いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

06/29(日)  激痛の休日

この土日は散々でした。

紫陽花を見に行こうと思っていましたし、キッズランドの割引券があるので久しぶりに末娘と買い物にも出かけようと思っていました。

それがすべて吹き飛んでしまいました。

その散々な出来事のはじまり、そう、あれは金曜日の午後17時半ごろでした。

一週間の仕事のまとめをパソコンに向かって書いていた時、何気なく右足を左足の上に組んだのです。脚を組むなんぞ何処にでもある光景、特にどうってことあるものではありません。

しかし、その行為は、私にとっては時には大変なことを引き起こすきっかけとなるのです。

その後から、左の背中から腰にかけて違和感が出てきたのです。まずいなぁと思っているとその違和感はだんだんと痛みに変化していきます。これはまずいと思い、もう少しする予定だった仕事を早めにきりあげてクルマに戻り、そこでしばらく横になって痛みがおさまるのを期待しました。

でも、その日は様子が違います。シートを倒して横になると、さらに痛みが激しくなっていきます。その後予定していた知人との約束も涙をのんでキャンセル。顔をしかめながらのクルマの運転で家にたどり着いたら、もう、リビングに駆け込むや否や倒れこんで「痛い、痛い」の絶叫です。

この経験、初めてではありません。

2001年の12月を最初に過去4回ほどあります。
そしてそれはいつも、その激痛を4時間から5時間耐えると嘘のようにすっと治るのです。
自分では勝手に、結石ではないかと思っているのですが、正確に診断してもらったことはありません。

今回も、我慢我慢と左の背中、腰、わき腹の激痛に耐えていたのですが、今回はいつもと様子が違います。金曜日の夜が過ぎ、土曜日も一日が過ぎ、激痛はさすがに奥さんのマッサージなどで多少おさまったものの、嘘のようにすっと治るという感じではなく、身体をちょっと動かすとまた痛みが激しくなるという繰り返しだったのです。それに鈍痛がいつもあって不快そのもの。

日曜日になってもその状態では、さすがに明日からの仕事が心配になってきます。

仕方が無いので、いつも行っている病院の救急外来に行くことにしました。
救急外来は経験の乏しい若い先生が多くて本当は嫌なんですが、痛み止めだけは手に入れておかないとと思い、奥さんのクルマに乗せてもらって左半分の背中から腰にかけての痛みをこらえながら出かけました。

手続きを終えて待合室の椅子に座って待っているわけですが、それ自体が苦しくて苦しくて。看護士さんにベッドで横になりたいと言おうかと思っていた時、下腹部でへんな痛みを感じはじめました。その痛みに気を取られていると、あらら、背中の痛みがまったくなくなっています。そのなくなり方も、少しおさまったというレベルのものではなく、完全にすっきりおさまっているのです。それまで脂汗をかきながら座っていたのに、それ以降座っているのも平気になりました。

素人考えですが、たぶん、結石がどこかに移動したんじゃないかと思います。
腎臓から膀胱にでも移ったのでしょう。(これは本当に素人推測)

そんな状態で診察室に呼ばれても、私の切迫感がもうありません。
先生と適当な雑談になってしまい、こいつはなぜ救急外来で来たのかと思われたに違いありません。もちろん、待合室での状態も話をしましたが、この若い先生の所見は筋肉痛ということでしたので、まったくもってまともにとりあってもらえませんでした。

まぁ、筋肉痛でもなんでも治ったのですからいいのです。
病院に来て待合室の椅子に座っていたから治ったということで、自分の行動も正しかったと納得させました。この治り方は絶対に大丈夫と思いながらも、万一また痛くなったらということを考えて、痛み止めだけいただいて帰宅しました。

それにしても、この症状の激痛は痛みに弱い男にとっては情けないほど恐怖です。
子供のように「痛い、痛い」とわめき散らしてしまいますから。

病院から帰宅してもう6時間あまり。
「篤姫」を横になって見ていても、こうしてパソコンに向かっていてもまったく痛みはでません。
たぶん、もう大丈夫でしょう。

とんでもない休日となってしまいました。
でも、これもまた、面白い経験ではあります。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/24(火)  前立腺生検

