いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

11/29(日)  事業仕分けについて思うこと

企業ならば、予算を確保するとき、予算消費を実行するとき、その2段階で上司や役員、予算管理部署に、その必要性を説明する。

その時、上司や、役員や、管理部署は、厳しい質問をして、内容とともに予算を必要とする人間(部署)のやる気や説明力を試す。

「2位じゃ何故いけないんですか?」

なんてことは、1位じゃないといけないとわかっていても、説明側がどう反応するか、どう説得力を持って説明してくれるかを試すために質問しているのであって、当たり前のことだ。説明できないと、「もう一度出直して来い」と言われる。言われた側は、今度は説得してやろうと思って、より理論武装をして挑戦する。それくらいの気概がないと、大事なお金を使うことは許されない。

事業仕分けというのは、そういう役割なのだ。

見識がないだの、冷たいだのいう話ではない。
見直しや凍結になった事業については、説明した側に「なぜ、仕分けチームを説得できる説明をできなかったのか」という問題を投げかけるべきであって、仕分けチームを批判するのは見当違いもいいところだ。

どんなに良いことでも、必要なことでも、その必要性を理路整然と説明ができなければ認められないのは当たり前だ。日本が技術立国として世界1位であるべきなんてことは、仕分けチームもわかっていると思う。あえて、そういう言い方をした背景を官僚や学者は知るべきだと思う。そんなの当たり前だろうというだけの説明では、大切なお金は使えない。

パフォーマンスだというのもいい。
見識がないというのもいい。
細部をあげつらうだけというのもいい。

しかし、我々国民が国のお金の使い方について、日頃思っていたのはああいう質問や投げかけではないのか。それを公開で実施したことに大きな大きな意味がある。その評価を横に置いて、彼らの役割を見ずに、事業仕分けを批判したりするのは、私は間違っていると思う。

ああいう作業は企業じゃ当たり前なのだ。
大きなお金、しかも自分のものではないお金を使うのならば、当たり前なのだ。

ましてや今の日本の財政は厳しい状況であり、すべてが必要だというだけで認めるわけにはいかない。きちんと説明でできる事業の優先度を高くし、説明できない事業は優先度低くするのはしごく理にかなっている。それでも必要だと思うならば、きちんと説明(精神論でななくて理論的に)する努力をすべきだ。

私は、事業仕分けという役割としては、充分見識のある作業をしてくれたと拍手を送る。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/26(木)  ハチロク

AEハチロクは大歓迎ですが、今日の為替のハチロクはねぇ・・・。

したたか、アメリカ。
したたか、オバマ。

日本政府は、不景気対策として、この状況を静観するのでしょうか。
このような状態が続くと、日本の基幹産業は本当にダメになってしまうかも知れません。

円高で輸入品が安い、海外旅行が安い、なんて言って喜んでいるレベルを越えています。

にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/25(水)  デジタルビデオカメラで「価格.com」初体験!

我が家のビデオカメラは、10年ほど前に買ったHi-8ビデオカメラです。

壊れることなく今まで子供のイベントには活躍してくれましたが、最近は家族の評判が悪くなってきていました。一番は重いとうこと。まわりの親たちはコンパクトで軽いビデオカメラで撮影しているのに、うちは腕の疲れを我慢しながらの撮影で文句が多くなっていました。カメラ撮影が私で、ビデオ撮影が奥さんや娘の役割なので、その声は無視するわけにはいかなくなってきていました。

実は、私は私で重さよりも画質が気になってきていて、ハイビジョンテレビではあきらかにHi-8画像は見劣りします。

pic20091125_01そんな状況であり、ようやく新しいビデオカメラを買う決心をしました。ターゲットは、メモリタイプの最新型です。HDDタイプは少し重いし、消費電力も大きいし、HDDは壊れやすいという印象があるんですよね。そういうことで選んだ機種は、SONY HDR-CX500V。デザインもしっくりきますし、手ぶれ機能も強力みたいですし、静止画も撮れますし、巷の人気もあるようですし、これに決めました。

