いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

03/31(土)  年度末

まだ終わったわけではありませんが、年度末から年度始めにかけての数日は大変です。決算のためにすべて今期分の支払い処理を決算前にすませておく必要があります。

特に処理する数が多くなるというわけではないのですが、期限に遅れると大変なことになることを考えると、モレがないかとか請求書が揃っているかとかが気にかかります。

それにしても何十万円から何千万円という金額の支払い決裁を毎月しているわけですが、会社での金銭感覚と自分の財布の金銭感覚がこうも違うものかと悲しくなってしまいます。

桜もやっと日に日に咲く花を増やしています。

春がその趣きを輝かせて慌しく去ろうとする、今、私も季節もそういう変化の真っ只中です。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/30(金)  オヤジが好きな「春」の歌

ドタバタした桜の開花予報も、結局は平年並みの開花時期に落ち着いたようです。

会社の敷地内にあるいくつかの桜の木も、昨日の朝は目をこらしてやっといくつかの淡いピンクの色を見つけられた状態だったのが、今日はピンクの存在がパッと目に飛び込んできます。だんだんとそのピンクの割合が多くなっていき、数日すればピンク色が枝をすべて覆い隠してしまうことになります。

そのうちに、ピンク色は枝から下の道路に移って行き、道路がピンクに染まる時には桜の木は若葉色に化粧直しをしています。

この数日間で、周りの景色は一変していきます。

そういうこの季節は、人間にとっても変化と門出の時期でもあります。希望に胸膨らませて歩き始める新しい人生、失望の中で仕方が無く歩き始める人生、いろんな人生が始まる季節です。

そういう季節、「春」。
躍動的な「夏」、感傷的な「秋」と「冬」を歌う歌のほうが一般的には多いようですが、「春」の歌には人生の変化と門出の心情を表現したいい歌があります。


ということで、今日は50間近のオヤジが好きな「春」のつく歌を・・・。

春よ、来い 【松任谷由実】
 ♪淡き光立つ俄雨 いとし面影の沈丁花 溢るる涙の蕾から ひとつひとつ香り始める
春うらら 【田山雅充】
 ♪みぞれまじりの春の宵 ふたりこたつにくるまって ふれあう素足がホテリホテリ
春雨 【村下孝蔵】
 ♪心を編んだセーター 渡す事もできず 一人部屋で 解く糸に思い出を 辿りながら
春一番 【キャンディーズ】
 ♪雪が解けて川になって 流れて行きます つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します
春なのに 【中島みゆき/柏原芳恵】
 ♪卒業だけが 理由でしょうか 会えなくなるねと 右手を出して さみしくなるよ
春の予感 【尾崎亜美/南沙織】
 ♪皮肉なジョーク 追いかけるのは もうおしまいにしましょう
春風のいたずら 【山口百恵】
 ♪喧嘩して泣きながら あなたと別れて帰る道 夕暮れの街の中
早春の港 【南沙織】
 ♪ふるさと持たないあの人に 海辺の青さ教えたい ふるさと持たないあの人の
春咲小紅 【矢野顕子】
 ♪ホラ春咲小紅 ミニミニ見に来てね わたしのココロ ふわふわ舞い上がる
春ラ!ラ!ラ! 【石野真子】
 ♪春という字は 三人の日と書きます あなたと私と そして誰の日
春のおとずれ 【小柳ルミ子】
 ♪春のなぎさを あなたとゆくの 砂に足跡のこしながら はじめて私の家にゆくのよ
春風の誘惑 【小泉今日子】
 ♪もうすぐ春です 心がなぜか急ぎだすわ もうすぐ春です 素敵な恋を綴りましょう
春雷 【ふきのとう】
 ♪突然の雷が 酔い心地 春の宵に このままじゃ夜明けまで 野ざらし ずぶ濡れ


なぜか、私が大学受験に失敗して寂しい春を迎えていた時に聴いた歌が多いような・・・。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/29(木)  負けるなパソコン君!