今、病院での一泊を終えて帰ってきました。

何をしに一泊してきたかというと・・・
4月に出た勤務先の健康診断結果でPSAマーカに異常値が出たので、その精密検査として前立腺の生体検査をしてきました。

この検査、甘くみていましたね。

女性が出産するのと同じ格好で寝かされて、肛門に超音波プローブを入れられて、それを見ながら股間に8本の針を刺されるというものです。
針は刺されたと思うと、パーンと音がしてびっくりします。
麻酔も完全に痛みが取れるものではなく、刺されるときにはけっこう痛みがあります。
それと、そもそも前立腺を傷つけているからか、へんな火照り感とそれによる気持ち悪さが襲ってきます。

たかが8本、されど8本。
すべて終わるまでは、けっこう辛かったですね。

検査自体は病室を出てから戻るまで30分くらいなのですが、検査後その気分の悪さが続いて、元に戻るのに2時間ほどかかりました。

最初の尿は、血の色。
たまに血の塊も出てきます。
でも、スムーズに量がでるので、まずは問題なし。

精液にも血が混じるとのことですが、さすがに精液は出していませんし、出す元気もありません。
いや、怖くて出せません・・・。

一晩、様子を見て、今朝退院。
検査結果は1週間後。

前立腺炎症痕や肥大が超音波で認められるので、PSAの数値はそのせいかなと先生はおっしゃっていましたが、安心はできません。結果が出るまではやはり不安ですね。

なにはともあれ、また面白い経験をしました。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/22(日)  写真データ、復活!

一連の作業で疑いが濃くなった、カードリーダ。

私の自作パソコンについているカードリーダは、MITSUMIの「FA901B」という内蔵マルチカードリーダ。
2003年に自作パソコンを製作した時に買ったもので、確かに古いシロモノです。
でも、だからといって、1GBや2GBのSDカードがちゃんと使えないというのならばわかりますが、たかが512MBのSDカードが使えないというのは俄には信じがたいものがあります。

でも、今の状況証拠からはカードリーダ以外に原因は考えられません。

我が家の家族共用パソコンにつけているUSB接続のマルチカードリーダを持ってきて、私のパソコンに接続します。

そこにSDカードを入れて、問題の写真のデータを「データ復活パートナー」で復活させます。
復活させたJPEGファイルをクリックします。

開きましたよ!正常に!

やっぱり、内蔵カードリーダが512MBに対応していなかったのですね?。
512MBのSDカードの容量はちゃんと認識できるし、アクセスも正常。
なのに、256MBあたりからのメモリアクセスが正常にできないという、なんとも恐ろしげなもの。
パソコンから読み出すだけならば正常に読み出せないで済みますが、書き込むとたぶん、最初のデータを壊してしまうことになると思います。
大容量(512MBが大容量とは思えませんが)の外部メモリを問題なく使えているからといって、古い機器で安易に使っていると、とんでもないことになる可能性がありますので注意が必要です。

原因がわかれば、次にやることはひとつ。
うまく読めなかった写真のデータをすべて復元しライブラリフォルダに格納して完了です。

こういうトラブルは、原因がわかってしまえばなんだ簡単なことだったと思うものですが、それを確信するまでにはいろいろと勉強になりました。
JPEGファイルなんて、いつもお世話になっているくせに、どういう中身なのか意識もしませんでした。
こういうトラブルが起きた時が、パソコンの知識を高める一番の機会だと思いますね。
それといつも思うことですが、フリーソフトのありがたさもあらためて感じました。

今後の再発防止策は、
 ・データは「移動」ではなく「コピー」にする。
 ・移した先のデータが正常かどうかを確認する。
 ・正常に移せたことを確認した上で、元データを削除する。
ということかなと思います。

とにかく、諦めないでよかった、よかった!


ちなみに、私の今使っているデジタルカメラで撮影したJPEGデータには、下記のような情報が入っていることがわかりました。皆さん、ご存知でしたか?