機種が決まれば次はどこで買うかです。近くの量販店で交渉しましたが、80,000円を切るのが精一杯。最近の私は、あまり値引き交渉に熱意がありません。そこで考えたのが、「価格.com」の利用。いままでは、「価格.com」で最安値相場を見て、量販店での交渉材料にしていたのですが、最近は、そういう値引き交渉になかなか量販店も乗ってこなくなりましたし、交渉しても最安値までいくことは絶対にありません。だったら、材料にするだけではなく、使ってみましょうということにしたわけです。「価格.com」の安いお店だと、延長保証、送料、代引代を入れても7万円でしっかりとお釣りがきます。お店を吟味している間に、一番いいなと思ったお店は品切れになってしまい、仕方なく二番目によかったお店で注文しました。品切れのお店が再入荷するかどうかもわかりませんし、二番目のお店も品切れになったら後悔するとうことで決めました。11/22の日曜日夜に注文して、11/23が祝日だったので昨日商品の発送、そして今夜にはもう私の手元に届きました。

うーーーん、これはいいですね。もちろん、ビデオカメラ自体もそうですが、「価格.com」での安売り店からの購入がいいです。値引き交渉も必要なく、送料や保証の条件と、その店の評判から、淡々と選べばいいのが楽です。しかも、パソコンに向かってという作業だけで。

遅まきながらの「価格.com」利用デビューですが、これから物を買うときはちょっとクセになりそうです。ただ、冷静な判断は必要です。一番いいと判断したお店が品切れで二番目にいい店で買いましたが、今日見たら一番目にいいと判断したお店にまた商品が掲載されていました。このあたりは、半分賭けのようなものです。安いお店は、どんどん品切れになっていきますからのんびりもできませんが、あわてて妥協すると再入荷があって後悔ということもありますので、注文したらもう「価格.com」は見ないようにしたほうが穏やかでいられると思います。

さて、使ってみて初期不良がないかどうかはをよくチェックしようと思います。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/24(火)  「青春のうた」、本日で完結!

pic20091124_012006年1月31日に第1号が発行されて、ずっと買い続けてきた「青春のうた」。

とうとう100号完結となりました。

懐かしい歌にひさしぶりに出逢うことができました。
まだまだ聞きたい歌もありましたけど、このあたりが区切りとしていいのかも知れません。

今度はアイドル系の歌を中心とした、「青春のうた」を出してくれたら、また買うかも・・・
こういう企画もマンネリ気味ではありますが、ちょっぴり期待したいです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/22(日)  元気プロジェクト

pic20091122_01今日、こういうものが販売されました。

市が発行する商品券です。
10%お得な商品券で「元気プロジェクト」ということですが、販売所は発売1時間以上前から大勢の人が集まっていたそうです。これで元気が出るのかという気もしますが、これだけ人が集まるということは、多少の効果はあるのかも知れません。

我が家の女性陣も1時間前に行きましたが、整理券の最後から2番目というギリギリセーフでなんとかゲットできました。使えるお店はけっこう多く、しかもよく利用する店が多いので買いましたが、このくらいの金額は普通でも使う金額ですので、特別消費が増えるかどうかは我が家では疑問ではあります。

これも税金が使われているかと思うと、一部の人たちだけの「お得」でいいのかどうかという気もします。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/14(土)  手作りソーセージ体験!