今日は、「オヤジが好きな」シリーズを書こうと思って、つらつらと文章を書いていました。

あと少しで完成!というところで、突如「パチッ」という音とともに画面が真っ黒に。もちろん停電ではありません。停電はUPSという強い味方を飼っておりますので怖くはありません。

ハードディスクアクセスランプが点きっ放しで、ウンともスンとも言いません。デュスプレイが悪いのかパソコン本体が悪いのか、それさえ確認できません。

「こら、あかん」

「起動ボタン長押し」しか手は無い様です。
せっかく書き上げた「オヤジシリーズ」もメモリの彼方に消え去ります。気に入っていた文章だったのですが、私は同じ文章を二回書くことはできない人間です。ガックリと疲れが出ました。

パソコンを立ち上げなおすと何とかWindowsは立ち上がります。でも、使える状態にはなかなかなりません。裏でシステムの復元をしているようです。ずっと待っていたら、「復元されました」というメッセージとともに、デスクトップも正常な表示になりました。

こういう症状は初めてです。
もちろん、原因はさっぱりわかりません。
でも、かなり長く同じ環境で使用していますから、OS環境が不安定になってきているのかも知れません。こんなんじゃ、マック君にまたバカにされるぞ、パソコン君。

気持ちは乗りませんが、「オヤジが好きな」シリーズ、思い出しながら再挑戦してみるしかないっすかねぇ。(ってそれほどの文章じゃあ無いので、消えた文章にこだわることも無いのですけどね・・・)
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/29(木)  春を感じながらも・・・

仕事のことに時間と心を忙殺されてしまっていると、いろんなことを心で感じることが少なくなっている自分に気付きます。

確かに、春の匂いを感じ、芽吹く木々を目にしたりしているのですが、それによって心に入ってくるもの、感じるものが無いのです。

余裕がないのですかね。
肩こりもひどくなってきています。

だからといって元気が無いわけではなく、仕事の面では以前の疲れていた時期に比べると格段に元気ではあるのですが。

その影響が、このブログにも出ています。書く内容によってカテゴリわけをしているのですが、最近テレビ番組や音楽の話題が多く、「思い」を書くことが少なくなっています。

そろそろ桜も咲き始めてきました。
桜と青い空でも眺めて、ちょっと自分を取り戻さないといけないのかなぁと思ったりします。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/25(日)  未熟の晩鐘

ゆったりした休日、久しぶりに、たまっていたパソコンへ録画した番組の編集とDVD化を行いました。

数年前はよくやっていた作業なのですが、時間がかかるのに嫌気がさして最近は録画したままという状態になっていました。今はHDDレコーダーに録画してそのままDVDに簡単に落とせるらしいので、パソコンでの作業は今となっては非効率なのかもしれません。

私が使っている動画編集およびDVDファイルへの変換ソフトは、「VideoStudio 7」というものです。けっこう高価なソフトだったのですが、ちょっと使いにくいのと、細かいことができる分編集作業時間がかかるのが欠点です。加えて、チャプターをいくつか入れた2時間番組の場合、変換時間が3時間ほどかかります。つまり録画したままのMPEGファイルからDVDに書き込みできる形式にするだけで、操作1時間と変換処理3時間ほど必要というわけです。もちろん、DVDにするためにはその時間にDVD書き込みの手間と時間がさらに加わります。

これでDVDは出来上がることは出来上がるのですが、書き込みができたDVDを普通のDVDプレイヤで再生して動きや画質を確認する必要もありますし、こだわるならばDVDケースもきちんとしたいものです。