00000014-0000009D 0th IFD Tag-11 Next IFD 0000082E (Value-00000822)
00000016 010F メーカー名 Panasonic
00000022 0110 モデル名 DMC-FZ10
0000002E 0112 画像方向 先頭の行が上、列が左(回転なし)
0000003A 011A 画像の幅の解像度 72
00000046 011B 画像の高さの解像度 72
00000052 0128 画像の幅と高さの解像度の単位 インチ(dpi)
0000005E 0131 使用ソフトウェア名 Ver1.05
0000006A 0132 ファイル変更日時 2008:05:26 20:45:06
00000076 0213 YCCの画素構成(YとCの位置) 一致
00000082 8769 Exif IFDへのポインタ 000001AE (Value-000001A2)
0000008E C4A5 PrintIM Version-0250 14 entrys 208 bytes

000001AE-0000037B Exif IFD Tag-38
000001B0 829A 露出時間 1/60 秒
000001BC 829D 絞り値(F) F2.8
000001C8 8822 露出プログラム ノーマルプログラム
000001D4 8827 ISO感度 150
000001E0 9000 Exifバージョン Version 2.2 (Exif Print)
000001EC 9003 現画像データの生成日時 2008:05:26 20:45:06
000001F8 9004 デジタルデータの生成日時 2008:05:26 20:45:06
00000204 9101 各コンポーネントの意味 YCbCr
00000210 9102 画像圧縮モード 4 bit/pixel
0000021C 9201 露出時間(APEX) 5.91 (換算値 1/60 秒)
00000228 9202 絞り値(APEX) 3 (F値換算 F2.8)
00000234 9204 露光補正値(EV) ±0
00000240 9205 レンズ開放F値(APEX) 3 (F値換算 F2.8)
0000024C 9207 測光方式 分割測光
00000258 9208 光源 フラッシュ
00000264 9209 フラッシュ 強制発光
00000270 920A レンズ焦点距離 15.0 mm
0000027C 927C メーカーノート 000003E4-000005EF 524 bytes
00000288 A000 対応FlashPixバージョン FlashPix Format Version 1.0
00000294 A001 色空間情報 sRGB
000002A0 A002 実効画像幅 2304
000002AC A003 実効画像高さ 1728
000002B8 A005 互換性 IFDへのポインタ 00000810 (Value-00000804)
000002C4 A217 センサー方式 単板カラーセンサ
000002D0 A300 ファイルソース デジタルカメラ
000002DC A301 シーンタイプ 直接撮影された画像
000002E8 A302 CFAパターン 2x2 GR BG
000002F4 A401 カスタムイメージ処理 ノーマル
00000300 A402 露出モード 自動
0000030C A403 ホワイトバランス 自動
00000318 A404 デジタルズーム倍率 0
00000324 A405 35mmフイルム換算の焦点距離 90 mm
00000330 A406 シーンキャプチャーモード 標準
0000033C A407 ゲイン制御 Low gain up
00000348 A408 コントラスト ノーマル
00000354 A409 彩度 ノーマル
00000360 A40A シャープネス ノーマル
0000036C A40C 被写体距離範囲 近景

00000810-0000082D 互換性 IFD Tag-2
00000812 0001 互換性識別子 R98
0000081E 0002 互換バージョン 0100

0000082E-00000893 1st IFD Tag-8
00000830 0103 圧縮種類 JPEG圧縮
0000083C 0112 画像方向 先頭の行が上、列が左(回転なし)
00000848 011A 画像の幅の解像度 72
00000854 011B 画像の高さの解像度 72
00000860 0128 画像の幅と高さの解像度の単位 インチ(dpi)
0000086C 0201 サムネイルへのポインタ 000008A4 (Value-00000898)
00000878 0202 サムネイルのバイト数 10,024 bytes
00000884 0213 YCCの画素構成(YとCの位置) 一致

