいタブを開くとおかしな検索エンジンが表示されるようになってしまいました。

その名は、「Babylon」。
バビロンと読むようです。

コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を見てみると、「Babylon Toolbar」というものがあったので削除。しかし、ブラウザ(Firefox)の新しいタブを開いたときに表示される「Babylon Search」は消えません。

ネット検索で調べると、「Babylon」をインストールすると「Babylon」と「myBabylon_English」がインストールされるので、そのふたつを削除すれば綺麗になると書かれています。でも、あらためてインストールするのも怖い。

さらに調べると、Firefoxの場合、ツールのアドオンから「Babylon」を削除すればいいとの記述を見つけて、これだ!と思って実施。

Fierfoxを再起動させて新しいタブと開くと・・・、やりましたね。自分がツールで設定したページ(私の場合、空白ページ)が表示されるようになりました。

勝手にインストールは本当に勘弁してほしいですね。別に悪さをするプログラムではないようですが、知らぬ間にいつも使っている環境が異なるのは困ってしまいます。簡単に戻せればいいのですが、たいてい、戻すにはいろいろと苦労します。

また同じ目にあった時のために、備忘録として書いておきます。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/14(月)  もっと責任を・・・

東京電力も原子力安全・保安院も、もっと責任を自覚してほしい。

原子力安全・保安院は、「燃料棒が全露出した可能性がある」ということを評論家のようにおっしゃっている。自分達がなんとかしなといけない、こういう事態になったことは自分たちの責任でもある、そういった類の管理監督者としての当事者意識、プロ意識がまったく感じられない。

計画停電に対しては、利用者側はこういう事態なので協力するのは当然だし、東京電力側はできることならば停電しないほうがいいという努力もわかるが、一度決めた停電時間はきっちりと守らないと混乱するだけ。突然の停電が国民生活に影響をあたえるからこその計画停電なのだから、計画通りにきっちりとおこなうべきで、急に時間を変えたり停電をやめたりされたら困る人はたくさんいるはずなのだ。それに、公共機関への電力と、それ以外への電力を同じ土俵で考えるセンスも疑問を持ってしまう。

そもそもこういう事態が起きたのは、福島原発の非常用発電がうまく機能しなかったからで、東京電力はその原因をきちんと説明するところからスタートではないのだろうか。非常事態を想定しての訓練では正常に動いていたのか動いていなかったのか、津波の影響なのかどうか・・・

こういう動きをみていると、東京電力という企業に大きな不信感を感じてしまう。もちろん現場で作業している従業員の方々は一生懸命なのはわかっているが、きちんとしたマネージメントが機能しているのかどうか。私は、原子力発電は必要だと思うし、きちんとした危機管理をおこなえば危険なものだとは思わないが、この企業に任せておいていいのかどうかは大いに疑問を持ってしまった。

東京電力に振り回されるのはいい加減にしてもらって、早く本当の被災者救援にすべてのパワーを向けられればいいのだけど。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/13(日)  震災の特別番組を見て・・・

この土日は、チャンネルを変えながらずっと「東北地方太平洋沖地震」の特別番組を見ていました。

1000年に一度の大地震だと言いますが、それにしても悲惨な光景が次々と映し出されます。

なすすべもない、そんな感じです。
お見舞いやご冥福の言葉なんて、軽々しく言える状況じゃないです。

津波に対する日頃の心構え、それに限るとは思いますが、だからといって犠牲になった方々を誰も責めるわけにはいきません。今回はあまりにも突然で、あまりにも想像を絶する規模でした。

今回の震災の光景を見て、何を感じるかは人それぞれです。
私がここで何を言っても個々人の思いの方が重要です。


なので、震災の話以外で思ったことを少し。

ほとんどのキャスターやコメンテーター、専門家の方は良い対応をされていましたが、中にはどうなのかと思うような対応の人もいて、そういう人を見ると悲しくなったり腹が立ったり。

ヘリコプターのレポーターの中には、状況を伝えるのが仕事かもしれませんが、動く人や助けを求める人も光景と同じように伝えるだけの人もいました。そういう人は、倒れたバスや電車の中にいた人がどうなったかということにも興味を示さない対応をしています。

あるアナウンサーは、結果論ばかりで政府の対応をあげつらったり、被爆などという過激なことばで起きている事を大きく取り上げようという姿勢が露骨。自分のパフォーマンスばかりしか考えておらず、そこには被災者を慮る心はまるで見えません。そういう人に限って、官房長官の言っていること、専門家の言っていることの本質や技術をまったく理解できずに、自分の思い込みだけでトンチンカンに話の方向を決めていく。「とことん追求する報道魂」を売りにするならば、話題にする物事(今回は津波や原発ね)の知識を事前にもっと勉強しておくとか、相手の言っていることを理解する能力を磨いてほしいものです。(佐○木○洋さん、あなたですよ。)