今日は勤務先の親睦会に参加してきました。昨年は愛知牧場でのバター作りを楽しみましたが、今年は、デンパーク安城というところでソーセージ作りでした。

あまり、こういう親睦会には参加しなかった私ですが、部内のコミュニケーションをもっと密にしたいという思いと立場で、最近は楽しんで末娘を引っ張り込んで楽しむようにしています。今回は奥さんは都合がわるかったので、末娘とふたりでの参加となりました。

ソーセージ作りは初めてでしたが、肉(地元三河産の三河ポーク)をこねて腸につめるという楽しい作業です。腸詰は、下の写真のような機械にこねた肉をいれて押し出すという作業で、ちょっと気を抜くと細くなったり太くなったり、ひどい時は破れてしまったりと、ああだこうだと騒ぎながらの作業です。端を結ぶ作業もけっこう細かくて、「ああダメだ」とか言いながらの奮闘でした。

pic20091114_01
腸詰め作業風景
pic20091114_02
試食です!

できあがると、湯の中にしばらくいれて火を通してできあがりです。すぐに試食をしましたが、これがなかなかおいしい。やはり、自分たちの手作りというのは、それだけで特別なものです。

末娘は、ソーセージつくりのテーブルで一緒だった後輩の娘さんと仲良くなり、ソーセージ作りが終わった後もふたりでデンパークの中ではしゃぎまくりです。子供広場で遊んだり、森で遊んだり、消防自動車に乗ったり、ステージで歌を歌ったり。親たちは、やれやれといった感じでついてまわっていましたが、それもいいものです。

pic20091114_03
 
pic20091114_04
 
pic20091114_05
 
pic20091114_06
pic20091114_07pic20091114_08

なかなか楽しい一日でした。


【このエントリは、2009年11月22日に2009年11月14日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/09(月)  カーモデル多数、オークションに出品中!

少し余裕ができそうですので、カーモデル処分のため、オークションで多数出品中です。

年末に向けてまとまった数を整理したいと思っていますので、ご希望の方はぜひこちらでご協力をお願い致します。

それにしても、処分しても全然減った気がしません。
いったいいくつあるのでしょう・・・。

では、よろしくお願い致します。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/07(土)  娘とサイクリング

今日はとてもいい天気。

末娘と約束していたサイクリングに出かけました。

サイクリングと言っても、そんなに遠くに行くわけではありませんが、市内をぐるりとまわってきました。

初めての道を走ったり、途中の公園でふたりでブランコに乗って遊んだり、
コンビニに立ち寄って、飲み物飲んだり、唐揚げ食べたり。

どれくらい走ったかなぁ。

そういうときに便利なのが、「みんなの知識ちょっと便利帳の距離計測」
地図上で走った道をクリックして軌跡をつけていくと、距離が表示されるのです。

それで調べたら、8.851kmと出ました。

約9kmの自転車の旅でした。

サイクリング、気持ちよくていいのですが、私にとってはひとつ大きな障害があることが判明。
とにかく股間が痛いのです。
前立腺肥大の影響なのか、単純にサドルの形が悪いのか。
今日は、サドルに座布団巻きつけてなんとかしのぎましたが、次回からはもっと根本的な対策が必要かと思います。

なにはともあれ、親子でのサイクリングはいいもんです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/02(月)  芋煮会! 風にも負けず、雨にも負けず、寒さにも負けず・・・

2000年10月に始まった芋煮会も、今年でもう丸9年。私以外は30代だった仲間ももう40代です。今年は、メインシェフであるつるまるさんの仕事の休みにあわせて平日開催となりました。

場所はいつもの豊田大橋の下。午前中は晴天でしたが、風が強く、昼過ぎには雨がぱらつくという、アウトドアを楽しむにはけっこう過酷な天候でした。しかし、我々にはそんなことは関係ありません。風が吹こうが雨が降ろうが寒かろうが、とにかく集まってやることが楽しい。そういう気持ちが、今まで続いてきた我々のパワーです。

今回のメニューです。この他にも棒付ウインナーなんかも食べたりしました。

pic20091102_01
準備風景
pic20091102_02
秋刀魚
pic20091102_03
ナン
pic20091102_04
カレー
pic20091102_05
カレーにナンと天ぷらを入れて
pic20091102_06
芋煮鍋