000003E4-000004D5 MakerNote(0000000C) PANASONIC Type 1 Tag-19
000003F2 0001 画質 ファイン
000003FE 0002 ファーム版数 30 31 30 30
0000040A 0003 ホワイトバランス オート
00000416 0007 フォーカスモード オート
00000422 000F AFモード 3点AF
0000042E 001A 手ぶれ補正 モード2(シャッター時のみ)
0000043A 001C マクロモード OFF
00000446 001F シーンモード プログラム
00000452 0020 オーディオ なし
0000045E 0021 Data Dump 000004D6-000005EF 282 bytes
0000046A 0022 かんたんモード OFF
00000476 0023 ホワイトバランス補正 0
00000482 0024 フラッシュ補正 0EV
0000048E 0025 製造番号 S04031*******
0000049A 0026 Unknown Version? 30 31 30 30
000004B2 0028 カラーエフェクト OFF
000004BE 0029 電源投入からの経過時間 62.02秒


また、JPEGファイル全体の構成は下記のようになっています。

Address Length Message
00000000 ****** SOI :Start Of Image ******
00000002 [2FEE] APP1 :Exchangeable image file format (Exif)
        00000014-0000009D 0th IFD Tag = 11
        000001AE-0000037B Exif IFD Tag = 38
        00000810-0000082D Interoperability IFD Tag = 2
        0000082E-00000893 1st IFD Tag = 8
        000008A4-00002FCB Thumbnail
00002FF2 [0084] DQT :Define Quantization Table
        00002FF6 QT0-8bit CRC-3149FE59
        00003037 QT1-8bit CRC-6082D88D
00003078 [0011] SOF0 :Start Of Frame 0 - Baseline DCT
        2304[0] x 1728[0] pixel - 24bit color (YCbCr 4:2:2)
        ComponentID-01 Y 2x1 QT0
        ComponentID-02 Cb 1x1 QT1
        ComponentID-03 Cr 1x1 QT1
0000308B [01A2] DHT :Define Huffman Table 【汎用ハフマンテーブル】
        0000308F HT0-DC 汎用輝度HT-DC
        000030AC HT0-AC 汎用輝度HT-AC
        0000315F HT1-DC 汎用色差HT-DC
        0000317C HT1-AC 汎用色差HT-AC
0000322F [0004] DRI :Define Restart Interval (MCU blocks=0)
        ▲ 不要DRI
00003235 [000C] SOS :Start Of Scan 0-63[00]
        HT Selector[DC/AC] Y[0/0] Cb[1/1] Cr[1/1]
00003243 ****** Image Data ******
        Data Size 1,347,681 bytes
0014C2A4 ****** EOI :End Of Image ******
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/21(土)  写真データの復活作業、その後。

デジカメで撮影した写真データの復活作業、その後。

まずは、SDカードからセクター単位でデータを抜き出すツールの準備。

いろいろとネットで検索して、最初に見つけたのが、「Sector_viewer」というツール。
これは、ドライブを指定して、オフセットセクターと読み出しセクター数を入力すると、そのダンプイメージがバイナリ出力されるというもの。
これは仕様的には文句なし。

で、早速インストールして実行してみると、オフセットがまったく効かない。
つまり、いつも最初のセクターからしか読み込めないという状況。
使い方が悪いのか、環境が悪いのかわかりませんが、仕様どおりに動いてくれません。

他に探してみるものの、なかなかぴったりのものがありません。

諦めかけていたところに見つけたのが、「ディスクダンプエディタ」というツール。
シェアウェアですが、30日の試用期間があるので、とりあえず使ってみます。

読み出すセクターを指示すると、ちゃんとそこのデータを読み込んでくれます。
しかし、表示は1セクターのみ。読み込みも1セクター単位。
これでは、写真のデータを丸ごと抜き出せません。
だめだなぁと思っていたのですが、バイナリデータに保存はできるのかなと思って、「ファイル/名前を付けて保存」を行うと、なんとそこで、開始セクターと終了セクターを指示できるではありませんか。

やったぁーと思いましたね。

早速、SDカードの内容をまとまった単位でバイナリーファイルに落とします。

私が使っているSDカードは512MB。
1セクター=512バイト(ちなみに、1クラスター=32セクター)ですので、50000セクター(約25MB)ごとに20ファイルに落とすことにしました。