こんなことをしてやっとできる1枚の自分だけのオリジナルDVD。面倒くさくて馬鹿げていると思うのですが、そうしてできた1枚のDVDは、宝物のように思えてしまいます。

picpic20070325そんな手間をかけて今日作ったのは、3月12日に録画したNHKテレビのプレミアム10「小椋佳・63歳のメッセージ」です。

やっと満足する形で作りこむことができました。凝れば凝るほどよくはなるのですが、このあたりで妥協しておかないとキリがありません。

できあがったDVDを再生し、画面を見ながらピュアオーディオで歌や演奏を聴きますとまた違った感動が甦ってきます。


振舞う それぞれに 落日の影 否めず
残照か 薄暮か 鐘の音 鳴り渡る
遥か 地平に 彷徨う姿
悟りより 迷いを 背負う道の果て

命の 幽(かそけ)さを 欲望の影 認めず
誘(いざな)いか あがきか 晩鐘の 鳴りやまず
未だ 教えを 説く期 熟さず
悟りとは 無縁の 未熟を愉しむ

遥か 地平に 彷徨う姿
悟りより 迷いを 背負う道の果て
背負う道の果て


人間、人生の晩鐘が鳴り響く年齢になっても、人に教えを説くほどに悟りは開けず、最後まで迷いを背負いながら歩くものかも知れません。未熟を愉しむということは、ずっといつまでも何かに向かって自分が成長していくことを愉しむということなのでしょう。ここのタイトルでもある「いつまでも青く」と通じるのかも知れません。

<補足>
今回ご紹介したDVDは個人で楽しむべきものでありますので、お譲りとかはできませんので、あしからずご了承ください。

・・・・・・・★

今朝の地震は私の住んでいるところでもかなり緊張する揺れでした。

いつも思うのですが、人間からみると大地は不動のように思えるほどどっしりしたものと思っているのですが、地震が発生するとなんとも簡単に広い範囲で動くようなとても頼りないものに思えてしまいます。

私たちが信じているものは、安定しているように見えながら、たいていは実は不安定なものなのかも知れません。

被害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。
早く落ち着いて平穏な状況になって欲しいものです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/24(土)  彼女との正しい遊び方

第6回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞受賞作品、「彼女との正しい遊び方」

今夜(私の住む地域では3月23日の24:53から)放送されたのですが、ひさびさに胸がキュンとなるいいドラマでした。私のような年齢になっても心は若いものです。高校生の頃の自分の異性に対する感情を思い出してしまいます。

お互いの気持ちを伝えあって「好きだ」「愛してる」といった恋愛遊びのようなものではなく、自分の気持ちに正直でなかったり気付いていなかったりする不器用な関係。それがいじらしくかわいくて切ない気持ちを感じさせます。

そういう関係は、ほんわかと懐かしく微笑ましく、そしてうらやましいですね。純粋な心で向き合うことができる相手というのは、年齢を重ねるとともに少なくなるものです。

主演の黒川智花は、「雨と夢のあとに」と「てるてるあした」で魅力を感じた女優ですが、このドラマでもいい雰囲気を出してくれていました。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/21(水)  愛の流刑地

学生時代から渡辺淳一の作品をよく読んでいたと、以前ここに書いた事があります。

初期の医学的な内容を含む小説は興味あったのですが、愛の小説が主になってきてからは興味を持ちつつ遠ざかっているところがあるのです。

あまりに情念が強いというか深いというか、そういうのにちょっとついていけない部分を感じていたのかも知れません。それと、愛するもの同士の理屈が中心となっている点も気になっていました。

しかし、私も50歳近くなると、その情念に溺れてみたいと思ったりする気持ちがわかるようになってきました。まわりの人たちに迷惑をかけることであり、社会通念上も後ろ指差されることかも知れませんが、それでも一度は大人の愛の情念を感じてみたいと思ったりするのです。男も女も年齢には関係なく求め合う気持ちはいつまでもあるものだと思いますし、実はそれはだんだんと強くなるのかも知れないと思ったりもします。

昨日、今日と放送された渡辺淳一の「愛の流刑地」を見終えたあと、そんなことを考えてしまいました。高岡早紀、とてもよかったです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/19(月)  やっぱりというか当然というか・・・