カレーは多いかなと思う量でしたが、ナンと天ぷらとの相性抜群、とてもおいしくて完食でした。私は、ここでちょっと食べ過ぎて胃が張って少しの間ダウンしてしまいました。

食後のお遊びは、今回は「スポーツカイトで空撮」に挑戦です。この時、私は休憩中だったので直接楽しめませんでしたが、いい大人がこうして無邪気に遊ぶのは大好きです。他にもRollyさんの作ったプラモを見せてもらったり、今回も楽しい時間でした。

これが、空撮した映像です。いっせき堂さんの編集です。
pic20091102_07
スポーツカイトで空撮練習中


日付が2007.05.17になっていますが、今日空撮したものです。
かすかに私のヴェルファイアも映っています。


寒さに震えながらも、みんなで話をしていたらすっかりと日も暮れて、空には満月に近い月がくっきりと輝いていました。

自然と付き合うのには少しきつくなってきたことを悟ったのか、次回は温泉で一泊という案も出てきました。場所はどこでも、素直に童心に帰ることができて、何でも話しのできる友人と楽しめれば、それでいいような気がします。
pic20091102_08
空にーマーンーゲツ!

来年は芋煮会10周年です。
10周年記念温泉一泊で遊ぼうでもいいかも知れませんね、皆さん。
また楽しみましょう。


【このエントリは、2009年11月4日に2009年11月2日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

11/01(日)  鎌倉ぶらりひとり旅 ~和み地蔵のリーダーを探せ!~

9月13日に長谷寺に行きましたが、その時に見る事ができなかったものがありました。それは、和み地蔵のリーダー。今回、その和み地蔵のリーダーを探し出すべく、この土日にまた鎌倉に行ってきました。

「和み地蔵のリーダーに会う」というのが今回のメインテーマですが、鎌倉を何度も訪れながらも行っていない定番観光スポットがたくさんありますので、今回はその定番スポットもいくつか巡る日程としました。

いつものように小田原までは新幹線で行き、小田原から東海道線を使って鎌倉にはいります。鎌倉からは江ノ電で長谷で降ります。今回は時間にも余裕がありましたので、長谷寺の前に定番の鎌倉大仏に行くことにしました。長谷駅から北に向かって歩き、長谷寺に折れる長谷観音前交差点を通り過ぎ、しばらく歩くと高徳院の仁王門が見えてきます。

pic20091101_01
高徳院仁王門
pic20091101_02
鎌倉大仏
あの大きな鎌倉大仏ですから、さぞ広い場所、大きなお寺にあるのだろうと思っていたのですが、見つけた高徳院の仁王門はこじんまりとしていて少し拍子抜け。中に入っても狭い感じは同じで、拝観料を払い鎌倉大仏が見えるところにきてやっと広々とした場所となっています。それでも、私がパンフレットなどを見て想像していた広さに比べると、実際は狭いところにあるのだなぁという印象です。

ここでも、またミスをしてしまいました。写真を撮ったり、鎌倉大仏の内部を見学していたりしていたら、その先を見るのを忘れてしまったのです。大仏の奥にある与謝野晶子の歌碑を見るのを忘れてしまいました。ここもまたもう一度訪れてリベンジするつもりです。

高徳院を出て、来た道を南に戻ります。しばらく歩いて長谷観音前交差点を右手に曲がると長谷寺の山門です。

pic20091101_03
長谷寺山門
pic20091101_04
小さな和み地蔵・その1
さて、和み地蔵のリーダーはどこにいるのでしょうか。今回は、ひたすら和み地蔵を求めての境内の散策です。「小さな和み地蔵・その1」は、先回も見つけた彼岸花と一緒に撮影した地蔵たちです。

pic20091101_05
小さな和み地蔵・その2
pic20091101_06
小さな和み地蔵・その3
その2は先回歩かなかった眺望散策路の中に、その3は海光庵の出入り口の前で見つけました。リーダーではない和み地蔵もこんなにあったのですね。足元に小さくたたずんでいますので、和み地蔵という存在を知らないと気づかずに通り過ぎてしまうのではないでしょうか。その証拠に、長谷寺に何度も訪れている人が、この和み地蔵の存在を知らないということも聞いた事があります。

