いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

05/11(木)  毎日1億円使う

1億円使えるとしたら。
といっても何に使うということを考えたいわけではないのです。そもそも1億円なんて私には不動産と起業以外には現実的な使いきりのアイデアなんぞ浮かんできません。なにせ私は貴金属に興味はありませんし、芸術品は好きですが金額で良し悪しを判断することはほとんどない人間ですからね。

その1億円を私の残りの人生毎日使うことができるとしたらどうでしょう。私の残りの人生をよく見積もって20年としますと20年7305日で7300億円を使うことになります。

ある会社の連結決算での純利益は1兆3700億円だと報じられています。(売上高に至っては21兆円というのだからすさまじいですな。)この数字をちょっと自分の生活で考えてみたかったのですが、毎日1億円つかっても死ぬまでにこの半分程度しか使い切れないという金額だということを実感したわけなのですよ。

庶民感覚からいえば、1日1億円なんて非現実な数字じゃなくてささやかに1日10万円くらい使えればいいかな。で、計算すれば・・・20年だと7億3000万円!
ああ、変なこと考えていたら金銭感覚が麻痺してきた。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

05/07(日)  雨の日

今朝は目覚めて外を見れば雨。
私は昔から雨は嫌いではありません。もう少し正確に言いますと雨に濡れるのは嫌いですが、降り続く雨を眺めたり感じたりするのは好きということです。昔は縁側に座って雨が落ちてくるのを眺めながらゆっくりと本を読むのが好きでした。なんかとても贅沢な時間のような気がして、ゆっくりとゆっくりと時が流れている実感を感じることができました。

最近はそんな雨の日を忘れていましたよ。
別に縁側で雨を見ていたわけではないのですが、今日はそんな雨の日の過ごし方を思い出しました。降りしきる雨の音に包まれながら自分の世界が流れる感覚。雨が煩わしい世の中の喧騒から私を隔離してくれているようです。

そういう気持ちになれる雨の日には、そばに優しい人がいてくれたように思います。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

05/04(木)  チューリップ花畑

小学生の頃、学校が間にはいって教材の如く花の種や球根を販売していたことがありました。当時は学校にそういう業者が入り込んで父兄相手に商売していても、あまり目くじらをたてることは少なかったように思います。私が好んで親に買ってもらっていたのは、チューリップの球根でした。私は花というと派手な色をして大きな花がひとつ咲くものが好きでした。薄い色の花や小さいのがいくつも咲く花はどうしても地味な感じがして好きにはなれませんでした。

そういう好みは世の中を知るにつれて変化していきました。春を感じさせてくれる菜の花は無性に好きになったり、なんともいえない香りを放つ沈丁花や金木犀のような木の花も好きになりました。若い頃にはまったく美しさを感じなかった桜も、だんだんと年齢を重ねるにつれて景色を一変させる桜の魅力と美しさを感じるようになりました。

pic20060504でも、やはり幼い頃チューリップに感じた気持ちを今でも感じたくなるときがあります。今日はチューリップ畑を見たくて「なばなの里」に行ってきました。広大な土地にきれいに花の色をわけて植え込まれた120万株のチューリップ。壮観で見事ではあったのですが、何か違うものも感じてしまいました。花には花の特性があります。チューリップは小さな庭に数本、私はチューリップですよと自己を主張して目立って咲くのがらしいのかなと。

他に好きになる花は増えても、私は死ぬまでチューリップという花を嫌いにならないでしょうね。私が自己主張の塊みたいな人間ですから。

にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