SDカードのバイナリデータを無事ファイル化できましたので、次はこれをJPEGデータに分割していくためのツールを探します。

それで見つけたのが、「JpegAnalyzer」というフリーソフト。
このツールは優れものです。
セグメント単位にコピーや削除が簡単にできますので、JPEGファイル形式を知っていると、かなり自在に断片化しているデータまで含めてJPEGファイルを復元できます。

ここからはもう力勝負です。

50000セクター単位のバイナリデータを「JpegAnalyzer」に放り込んで解析を行うと、マーカを読み取ってセグメント単位のわかりやすい表示をしてくれます。
もちろん、横には16進のダンプデータもリンクして表示されます。
バイト単位でマーカの挿入・削除もできますので、ダンプを見ながら自在にマーカを入れてブロックわけして削除したりすることも可能です。
根気よく順番にひとつのJPEGファイルとして成り立つようにデータを抜き出して、ひとつひとつJPEGファイル化していきます。
断片データも適当なSOIセグメントなどを付けてファイル化していきます。

この作業を続けていくと、SDカードの中のデータがセクタ順にみごとに甦っていきます。
もちろん、ダンプから復活していますので、削除されているかどうかなど関係なく、上書きされていないデータはすべて復活します。

根気よく作業を続けて、ようやく問題の表示できない画像のところに来ました。
期待としては、見事に見えていなかった写真が復活!と思っていたのですが、結論はダメでした。

問題の写真データのところにくると、ダンプ情報が一変するのです。
そのあたりは、SDカードを買って初めて使うエリアだったので、データが書かれていないところは「FF」になっていたのに、問題の部分が過ぎたあたりから、きれいな「FF」ではなく、明らかなゴミデータが見えるのです。
しかも、それ以降復活できる画像は、最初に復活した画像と同じものばかりになります。

つまり、あるところから、もとに戻っているような感じなのです。
SDカードの実メモリ上がこんな状態とはとても思えません。

こうなると、データを読み込むときにSDカードのメモリ上の内容をある時点から正しく読み取っていないということになり、その一番の疑いはカードリーダということになります。

だんだんと状況が見えてきました。
写真データ復活まで、あともうひと頑張りのような気がします。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/17(火)  芸術家魂と技術者魂に燃える!

先の土日、写真を撮るために出かけたことを書きましたが・・・
帰って来て、けっこうショックなことに遭遇しています。

今回撮影した写真は約ン百枚。
(デジタルだからできる枚数ですねぇ。私の場合、ケチな性分なのでフィルムじゃ考えられません。)

SDカードからパソコンに転送、保管して、さて画像をチェックしようとして縮小版表示にしたところ、最後の数十枚がアイコン表示のまま・・・。

嫌な予感がしてクリックしてみると、
「プレビューできません」との表示。

ならば、Photoshopで表示させようとしたら、
「開くことができません。不明または無効なJPEGマーカーが見つかりました」という表示。

もう目の前まっくらです。
二度と同じものは撮影できませんからね、写真というものは。
最後の数十枚には、けっこうお気に入りのものがあっただけに、余計にショックです。



と、ここで諦めたら、情処理技術者の資格が泣きます。

もともと画像データが正常にSDカードに書かれていないという可能性もありますが、管理情報がおかしくなっているだけで正常な画像データは記録されているという可能性もありますので、修復にトライしてみたくなりました。

すぐに、SDカードのメモリを保存しておきます。
ファイル移動でパソコンに移しましたが、上書きされていないので、データ復活ソフトで生き返らせてオリジナルのファイル保存と、バックアップソフトでSDカードの内容を丸ごとコピー保存。

次に、「敵を倒すには敵を知れ」との言葉通り、JPEGフォーマットのお勉強。

セグメントで構成されている。
セグメントの開始の目印がマーカーと呼ばれる。
セグメントには、
 ・先頭のSOIセグメント
 ・圧縮方式などの定義のAPPセグメント
 ・量子化テーブルが収められているDQTセグメント
 ・ハフマン符号表(懐かしい!私の卒論のテーマは画像圧縮でしたから)を収めているDHTセグメント
 ・画像データの前にあるSOSセグメント
 ・修了のEOIセグメント
などがある。