そしてやっと見つけましたよ、和み地蔵のリーダーを!

pic20091101_07
大きな和み地蔵
pic20091101_08
大きな和み地蔵と私
和み地蔵のリーダーというのは、子供大くらいの大きな和み地蔵のことです。今回見つけた場所は先回も歩いたところで、何故見つけられなかったのか不思議です。「なぁ?んだ、こんなところにいたのか!」と思わず叫びたくなってしまいました。いや、叫んでいたかもしれません。嬉しくてはしゃぎながら写真を撮っていましたら、今まで気にもとめずに通り過ぎていた人たちも「かわいい?!」と叫びだして人がたくさん集まってきました。外人さんにもウケが良いようで、外人カップルさんに「写真オネガイシマ?ス」と写真撮影を頼まれてしまいました。ついでに私も撮ってくれるように頼んで、ちゃっかりと和み地蔵のリーダーとツーショット写真をゲットできました。ただ、外人さんは和み地蔵のように手を合わせてポーズをとるんですよね。私は恥ずかしくて普通の格好で撮ってもらいましたが、そういうところが国民性の違いなんでしょうか。

最近、こういう観光地で写真撮影をしていると、よく写真を撮るのを頼まれます。昔は難しい顔していたのに、最近は頼みやすい表情をしているのでしょうかね。こういうことも、なんか旅の嬉しさです。

pic20091101_09
眺望散策路入口
pic20091101_10
由比ガ浜を望む
今回、長谷寺の中で初めて行ったところが紫陽花で有名な眺望散策路。そこから見渡す由比ガ浜の景色はとても素晴らしいものでした。来年の紫陽花の時期にまた来ることができればいいのですが。

メインの目的の「和み地蔵のリーダー」に出会えたということで、今回の目的はほぼ達成。次はのんびりと鎌倉の定番スポットに行くことにします。江ノ電に乗って鎌倉に戻るわけですが、その途中の定番スポットに寄っていきます。それは、和田塚にある甘味どころ「無心庵」です。江ノ電の線路脇から入るということでも有名なところです。

pic20091101_11
無心庵
pic20091101_12
無心庵・奥の部屋
pic20091101_13
クリームあんみつ
pic20091101_14
無心庵の中庭
線路脇の入り口をはいると、小さな民家のようなたたずまいのお店です。中にはいると、畳の上にテーブルが6個(4個だったかな?)ほど。ひとつのテーブルに4人ですからそれほど多く座れません。私の前に待っていたお客さんがそのテーブルの空いた席に案内されると、私は奥の部屋に案内されました。奥にこんないい雰囲気のスペースがあるのかと感動してしまいました。窓の外には垣根をかすめて江ノ電が走ります。注文したのは「クリームあんみつ」。とてもいい気分で定番スポットを楽しむことができました。

次は、鶴岡八幡宮にいくことにし、江ノ電で鎌倉に戻ります。

pic20091101_15
江ノ電鎌倉駅・駿河屋本舗
pic20091101_16
鎌倉コロッケ
何度も来ている江ノ電鎌倉駅ですが、いつも前を通り過ぎていた「鎌倉コロッケ」を食べたくなり、買ってしまいました。素朴なコロッケらしいコロッケの味で、サクサクとてもおいしかったです。

pic20091101_17
鎌倉駅東口
pic20091101_18
段葛
初めて鎌倉駅の東口に出て、鶴岡八幡宮に向かいます。

鶴岡八幡宮に向かうには、お店の多い小町通りとメインの参道の若宮大路があります。小町通りは帰りの楽しみにして、行きは若宮大路の段葛を歩くことにしました。段葛とは、二の鳥居から鶴岡八幡宮までの若宮大路の真ん中にある一段高い歩道のことを言います。春には両側の桜がきれいだそうです。