この休みの新聞紙面を騒がせていたあのニュース。
きっと自分の仕事になんらかの影響が出てくるのだろうと思っていましたが、やっぱりというか当然というか・・・。

マスコミだけならばまだしも、お上が動き出しているわけですからそれなりの対応が必要となってくることも出てくるでしょうね。

それにしても、悪意を持った人間が内部にいたとしても機密漏洩が無きようにといろいろと対策をしてきているわけですが、ちょっとでもスキを見せればああいうことになるのですから怖いです。

あの事件を外国人だから、あの国の人間だからということですますのはまた危険なことです。目先に餌をぶら下げられれば日本人でも誰でもやりかねないことです。逆に外国人だからといってすべての人があのようなことをするとは限りません。そういう意識で再発防止を考えないと欠陥だらけの再発防止策になってしまいます。

コンピュータ、ネットワーク、デジタルデータ化。それによって便利になって仕事がスピーディになったわけですが、その副作用もまた桁違いに大きなものです。うまくバランスをとった使い方を考えていかなくてはいけません。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/18(日)  目撃

一番上の娘とふたりで近くのリサイクルステーションへ新聞紙やらペットボトルやらを捨てに行った帰り、水疱瘡で家から出られない末娘のために飲み物を買うためコンビニに寄りました。

必要なものを買って車に乗って、さぁ発進しようとしたところ、鈍いドンという音が。

右手のその音がしたほうを見ると、アルファードとRAV4がゴッツンコしています。アルファードがバックで駐車スペースに入れようとして、RAV4が頭からその駐車スペースに突っ込もうとして、アルファードの右後がRAV4の運転席ドアに見事にぶつかったという状況でした。

幸いにもドアがくの字に大きくへこんだだけで、けが人とかはなかったようですが、アルファードの子供つれの奥さんとRAV4の気弱そうなおじさんが頭を下げながら話をはじめようとしていました。

どちらが悪いのか注意散漫だったのかまではわかりませんが、こういう軽微な不注意の物損事故でも後処理や届出や示談の手間は大変です。これは加害者でも被害者でも同じで、とにかく事故というものは起こさないのが一番だということは間違いありません。

今のアルファードにしてから本当に運転がおとなしくなった私ですが、クルマの上手な運転というのはスピードを出すことでもハンドル捌きがうまいことでもなく、事故を起こさないことだということをあらためて肝に銘じた次第です。

・・・・・・・★

「華麗なる一族」が最終回でした。

すごいキャストであり原作であり最近には珍しい重厚感あるドラマでした。私は、テーマである万俵家の血の運命や親と子の関係よりも、いろんな男の仕事に対する考え方や金融業会の内幕みたいなほうに興味がいきました。実際にあった話をモデルにしているせいか、すべてに説得力があり迫力がありました。「白い巨塔」といい山崎豊子の小説はすごいですね。

ちなみに木村拓哉がどうのこうのというのは、ぼくにとってはどうでもいいことでした。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/17(土)  方言変換ツール

面白いツールができたので、試しに置いてみます。

「ホウゲン」ツールというもので、あっと言う間にこのブログの文章が方言に変換されます。徐々にいろんな方言や言葉を登録していきますが、まだテスト版なのでページエラー等の不具合が出るかもしれません。

左のプロフィールにありますので、お試しを。
くれぐれも元に戻すのを忘れませんように。
(メニューから戻せなくなっても、ページの更新をすれば戻ります)
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/16(金)  水疱瘡にかかりました

昨日39度近い熱が出たのでインフルエンザかなぁと思って医者に行ったところ、インフルエンザの検査は陰性で喉が腫れていることから風邪だろうということで薬をもらって帰ってきました。

今日、朝は元気だったのですが夕方に体中に発疹がでてきているのに気付き、また医者に行ったら水疱瘡だと診断されました。

いえいえ、50歳近いおっさんが水疱瘡にかかったなんて笑い話を通り過ぎて気持ち悪い話ですので、そうではありません。末娘のことです。

なんか深刻な顔して母親やお姉ちゃんに、もらってきた軟膏を塗ってもらっています。
「誰でもかかる病気だし、おとなしくしていたら治るものだから心配しなくていいよ」
と言うと安心したようにニヤッとします。

