いつまでも青く、枯れても青く ~ご案内~

ブログ「いつまでも青く、枯れても青く」は、2006年2月より開始したブログで、管理人のそれまでの過去の日記やブログを統合しています。
   Part1:2001年05月~2005年07月 【日記のススメ「気まぐれ日記」】(2005年6月6日から2005年7月21日までの日記は紛失)
   Part2:2005年07月~2005年12月 【ブログ「モデラーな日々」】
   Part3:2006年02月~現在     【ブログ「晴れたり曇ったり」、2006年8月に「いつまでも青く、枯れても青く」に改題】
   2011年7月15日に、鉄道模型関係をブログ「Enjoy!鉄道模型!」に移行。
   2014年7月10日に、お気に入り写真のブログ「気ままなカメラ散歩道」を開設。
プロフィール

Warachan

Author:Warachan

    生息地:愛知
    年 齢:50代後半
    性 別:オヤジ
    趣 味:模型製作、カメラ、
        オーディオ、
        クルマ、パソコン

お知らせ
Warachanをフォローしましょう mixiやっています

にほんブログ村に登録しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
次のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

トリップアドバイザーに
お勧めブログとして認定されました。
瀬戸 旅行情報
瀬戸 旅行情報

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
相互リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
QRコード
QR

11/04(月)  今クールのドラマイチオシは、「刑事のまなざし」

TBS系、月曜ミステリーシアター「刑事のまなざし」。
薬丸岳の小説のドラマ化で、椎名桔平主演の刑事ドラマです。

椎名桔平演じる夏目信人は、40歳を超えて少年鑑別所の法務技官から警察官に転身した新米刑事という設定です。今までの刑事ドラマの刑事とは少し違い、真実の姿を独特の目(まなざし)で見抜いていくという、感動人間ドラマです。

夏目信人自身も、犯罪被害で意識の戻らない娘を持ち、いつか必ず意識が戻ることを信じまるで普通の家庭のように日々娘に話しかけ続けるという、ちょっと真似のできない強い優しさを感じさせてくれます。

視聴率は、第3話まで一桁、第4話でようやく二桁という、それほど話題にもなっていないドラマですが、私の中では、今クールイチオシのドラマです。配役もとてもいいし、脚本も演出も演技もすばらしい。ジーンと心にしみて涙し、最後は頑張れという前向きな気持ちの感動で終わらせてくれます。

今夜の第5話も、とても素晴らしかったです。特に、夏目信人の言葉を受けての伸一演じる太賀の取調室での最後の演技は最高でした。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

09/20(金)  タイミングが良いのか悪いのか?DVD「十津川警部シリーズ」

私は2時間サスペンスドラマが好きで、昔の火曜サスペンス劇場や土曜ワイド劇場などのドラマを録画してはDVD化してコレクションしています。

そんな数ある2時間ドラマの中で、好きなドラマの上位にはいるのがTBS系の「十津川警部シリーズ」。このシリーズは、今月の最新作で50作品になりますが、3年近くの年月をかけて、全50作品のうち再放送でようやく30作品までHDDレコーダーに録画することができました。

HDDの空き容量も少なくなってきたので、今月5日の夜、DVDにコピーしてHDDレコーダーの録画を削除していたのですが、その作業中に操作ミスをしてしまい、なんとせっかく録画した30作品中28作品をDVDにコピーする前に消してしまったのです。その夜から数日はショックでかなり落ち込んでしまいましたが、「無ければ無いですぐに問題があるわけでもない、またコツコツ再放送を待って録画すればいい」と思えるまで、立ち直ることができました。

pic20130920_01なのに、こんなものを書店で見つけてしまいました。

二度とこんな企画モノにははまらないぞと決心していたのですが・・・

  消してしまっていなかったら、絶対に買わなかったけれど・・・  
  消してしまったということは、これを買えというお告げなんだ!

なんてことを思って自分を納得させて衝動的に買ってしまったけど・・・わぁ、どうしよう!