しばらく歩くと三の鳥居が見えてきて段葛も終わりとなります。三の鳥居からはいよいよ鶴岡八幡宮の境内です。

pic20091101_19
三の鳥居
pic20091101_20
舞殿
pic20091101_21
大銀杏
三の鳥居をくぐってしばらく参道を歩くと、舞殿が正面に見えてきます。ここは、静御前が源頼朝の命で白拍子の舞を舞ったといわれているところですが、この舞殿はそれより新しくて、実際に静御前が舞ったのは別の場所という説もあるそうです。

舞殿の後ろには本宮に至る階段がありますが、その左脇に大銀杏があります。鎌倉幕府二代将軍頼家の子公暁がこの銀杏の木に隠れていて、叔父の三代将軍源実朝を討ったといわれているところです。樹齢1000年といわれていますが、そうすると当時は隠れるほどの木だったのかなという疑問もあります。とにかく、その暗殺によって鎌倉幕府における源氏は途絶え、以降は北条氏の執権政治となっていくわけです。
pic20091101_22
本宮
pic20091101_23
源氏池
本宮を見て、若宮、白幡神社をぐるりと歩いて戻ると、源氏池に突き当たります。北条政子が平家池とともに作らせたといわれています。源氏池は、季節によっては一面蓮でいっぱいになるそうです。一度、そういう季節にも訪れてみたいものですね。

ぼんやりと源氏池を眺めていたら、すっかり日が暮れてしまいました。帰りは賑やかな小町通りで食事をして一日目の行程を終了とします。

二日目は、午前中はいつものように鉄道撮影を楽しみます。この地にきたら鉄道撮影は欠かせません。今回は大船駅北の笠間跨線橋から狙ってみましたが、京浜東北線がなんとかまともに撮影可能という感じでいろんな列車を狙うのは難しい場所でした。しかし、東海道線、横須賀線、京浜東北線が次々と走るのを見ているだけで至福のひとときです。一度車で来て、思う存分鉄道写真を撮りたいものだと思います。

pic20091101_24
笠間跨線橋から北を望む
pic20091101_25
N'EX259系と横浜線回送205系
撮影を楽しんだあとは、北鎌倉の円覚寺に行くことにします。円覚寺では、ちょうど11月1日から3日までの間「宝物風入」をやっており、円覚寺の所蔵する文化財を虫干しを兼ねて展示しています。同時に、普段は公開されていない国宝舎利殿も公開されています。

円覚寺は、つい、「えんかくじ」と読んでしまいそうなんですが、正しくは「えんがくじ」と言うそうです。鎌倉幕府の執権、北条時宗が創建したお寺です。思っていた以上に広くて見所も満載で、さらに文化財展示を見たりしていたら、とても予定していた時間では足りませんでした。国宝の「洪鐘」も見る事ができませんでしたし、見晴台からの景色を楽しむこともできませんでした。

pic20091101_26
円覚寺総門
pic20091101_27
総門から山門を望む
pic20091101_28
山門
pic20091101_29
宝物風入(大方丈・書院)
pic20091101_30
黄梅院
pic20091101_31
舎利殿
今回も楽しい旅でした。定番スポットはずしも通っぽくていいですが、今回のような定番スポットも充実感があっていいものです。まだまだ行きたいところはたくさん残っていますし、一度行ったところでも季節が違えば違う顔を見ることができます。今回行った長谷寺も、9月に行った時とはまったく違った雰囲気でした。季節の木々、草花がいかに日本の景色に重要なのかをあらためて感じました。

しばらく、鉄道と歴史を両方楽しめる鎌倉ブームは続きそうです。また機会を作って行くことにしましょう。


【このエントリは、2009年11月3日に2009年11月1日付で掲載しました。】
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