どこかにでかけようかと思っていた週末ですが、おとなしく家で静養ということになりそうです。私も最近少し疲れ気味ですので、ゆっくりと心身ともに休めようと思います。

今夜はお父さんとお母さんと一緒に寝ようと末娘に言った私ですが、そういや私は水疱瘡かかったっけなぁと遠い昔のことを考えてしまいました。もし免疫がなくてかかってしまったらそれはその時、気持ち悪い話として皆さんに語り継いでいただきましょう。

・・・・・・・★

今日は上の娘にとっても大きな人生の転機。
自分の思う道を迷わず悔いず生きてくれればそれでよし。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/15(木)  確定申告

今年の確定申告も今日が締め切り。

私はサラリーマンですし他に大きな所得もありませんので、目的は納税ではなくて還付ということになります。毎年こまめに申告して数万円は戻ってくるのですが、昨年も医療費がけっこうありましたので申告をおこないました。

以前は、納税受付会場に行って税務署員の説明をうけながら申請書を作成していたのですが、最近は国税局のホームページで簡単に自宅で申請書が作成できますので、会場では面倒な処理はまったく不要になって簡単に短時間ですますことができます。税務署もここ数年でいろいろと変わってきましたね。

ようやく今年も申告が終わったと思って家に帰って自分の机の上を見たら、あらら、一枚の領収書が・・・。この一枚で還付の金額が大きくアップするわけではありませんが、こういうポカミスが私にはよくあります。それがまた悔しくて悔しくて。

皆様は還付申告されましたか?
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/13(火)  俺の山河は美しいかと、

昨夜10時、NHKプレミアム10で久しぶりに小椋佳を見ました。

小椋佳は私の若い頃、いろんな意味で影響を与えてくれた人です。

日本語ということばの素晴らしさと面白さ。こんな表現をすれば同じ景色でも違うように見える。こんな言葉を使えば人の心の動きが人に伝えられる。自分でも言葉を操ろうと夢中にノートに言葉を書きなぐっていた日々。

今までの音楽と違う心にじわりと入り込むメロディと澄んだ声に憧れ、センスもないのにギターを操り独りよがりの作曲をしていた日々。

エリートサラリーマンの顔とミュージシャンの顔の高いレベルでの両立を知り、たかがひとつのことで自分を誇っていたことに対する愚かさを感じた日々。

とても敵うわけないのだけど、若い頃は自分もそんな夢を見てその夢を追いかけようとしていました。




「甘いオムレツ」から「山河」を聴くあたり、なぜか頬に涙が伝って流れてきました。


顧みて、恥じることない 足跡を
山に 残したろうか
永遠の水面の光 増す夢を
河に浮かべたろうか
愛する人の瞳に 愛するの瞳に
俺の山河は美しいかと。
美しいかと。

ふと想う、悔いひとつなく悦びの
山を 築けたろうか
くしゃくしゃに嬉し泣きする
かげりない河を抱けたろうか
愛する人の瞳に 愛するの瞳に
俺の山河は美しいかと。
美しいかと。




俺の山河は美しいか、と、私はとても愛する人に問うことはできない。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/12(月)  休眠打破

今年になってから、自分のクルマで会社の敷地に入ることができるようになり、クルマからすぐに建屋に出入りできるようになりましたので、一日そのままずっと外に出なければその日が寒かったのか暖かかったのかわからないことが多いです。でも今日は少し外の風にあたっただけで、とても寒かったです。

帰りにクルマのエアコン操作パネルで外気温を見てみると、なんと3度という表示でした。つい先日、春の陽気だと思ったら、今日は白いものが舞っているような天気なのですから、身体も心も適応範囲を超えてしまいます。

