いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

10/09(日)  アクア・トトぎふ

今日は秋晴れです。かねがね行きたいと思っていた、ハイウェイオアシス川島の「アクア・トトぎふ」に行ってきました。

pic20051009_1家族5人と末娘と同い年の甥っ子の計6人で昼過ぎから出発。道順は用事があった豊田市北部の藤岡ICから東海環状自動車道に入って北上、土岐JCTで中央自動車道に出て小牧JCTで名神高速道路にはいります。それから一宮JCTから東海北陸時自動車道に入ると川島PA着となります。だいたい1時間弱のコースです。

川島PAは中に入ると人工の川が流れて、その周りにはバーベキュー場や子供たちが遊べるアスレチック施設があります。木々もうまく配置されていて、川の際に置かれた木製のベンチに座っていると贅沢でのどかな時間を過ごせます。ただ、人がとても多くてその雰囲気に浸るという感じになりきれないのが惜しいですけど。

pic20051009_2そのエリアの中に、「アクア・トトぎふ」があります。水族館なのですが、ここは木曽川を近くに置く地域の特徴をいかした淡水魚の水族館となっています。中にいる魚達は派手さはないもののなかなかおいしそう・・・いや、なかなか楽しそうです。別にのんびりとしていたわけでもないのですが、帰ろうということになった時には5時間弱もの時間を費やしていました。

pic20051009_3帰りは、そのまま川島PAから東海北陸自動車道を北上し、美濃・関JCTから東海環状自動車道に戻って今度は南下です。そのまま自宅近くの豊田東ICで降りて約180Kmのドライブを終えました。

最近はハイウェイオアシスと自動車道整備のおかげで、自動車専用道路を最初から最後まで出ることなくいろいろと楽しめることができて大変便利です。今度は、東海環状自動車道の美濃加茂SAに隣接された「昭和村」に行ってみたいと、オジサンは思うのです。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

09/22(木)  愛・地球ヒロシ、です。

pic20050922_1「愛・地球博」、通称「愛・地球ヒロシ、です」が、いよいよ25日に閉幕します。3月25日からの185日間の幕が下りることになります。

開幕した当初は寒い日も多かったので、気候が良くなったら行こうかなと思っていたのですが、そのタイミングを結局逸してしまっていました。もちろん「行こう」という気持ちが強ければタイミングなど逸するわけはないわけで、結局は心の中の「青少年公園を壊してまでやるとはふざけている」というアンチ万博的なところが原因ではあります。

とはいえ、前売り券も買ってあることだし閉幕が迫るにつれて行かないのも惜しいという気持ちも強くなってきて、やっと今日行ってきたというわけです。まったく筋金も何も入っていないアンチ万博ファンというわけですな。ただ、早朝から並んで夜まで粘るというリキの入った行き方はさすがにできませんので、子供達は学校から帰って来てからとし、私も仕事を少し早く切り上げて夕方から出発という、なんともいいかげんな計画となったわけです。

私の家と万博会場は道のり18km。時間にして40分はかかりません。ですので、家を夕方5時に出るとだいたい6時から10時までの4時間の見学となります。西ゲートの近くの良心的(まわりが4000円という中2500円、しかも午後4時以降は1500円)な民間駐車場にクルマをとめて会場に入ると、もう6時を回っているのに、すごい人、人です。その人の数は、夜の10時になるまでほとんど変わりませんでした。(22日の最終入場者数は、207,347人だったそうです)

pic20050922_2会場の規模といい、パビリオンの内容といい、まぁ、これだけの人が集まったという事実は、愛知万博成功と言っていいのでしょう。私はパビリオンには行列の少ないところに少し入っただけですが、それでも4時間近く会場にいて退屈はしなかったですからね。グローバルループから見る夜の会場の景色は、なかなかのものでした。地元の人が何度も何度も行く気持ちがわかったような気がします。やはり、アンチであってもそうでなくても、現実を見ておくことはとても重要だと思いました。

ただ、私は行くのは一度で充分です。歩く距離は半端ではありませんし、あっちこっち行ったり来たりしていたら十数Kmは歩く事になるでしょう。きっと私は途中でばてます。今回も私は4時間近く歩いただけで、足がじーーんとしびれた感じになっていますから。

全体的には楽しめるイベントだと思います。ただ、気になるところはいくつかありました。代表的なものを記述しますと、

pic20050922_3<その1>
入場の持ち物検査をはじめとする会場スタッフの表情や応対に、お客様に楽しんでいただくという気持ちが感じられず事務的。(もちろん、すべてではありませんが、私の見た多くの人はそうだったようにみえました)

<その2>
案内、特に食事に関する掲示内容がほとんど日本語だけ。
商品の写真があればましな方で、日本語で料理名と値段を書いてあっても外国から来た人は戸惑うのではないかと思いました。
もう閉幕だし、外国からの入場者は少ないようなので問題はなかったのかも知れませんが。頻繁に繰り返される英語のアナウンスと、その下の日本語だらけの風景との違和感はなんとも摩訶不思議な感じでしたね。

<その3>
グローバルループをはじめとして、木材の利用が多い。それを支える数多くの鉄骨も目にはいってしまう。グローバルループも一部を除いて取り壊されるとも聞いていますので、環境博と言いながら取り壊されるだろう資材が目に入りすぎて、これは取り壊されたらどうするのだろうと考えてしまいました。これだけのイベントにしては、取り壊されて無用になる資材は少ないのかも知れないですが、目に付くところにむき出しで見えるものですからついつい気になってしまいました。

「たった4時間弱で何がわかるか」と自分でも思いますけど、これが素直に感じたことです。私以外の家族は、土曜日も行くと言っています。元気なことです。

pic20050922_4
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