結局、事実や専門的な技術情報だけをきちんと伝えてくれるNHKが、いろんなことを考えるには一番役立ったような気がします。


元通りの生活になるには、長い長い年月がかかるのはあきらか。

被災者に高齢者が多いのも心痛みます。

厳しい状況ではありますが、ぜひ早く、暫定的なものでもいいので穏やかに心身を休める環境を整備してあげることにも全力をあげていただきたいものです。


ところで・・・
計画停電て、どの時間にどこの地域が停電になるってわかるんですよね。
電力需給の問題はわかるのですが、防犯上は大丈夫なのかなぁ。
へんな事を考える人がいなければいいのだけど・・・。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/11(金)  東北地方太平洋沖地震

仕事中、15時少し前。

誰とも無く「地震じゃない?」といい始める。

言われてみれば、ゆらーりゆらーり揺れている。

いつもならば、すぐにおさまるのに、今回はぜんぜんおさまる気配がない。

気持ち悪い、ゆらーりゆらーりした揺れが続く。

嫌な予感。

そのうちに、突き上げるような大きな揺れがくるんじゃないかという不安が募る。

なんかとても長い時間。

ようやくおさまると、パソコンに向かい地震速報にアクセスしてみる。

宮城 震度6強。
一部に震度7の数字も見える。
東京も震度6弱と5強。

これは大変なことが起きている。

すぐに、東京方面に住む友人に安否確認のメールを送る。

こんな状況でメールが届くかどうかわからなかったが、とにかく送ると「大丈夫」との返事。

ほっとする。



夜にニュースを見ると、思っていた以上に被害は大きい。
特に津波がすごい。
火事も起きている模様。
中学生などの若い命が犠牲になったような未確認情報も飛び込んでくる。

ニュースは状況を淡々と伝えているが、その中に被害者の顔は見えない。
安否の確認ができない家族を探そうと必死な人がたくさんいるに違いない。
家を失って悲嘆にくれる人もたくさんいるに違いない。
どの局の特別番組も、まだそういう顔を伝えるまでの取材はできていないのが実状だろう。

これから、悲惨な状況が次々に明らかになっていくはず。
今は、被害が広がらぬように、マスコミは全力をあげてその役割を果たしてほしい。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/11(金)  今クールのドラマもクライマックス!

今クールで毎週見ていたテレビドラマは、

   ◆月曜日
    ・「最上の命医
       完全にツボです。感動多いですね。ただ、主人公が末期のがんというのは想定外。
   ◆火曜日
    ・「CONTROL~犯罪心理捜査~
       ストーリは好きですが、教授役の藤木直人が今一歩かなぁ。中途半端なキャラになっている?
    ・「美しい隣人
       こういうのは好きではなかったのですが、壇れいの奥様っぷりが良くて見ていたらけっこうはまった。
       仲間由紀恵の狂気っぽさもなかなかのもの。
   ◆水曜日
    ・「相棒season9
       毎回魅せてくれるストーリで今回も期待通り。個別には、第16話の堀内敬子が良かった。
   ◆木曜日
    ・「ホンボシ~心理特捜事件簿~
       まぁ、これは京都舞台の木曜8時の定番ドラマとして合格点。船越英一郎ですからね。
    ・「告発~国選弁護人
       旧知の仲の佐原(田村正和)と柳田(西村雅彦)が、古畑任三郎と今泉慎太郎に見えて面白かった。
       ストーリはイマイチ。田村正和の声のかすれた感情過剰な台詞はちょっと・・・。
    ・「外交官 黒田康作
       最初は面白く見ていたのだが、ちょっと飽きてきた。
    ・「示談交渉人
       最近見始めた。キングコング西野の演技にびっくり。ストーリも面白い。
       もっと早くから見てれば良かった。
   ◆金曜日
    ・「悪党~重犯罪捜査班
       非現実的だけど、その飛んでいるところが面白い。内山理名いいです。
    ・「LADY~最後の犯罪プロファイル
       なんといっても北川景子。それに尽きます。
    ・「バーテンダー
       相葉雅紀は、いつもほんわかしていい味を出しています。
       「マイガール」の正宗役もそうでしたが、けっこう泣かせてくれます。
   ◆日曜日
    ・「冬のサクラ
       今井美樹がとても素敵。心を優しくしてくれるドラマ。今回イチオシ。
    ・「Dr.伊良部一郎
       伊良部もマユミちゃんも、バカバカしくて弾けているけど、けっこうツボで面白い。
       しかも、尖端恐怖症、強迫神経症、強迫観念など、ひとごとではないので親近感を感じる。