また同じ過ちを犯してしまいそうだ・・・
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

09/11(水)  久々のテレビドラマ評価

クールごとにテレビドラマの評価をしていましたが、昨年の5月を最後にちょっと興味をなくしていました。

というのも、テレビドラマ好きの私なのに、どうものめりこむほどのテレビ番組が無かったからです。

それが、今クールはなかなか良いドラマがありました。

一つ目は、「半沢直樹」。
このドラマは高視聴率でも話題になっていますが、とにかく面白い。
テンポの良さと、配役の妙がなんとも言えません。
「やられたらやり返す、やられたら倍返し」というせりふが注目されていますが、これは、仕返しをする側ではなく、「悪いことをしたら倍になって自分に返ってくる」という、悪いことをした側に対する因果応報というふうにとらえるのが良いと思いますね。けっして報復が奨励されるわけではないですからね。

二つ目は、「Woman」。
今夜が最終回でしたが、本当に切ないドラマでした。
でも、最後は、みんなわかりあえて良かったです。
とにかく、心にジーンと響くドラマでした。
あからさまではない、さりげない会話での心理表現が秀逸でした。
ストーリ、演出的には、「半沢直樹」よりも出来はいいと思います。

このふたつ以外には、「DOCTORS 最強の名医」と「救命病棟24時」がけっこう楽しめました。
やっぱり医療モノが好きなんですね。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

04/13(土)  旅に出ています。




いえ、私ではありません。
3年ぶりにあの4人が旅に出ました。
さて、今回はどこに何をしに行ったのか、非常に楽しみであります。

http://www.htb.co.jp/suidou/
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

03/25(月)  「ビブリア古書堂の事件手帖」と「とんび」

今夜で、「ビブリア古書堂の事件手帖」が最終回となりました。
今クールのドラマでの私のイチオシは、この「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系)と「とんび」(TBS系)でした。(相棒などの定番シリーズ物は除いて)

「ビブリア古書堂の事件手帖」は、毎回古書作品を題材としたストーリの面白さと、篠川栞子役の剛力彩芽の演技がすばらしかった。正直なところ、このドラマを見るまでは、剛力彩芽に魅力はまったく感じなかったのですが、このドラマでその評価は一変してしまいました。物静かで知的で可愛らしい文学少女を見事に演じ切っていました。しぐさや表情が秀逸で、理想の女性像を見る思いで毎回眺めていました。

「とんび」は以前NHKでもドラマ化されたようですが、私は今回のTBS系が初めてとなります。このドラマは、本当に心温まるドラマでした。バカで破天荒で家族思いの市川安男(ヤス)を演じる内野聖陽もよかったですが、脇を固める照雲役の野村宏伸、たえ子役の麻生祐未、海雲役の柄本明がまた素晴らしかったです。毎回毎回、それぞれのセリフで涙してしまいました。じーんとくるなんて程度ではなく、毎回号泣でした。特に第9話で照雲がヤスの息子の嫁となる由美をわざとけなしてヤスの本音を出させるくだりは、録画したものを何度見ても泣いてしまいます。

私はテレビドラマ好き人間なのですが、最近はシリーズ物以外にいいドラマに出会わなかったのでほとんど見なくなっていたのですが、今クールはこのふたつのドラマでしっかりと楽しませていただきました。

次クールでもまたこのようなドラマにひとつでも出会えると毎週が楽しみなので期待したいと思います。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

05/27(日)  恒例!今クールのドラマ評価(追記)

今クールのテレビドラマもそろそろ終盤ですが、私の印象をいつものように記録しておきたいと思います。
(「鍵のかかった部屋」をあげるのを忘れていましたので、追記しました。2012.5.28)