JPEGファイルのフォーマットの理屈はわかりました。
わかりましたが、それで画像が修復できるかというと、そんな簡単なものではありません。
そもそも、大量のダンプ情報を見て解析し、修正するのはまず不可能。

そこで、次は、修復ツールの探索です。
探してみるとありました。

JPEGファイルのダンプを表示して手動で修正するのを助けてくれる、「JPEGファイルエディタ」。
JPEGファイルの自動修復ツール、「JPEG REMEMBER」。

前者はフリーソフトなので、早速やってみましたが、なかなか難しいです。
デジカメのJPEGファイルはExifフォーマットというJPEGの拡張形式なので、余計にややこしいのです。

後者はシェアウェア(3200円)なのですが、独自アルゴリズムで自動修復が可能のようです。
ただ、私のケースにうまく対応できるのかどうかよくわかりません。
もし、「JPEG REMEMBER」を使った方がいらっしゃれば、どのくらいの確率で修復できるものなのかを教えていただければありがたいです。
最終的にはこのソフトに頼るしかないかなという気がします。

でも、それでは自分で修復したという達成感は得られません。
とりあえずは、JPEGファイルの中身をもっと理解し、「JPEGファイルエディタ」でダンプを眺めていじって修復作業をしてみたいと思っています。



はっきり言って、この修復に私はしばらく命をかけたいと思っております。
自分で撮影した写真を見たいという芸術家魂と、修復くらい自分でできるだろうという技術者魂に燃えているんです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/14(土)  よ こ は ま い れ ぶん?

今、横浜夜の11時。

最近、趣味の写真を撮るためによく横浜近辺に出かけることが多いです。

横浜の歌はいろいろとありますが、私が一番よく口にするのが木之内みどりの「横浜いれぶん」。

 ♪よこはまいれぶん
 ♪よこはまいれぶん


というフレーズがしっかりと私の頭の中には残っています。

こんな歌しか浮かばんのかい!と言われそうですが、当然他にも浮かびますよ。

元祖アイドル系では、

 ♪まちのあかりが とてもきれいね ヨコハマ
 ♪ブルーライト ヨコハマ


ニューミュージック(死語?)系大御所では、

 ♪追いかけてヨコハマ あのひとが逃げる
 ♪残したすてゼリフに 誰か見覚えはありませんか


演歌系大御所では、

 ♪よこはま たそがれ
 ♪ホテルの小部屋


なんかが浮かびますね。

別に、「ホテルの小部屋」でひとりさみしくブログを書いているからといって、心が「たそがれ」ているわけではありませんが。

 ♪横浜のはいった歌だって それは沢山あるからねぇ
 ♪ワルイなぁ 他をあたってくれよ
 ♪・ ・ ・ アンタ あの歌の何なのさ
 ♪港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ


なんていうので締めくくりとしましょう。

鎌倉、江ノ島あたりも一度のんびりと訪ねようと思っていますので、その時は、その地名が入った歌でも集めてみますか。


にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/07(土)  最近の愛用品

pic20080607_1最近の愛用品2品。

ひとつめ。

顔や手がすぐにアブラでベトベトになる私が、最近見つけて愛用しているのが、このフェイシャルペーパー。
もう少しわかりやすくいうと、洗顔ペーパー。
ベトベトになった肌をさっぱりとリフレッシュしてくれます。

42枚いりで400円程度。
机の上においておくと何かと重宝です。

これは私みたいにまだまだ枯れていない肌の人に必要なものであって、アブラも出ない枯れた人には無用の長物だと思います、はい。

pic20080607_2ふたつめ。

私の勤務先はカメラ付携帯電話の持ち込みが禁止というのは何度も書いています。
勤務先からカメラ無携帯電話を一台専用でもらっていますので、昨年、自分の個人携帯電話をカメラ付携帯電話に変えて、プライベート時間はカメラ付携帯電話で楽しもうと考えました。