といったところ。

すでに最終回になったドラマもありますし、いよいよクライマックスというドラマもありますが、けっこう楽しめるドラマが多かったです。心理捜査とかプロファイリングとかいうのが多かったのも特徴でした。

次クールには、私の好きな「おみやさん」がきますね。
楽しみです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/10(木)  プジョー 207で発散!

今年から担当している仕事が予想通りけっこう大変。
制御システム開発に関する専門知識も難しいし、専門外であるため判断も難しく、なかなか思うように進まない。

だから、ここのところ身体も気持ちも疲れ気味。

そういう顔をしていたら、「最近、中古だけどプジョー207を買ったので乗って発散する?」とここを知っている同僚が言ってくれました。本人も休日に走りこんでいるらしいのだけど、久しぶりにのマニュアルミッションのクルマも楽しそう。しかも欧州車。

さっそく今日、仕事が終わってから運転させてもらいました。

マニュアルミッションの感覚も久しぶり。高回転までエンジンを回すのも久しぶり。胸のすく加速感も久しぶり。乗り心地も道路のデコボコをけっこう拾って低速時はお世辞にも乗り心地が良いとは言えないのですが、スピードをあげると道路に吸い付く感じで安定感が出てけっこういい感じなのです。夕方なので通勤時間ということでなかなか思うようには走れなかったし、走りの楽しい道を走ったわけではないのですが、それでもけっこうな発散となりました。

最近はミニバンでのんびりエコ運転が主になっていますが、たまにはクルマを操る楽しさも経験しないといけませんね。以前は模型関係の友人のMR-Sで山道なんかを走っていたのですけどねぇ。

運転させてもらったあと自分のヴェルファイアに乗ったら、ステアリングの曖昧なこと。ブレーキもアクセルもレスポンスがとてもかったるく感じてしまいました。乗り心地だけはしなやかで快適なのですが、言い方を変えると道路から浮いているような感じで路面のダイレクト感が乏しい。まぁ、クルマの性格上当たり前のことで、比べても仕方がないのですけどね。

いい発散の機会をくれた同僚に感謝です。
ありがとう。

(ちなみに、その同僚はなんと女性です。)

pic20110310_01pic20110310_02
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/08(火)  コンパクト体脂肪計

勤務先の健康活動に参加し目標達成したということで、「コンパクト体脂肪計」なるものをもらいました。

机の上に置いてあったのを見つけた時は、嫌がらせかと思いましたよ、まったく。

注意報発令!」で書いたように、私の体脂肪率は27?28くらい。「こんな手のひらサイズのおもちゃみたいなもん、どうせ不正確で役に立たないだろう」と思って測定してみたら、あらら、それなりの数値が表示されました。

なんとかしなくてはいけませんね。

pic20110308_01
コンパクト体脂肪計
pic20110308_02
測定結果・・・
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/07(月)  眼鏡のフレーム交換

かなり前、かけていた眼鏡を引っ掛けて飛ばしてしまい、その時に眼鏡のヒンジとリムの接合部分が割れてしまっていました。そのせいで、フレーム全体に大きな歪みが出てしまい、目の中心とレンズの中心がずれてしまい、二重にものが見えるという不都合を感じていました。

さすがにこの不都合に支障を感じてきましたので、先週の水曜日にこの眼鏡を買った赤札堂に行って、同じフレームを調達することにしました。この際、新しいフレームとレンズにしても良かったのですが、フレームと私のレンズ(遠近両用の薄型)セットだと一万円をかるく越えてしまいますので、五千円ですむフレーム交換という選択にしました。どちらにしてもそう高くはないので、セコイ話ではあるのですけどね。そのフレームが今日入荷したので、さっそく新しいフレームにレンズ交換してきました。

新しいフレームにしたらなんと見やすいこと。やはり眼鏡は少しでも中心がずれるとダメなんですね。特に遠近両用のレンズだと微妙な位置ずれでも見にくくなってしまうようです。これからはこまめに調整に行くことにします。

pic20110307_01
ヒンジとリムの割れた接合部分
pic20110307_02
フレームを交換(左:旧、右:新)
pic20110307_03
旧フレーム:テンプルに大きな歪み
pic20110307_04
新フレーム
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