いつも寒ければそれなりの心構えと耐性ができるのでしょうが、たまに暖かいととても身にこたえてしまうものです。

いつも冷たくされていれば慣れて諦めもつくのですが、たまに優しい言葉や態度を見せてくれると、次の冷たい態度がとても辛いとか・・・。誰でも一度や二度は経験する感覚です。

だからといって、寒さから逃げて暖かいところにばかりいると、それはそれでどうしようもない温室育ちになってしまいます。どんな状況にもしっかりと耐える力をつけるには、優しくされたり冷たくされたりの繰り返しが一番いいのかもしれませんね。その時はとても辛いですけど。

最近知ったのですが、桜も暖かいだけでは開花しないそうです。一定期間は厳しい寒さを受けてこそ桜の蕾は開花するのだそうです。休眠打破(眠々打破ちゃいまっせ)というそうなのですが、桜も人間も一度は寒さに晒されないと大きく成長しないということかもしれません。

寒い中、そんなとりとめも無いくだらぬことを考えてしまいました。

会社の建屋の中で暖まろうと思って、自販機で「ポッカじっくりコトコト煮込んだスープつぶたっぷりコーンポタージュ」を買って飲もうとしたらもう商品替えになっていていました。

寒さは厳しいですが、いろんなところで春に向かって動いていることだけは確かのようです。明けない夜はない、春は必ず訪れる。どん底の中にいるとそうは思えないのでしょうが、それはけっこう真実だったりします。

さて、私も小さくてもいいですから人の心を優しくさせる花を咲かすことができればいいのですけどね。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/08(木)  見逃しちまった・・・

くそぉ・・・。

今日が最終回だったとは・・・。

「新・京都迷宮案内」「エライところに嫁いでしまった!」は今日で終りだったんですね。

木曜日は早く帰って見なければと思ってはいるのですが、仕事の関係でそんなにいつも早く帰ることができるとは限りません。

今日も、今週は見逃しても仕方がないか、と思いながら仕事をしていたのですが、その思いは「今日が最終回」という現実にはじけ飛んでしまいましたよ。

娘に、お父さんが好きなドラマだからとかすかな期待を持って「録画してない?」と聞くと、間髪置かず「してない!」とのお返事。
アニメはせっせと録画するくせにドラマにはまったく興味がないんだからなぁ。

「DVDが出てレンタルされたら借りて見ればいいじゃん。」と娘。

世話になっている父に、「こんなに父親が嘆き悲しんでいるならば、DVDが出たら買ってプレゼントしてあげよう」とは思わないのかい。

たかがドラマ、されどドラマ。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/07(水)  MDプリンタとの戦い

昨年の10月末に製作を依頼されたデカール、今日ようやく依頼者であるIさんに渡すことができました。

picpic20070307_1思えば、長い長いアルプスのMDプリンタとの戦いでした。

それまで使っていたMD-5000のカートリッジキャリアメカが調子悪くなってエラーばかりになったために使用不能になったことがこの戦いの始まり。いろいろとチェックしてみても直らず、結局新しい中古機を探しに探してオレンジ色のMD-5000iをそれなりのお値段で買う羽目に・・・。もちろん、正常なMDプリンタが手許にはあってほしいので、買うこと自体に問題や後悔はないのですが、このデリケートさにはちょっとまいってしまいました。

そういうことがあってやっとデカールを作成しようと思ったら、製作手順や原稿を書くための「Illustrator」の使い方をしっかり忘れている自分に気付いてしまいます。情けないことに「パスってなんだっけ?」というレベルからスタートで、あまりにも時間がかかってしまうことにイライラは募るばかりでした。結局、使い慣れている「Photoshop 」でなんとかうまく印刷できる方法を見つけてしのぎましたが、その後もいろいろと苦しみは続きます。

やっと原稿が出来ると印刷です。印刷は手差しでデカール用紙をローディングさせるわけですが、それがなかなかうまくローディングしてくれません。正確に言えばローディングはしてくれるのですが、印刷ポジションを捉えられないのかすぐに給紙トレイに用紙を戻してしまうのです。何度も「Insert」ボタンを押して押して押し何度目かにやっと印刷してくれる・・・、そんなことの連続でした。