しかし、実際そういう使い方をしてみると、勤務先に持って行かない個人携帯電話は連絡がつく時つかない時ができてしまい、結局連絡がいつもとれる勤務先の携帯電話ばかり使うようになって、個人携帯電話はほとんど使う機会がなくなってしまいました。

そうなると、必要に迫られて個人メールも勤務先携帯電話に転送しなくてはならず、結局すべて勤務先携帯電話で用が足りるようになってしまいました。

でも、そうすると問題となるのは、仕事利用と私的利用の区別が曖昧になってしまうこと。
これは非常によくありません。

その解決策は、勤務先に持ち込める個人携帯電話を持つこと。
結局1年で、個人携帯電話をカメラ無携帯電話に戻しました。
機種など選べないものですから、W44K?という京セラのモデルになりますが、これがけっこう薄くてカッコ良くてお気に入り。

暇があればいじって機能を確認したり、メールボックスやお気に入りのメインテナンスをしています。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/04(水)  天候不順、風邪に注意。

実は昨日は風邪で仕事を早く切り上げて帰宅し、夕方から寝ていたのですよ。

数日前から頭痛がするなぁとか、お腹の調子がよくないなぁと思っていたら、昨日の朝から熱っぽくてだるくて。

最近の私は、病気で有給休暇使って仕事を休むなんてもったいないと思うようにまで、精神的な面で健康が回復してきているので、仕事を休もうなんて気持ちにはならなかったのですが、さすがに仕事をしていても頭は回らず手も動かずでなんともならず、途中で切り上げたという次第。

幸いにも、私の体に良くあう市販風邪薬がありますので、それを飲んで寝たらなんとか今日は調子が戻ったようですが、薬で症状を抑えている段階では無理しないでおこうと思います。

梅雨に向かい天候も変化が激しく、室内の冷房もなかなかその気候にあうようにコントロールしきれません。そういう時はちょっとしたことで体調を崩します。

皆様もくれぐれも注意してくださいませ。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/03(火)  好きだよと言えずに・・・

純粋に人を想い、憧れて、夢を抱いていたあの頃。
切なさにあふれていましたが、今思うと、とても輝いていた自分がいたように思います。

村下孝蔵 「初恋」

この歌を聴くと、そういう頃の一途で優しい素直な自分に戻れるような気がします。
そして、この歳になっても、この歌はいろんな思い出を作ってくれるのです。


(コメントを表示したくない場合は右下をクリックして下さい。)

にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

06/01(日)  嵐のアッシー

今日は、ナゴヤドームで嵐のコンサートがありました。

こりゃ、行かないわけには行きません。

ニノ?、翔くーん、相葉ちゃーんなんて大声で言って立って応援するんです。

なぁ?んてこったぁしません。
するもんですかい!

AKB48ならばともかく、嵐にはまったく興味ございません。

ところが、我が家の女性陣は嵐に目が無い。
auのCM、カタログ、ポスターを見ては騒ぐし、歌番組は必ずチェックしてみているし。

そんな人たちだから、今日のコンサートのチケットもしっかりゲット!。

そうなると、そういう手段でナゴヤドームに行くかということが一番の問題となります。

はいはい、アッシー(死語?)になりますよ。

何時までに送っていけばいいの? グッズ買いたいから14時ね。

何時に迎えに行けばいいの? 終わるのは19時ね。

はいはい、わかりました。

14時にナゴヤドームに彼女たちを送っていたあと、自宅に戻るのは時間とガソリンの損なので、19時まで平和公園でのんびりと時間をつぶすことにしました。

緑をみながらぼや?っとしたり。
外に出て意外にたくさんいる蝶々を見ながら散策したり。
クルマに戻って本を読んだり、テレビを見たり。
友人にちょっと電話してみたり。

けっこう、有意義に過ごせました。

帰りのナゴヤドームはすごい人、人、人。
携帯電話も繋がりにくくて、女性陣に連絡をとるのも四苦八苦でしたが、なんとかピックアップできました。

それにしても、嵐、さすがですな。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