ただ、印刷がうまく始まった時のあの独特のMDプリンタの動作音は、なんとも味があっていい音を聞かせてくれます。あの音は何度聞いても「男のロマン」「技術のロマン」を感じさせる魅力的な音です。

そんなこんなでやっとできたデカールの色を見ると、今度は赤の発色がイマイチだと気付きます。フルカラーで印刷してもマゼンダとイエローの単色を重ねてもオレンジっぽい赤にしかなりません。これは最後まで調整仕切れませんでした。発色の良い赤の印刷に何かコツがあるのでしょうか。

そんな悪戦苦闘を続けてなんとか今日Iさんに渡せる品質にはなったのですが、やはり私もこだわりがありますので、Iさんが私の部屋に来てからも赤の発色にトライしていたのですが、今度はなんとその時にインクカートリッジが本体にはいったまま取れなくなって使用不能状態に・・・。トホホな気分でいろいろといじっていたらなんとか復帰しましたが、このMDプリンタのメカは一筋縄ではいかないことをあらためて知ることができました。いつになれば私はMDプリンタをうまく扱えるようになるのでしょうか・・・。

MDプリンターとの戦いはこれからも続きます。


ところで、先日キッズランドでインクジェットプリンタ用のデカール用紙を売っていました。一度試そうかと思っていますがどうなんでしょうね。使い物になるのであれば、今までの悩みはすべて吹き飛んでしまうのでしょうが、そんなにうまい話ではないような気もします。

・・・・・・・★

picpic20070307_2昨日、模型趣味時代の友人のNさんから、突然写真が送られてきました。私の好きな春の予感漂う菜の花の写真です。勝手に掲載しちゃいましたので小さい画像のみですが、皆様にもおすそ分けです。

にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/05(月)  愛蔵版「三国志」発売!

昨夜、「横山光輝の世界」の掲示板を見ていたら、3月5日に「三国志」のハードカバー愛蔵版が発売されるという情報が掲載されていました。

「三国志」は新書版60巻をすでに持っていますが、ハードカバーとなるとちょっと見てみたい気持ちになりましたので、今日、仕事帰りにいつもの本屋さんに寄ってみました。

目的のものは最後に見ればいいと思って、最初は週刊誌やカー雑誌を見ていたのですが、そこに本屋のご主人が私のところに一冊の本を持って近寄ってきます。

picpic20070305「今日、これ発売されたのですが、遊戯人さんの顔が浮かんで残しておきましたよ。」
とおっしゃって差し出したのは、そのお目当ての愛蔵版「三国志」第1巻。

「今日はこれ、見に来たんですよ。」
「ハードカバーはいいですよね。また違う味わいがあります。毎月買っていただけるならばちゃんときれいなものを取っておきますよ。」
「ありがとう。こういうのはファンの憎い心理をついてきていますね。全部揃えるかどうかは、この1巻を買っていって考えてみます。」

ということで、やっぱり予想通り買ってきてしまいました。
全30巻ということですが、1,500円が30巻ですので45,000円の蔵書となってしまいます。中を見るとなんと数ページではありますがカラーページもあります。たぶんどうしようかと迷いながら毎月買ってしまうんでしょうねぇ。

今年は、他にも懐かしい作品がハードカバーや文庫で出るらしいですから、横山光輝ファンとしては嬉しい悲鳴の年になりそうな気もします。小学校、中学校と夢中になっていた作品が、この年になってまた新たな楽しみからができるなんてありがたいことです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/04(日)  今、楽しめる空間へ・・・

昨日から今日にかけて自分の部屋の模様替えをしました。模様替えと言っても気分転換とかそういうのではなくて、いらないものは整理して部屋を広くしようとする、それが目的です。

私の部屋は12畳。その中に趣味関係の本がぎっしりと書棚に詰め込んであり、カーモデルのプラモデルキットの箱が400個くらいあり、大きなオーディオセットが音響を考えてセットされており、それを聞くためのCDとLPレコードが数えるのもいやになるくらいあり、一角には模型製作のための机があり、パソコンの机があり、とてもゆったり男の隠れ家といった風情はありません。

プラモデルは現在オークションで処分しつつありますが、大きなものは送ること自体面倒なので、オークションに出したりせずに処分します。アルプスのプリンターもMD-1000が2台ありましたが、ハードオフでタダで引き取ってもらいました。

できれば、オーディオと鉄道模型のスペースをゆったりと取りたいのですが、片づけてみてもなかなかそんなスペースは出てきません。やはり数多くのプラモデルと本類が大きなネックです。大鉈振るって処分しないとこの物置生活からは逃れられない気がします。

picpic20070304右の写真は、入り口から書棚の一部を見たところ。昨日まではこの間に天井までのラックが鎮座しており、書棚は見えない状態でした。こうして徐々にスペースを確保し、やりたいことがゆったりとできるスペースに変えていきたいと思う今日この頃なのです。

もう若くない今、「集めていつか楽しもう」ではなくて「今楽しまなければ」と思います。

・・・・・・・★

今日は汗ばむような陽気。
しかし、これは嵐の前触れだとのこと。
明日から天気は崩れて荒れるようです。
皆様、お気をつけて。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/02(金)  新しいパソコン

今日、私の仕事場のパソコンが新しいものになりました。

ハードディスクの無いパソコンです。なぜハードディスクが無いかと言えば、大事なデータの入っているハードディスクを別の管理された場所で一元管理することによって、パソコンのセキュリティを高めているためです。

つまり、泥棒さんが机の上のパソコンを盗んで行っても、パソコンの中にはCPUとOSの入ったメモリしか無くて、情報はなにも流出しないというわけです。

しかも起動するには、指の静脈認証が必要とくるわけですからOSすら起動させることができません。

まだまだトライ的な要素が強いですが、これからは企業や公的機関はこういうパソコンに移行していくのでしょうね。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/01(木)  健康診断の日

毎年一回訪れる会社の健康診断の日。
1月の予定だったのですが、今日やっと受けました。

詳細な血液検査、胃X線撮影、心電図、大腸検査とか、毎年検査してくれるのは嬉しいのですが、なかなか億劫なものです。ですから、私は毎年最初に指定された日時に行くことはほとんどなく、1度か2度は日程を変更してもらっています。もちろん仕事の都合や健康状態が理由というのもあるのですが、本音を言えば、注射が嫌だなぁ、バリウム飲んでベッドの上であっち向けこっち向けというのも嫌だなぁ、事前に便を採取する大腸検査も面倒くさくて嫌だなぁというのが一番の理由です。

そんな私ですが、健康診断センターに行って検査が始まるとけっこう楽しい気持ちになってくるから現金なものです。

昨年は頑固でしぶとかったバリウムも、今年はゆるゆるで昼には便器の中をクリーム色に染めてくれましたし、終わってみれば満足なひと時でした。

疲れていた心が少し癒されましたが、現実に戻ると積み重ねられた課題がいっぱい。そんな時に限って部下が期待通りに動いてくれないことが続き、イライラ気分で指導や注意の言葉が叱責に変化してしまったりします。こりゃいかんと、あるところで止めてぐっと言いたい言葉を飲み込んでいると、それはそれでおかしなストレスが身体にかかってきます。

つい数時間前には、
「無理はしてはいけませんよ」
「よく眠れますか?」
「健康は一番大事ですからね」
なんて優しい言葉を聞いていた穏やかな時間は何処にいったのでしょう。


で、ふと、思います。

毎年フルコースの健康診断をしてくれているのは、こういう仕事を長くさせるためなんだろうなぁ?と。

わかっています。それがお互いにとって良いことであるということは・・・。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