    :毎回ぜひ見たい。見逃すとかなり後悔。
    :毎回見たい。見逃したら仕方がないと思える。
    無:見れれば見るけど、見ることにこだわらない。

   ◆月曜日
    ・「ハンチョウ~警視庁安積班
       このドラマは安定感ありますね。水戸黄門の後の一角を担っているだけのことはあります。今回は、
       新しい安積班という設定で組織の成り立ちや部下の素性にも謎があるようで、毎回の事件だけでは
       ない全体を通しての興味も持たせてくれます。佐々木蔵之介の演技は特徴があって私は好きなん
       ですよね。
    ・「鍵のかかった部屋
       イチオシ番組を忘れていましたので追記です。
       この番組は、初回を見て興味津々だったにもかかわらず、月曜ゴールデンとかち合っていて第2回
       以降見るのをすっかりと忘れていたドラマです。家族が録画していたので、第3回を除き後で見てい
       ます。嵐の大野智は、怪物くんのいたずらっ子的キャラクターでも演技がうまいのに驚きましたが、
       今回の冷静なキャラクターも見事に演じきっています。脇の戸田恵梨香もいいし、三枚目キャラの佐
       藤浩市も面白いです。ストーリーも密室の謎解きで私の好きなジャンルでいう事無しです。
   ◆火曜日
    ・「リーガル・ハイ
       今クールの私のイチオシのドラマです。堺雅人のはじけっぷりは初見参です。私は今回の堺雅人演
       じる古美門研介のキャラクターは理想ですね。力や能力があったうえでの子供のような振る舞いは、
       男の可愛さでもあり夢でもあります。もちろん、ドラマ自体もそのキャラクターを生かしたストーリに
       なっていて、充分楽しめます。古美門研介のお守役とも言える里見浩太郎演じる服部さんの存在が、
       より古美門研介を引き立たせているように思います。
    ・「37歳で医者になった僕 ~研修医純情物語~
       草剛の淡々とした演技が生きる設定です。恋人の病気のこと、過去に人を自殺に追いやったこと
       など、過去を引きずっている雰囲気がよく出ています。意識しての演技であれば草剛は役者とし
       ても、十分な力量を持っていると思われますが、どうなのでしょう。水川あさみやミムラの演技がより
       草剛を引き立たせているとも言えます。どちらにせよ、結果的には私は充分楽しめるドラマだと思
       います。松平健が嫌なヤツを演じていますが、ドラマのメインストーリを邪魔しない程度に留めてい
       るのはさすがと言えます。
    ・「スープカレー
       北海道放送創立60周年記念作品です。大泉洋、安田顕などの北海道「TEAM NACS」が好きなので
       見ています。ドラマとしてはどうなのでしょう。安田顕、戸次重幸、森崎博之、音尾琢真のアラフォー
       世代4人のそれぞれの人生のドラマが並行して別々に進む構成となっています。ちょっと毎回単発的
       な感じになってしまうのが気にはなりますが、最後にはその個別の物語が渾然一体となるそうです。
       そこでの感動を期待して見続けています。大泉洋は、毎回峯岸みなみとの掛け合いでスープカレー
       を料理研究家として作っているだけですが、5つのドラマのひとつとなっているのでしょうか。峯岸みな
       みのキャラクターが私はけっこう好きです。最後を期待して楽しんでみていこうと思います。
   ◆水曜日
    ・「アンサー ~警視庁検証捜査官
       これは見逃したくないドラマですね。観月ありさがいいキャラクターを演じています。まわりの片岡鶴
       太郎、松重豊、田辺誠一も存在感を出しながらもうまく観月ありさを生かしています。ストーリーも、
       捜査完了の調書を検証するという面白い設定となっています。ただ、毎回毎回、検証捜査で真実をひっ
       くり返していたのでは、本来の捜査員は何をしているのだろうとは思いますけどね。ドラマとしては非
       常に面白いです。
    ・「クレオパトラな女たち
       このドラマは、ストーリーは私好みではありませんし引き込まれることは無いのですが、私の好きな
       女優、稲森いずみが出ているから毎週見ています。稲森いずみ演じる市井睦が、整形外科医として
       はキリっとしているのだけれど、家庭では自分の居場所が無くてその弱さを見せたりするところが、
       とても私的には良いのです。ドラマとしては視聴率がとれずに早期打ち切り決定は残念です。
   ◆木曜日
    ・「新・おみやさん
       「新・おみやさん」となり、今回から櫻井淳子に代わって京野ことみとなりました。課長に戸田恵子が
       登場して、「ショムニ」女優が入れ替わり立ち替わりという感じです。それはどうでもいいのですが、
       京野ことみもうまくおみやさんとからんでいて、違和感も無くストーリーに入り込めて一安心です。
       ストーリーに安心感があり京都を楽しめる私の大好きなドラマです。
    ・「Wの悲劇
       私の世代では、「Wの悲劇」といえば薬師丸ひろ子ですが、今回このドラマを見て、私は「Wの悲劇」
       のストーリーを知らなかったということを知ってしまいました。そういえば、映画も見ていないし本も読
       んでないし、「Wの悲劇」というタイトルや主題歌だけでわかったような気持ちになっていました。という
       ことで、薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」は知らないことになりますが、今回の武井咲は、摩子とさつきの
       違いをかなりうまく表現していると思います。しかし、ストーリー的には引きずり込まれるような面白さ
       は私は感じられずに、毎回見ようという強い気持ちにはなれませんし、見る場合も正対してみようとい
       う感じもないです。それほど悪いドラマとは思いませんが、ちょっと残念です。   
    ・「たぶらかし~代行女優業・マキ~
       この時間帯の木曜ミステリーシアターはいつも楽しんでいるのですが、今回のは、ちょっと残念なド
       ラマです。ストーリーも無理があるというか代行女優という設定がうまく生かされていると思いません。
       叱られるかもしれませんが、そもそも谷村美月というキャスティングに無理があるような気がします。
       着飾っても女優というには気品が感じられなかったりして、幅が狭いという感じなのです。あくまで私
       見ですけど。
   ◆金曜日
    ・「都市伝説の女
       都市伝説がどうのこうのという次元のドラマではありません。長澤まさみが思いっきり美脚を披露して
       くれるありがたいドラマです。こういうドラマに出てくれる長澤まさみという女優を見直してしまいました
       ね。大きい女優さんになると思います。ストーリーや演技など二の次で、見ているだけでうっとりしてし
       まうドラマです。
   ◆日曜日
    ・「平清盛
       先回は、なかなか楽しめると書きましたが、いつの間にか疎遠になり見ることがなくなりました。
       ドラマ的には私は面白いと思いますが、長丁場と時間帯がちょっと私にはあわないかもという感じです。
    ・「ATARU
       ちょっとふざけ気味のところがあったり、ATARUがすぐに真相を見破ってしまうという、都合の良さも
       あったりしますが、今までにないパターンの謎解きでもあり、楽しんで見ています。中居正広が普段と
       は違ったキャラクターを演じていますが、しっかりとなりきっているのはさすがです。


今クールのドラマもそれなりに楽しんでいますが、「家族のうた」(私は見ていない)や「クレオパトラ」は予定回数を切り上げて終了するなど、なかなか厳しい現実があるようです。私の好きなドラマということでは、今クールは「ハンチョウ」、「おみやさん」という定番を除けば、「リーガル・ハイ」と「鍵のかかった部屋」が一番、その次は「アンサー」、「ATARU」といったところでしょうか。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

02/06(月)  恒例!今クールのドラマの中間評価

恒例の今クールのテレビドラマを記録しておきたいと思います。

   ◆月曜日
    ・「ステップファザー・ステップ
       なかなか面白い設定のドラマです。面白くて笑わせてくれるのですが、最後は子どもがらみでなかせ
       てくれます。配役も渡辺いっけいや伊東四郎、平山あやなどが脇を固めて安心して楽しめます。
       シリーズ化するには無理があるストーリですが、単発としては出来の良いドラマです。
   ◆火曜日
    ・「 ストロベリーナイト
       今クールの私のイチオシドラマです。竹内結子演じる女性班長・姫川玲子がとても魅力的です。忌ま
       わしい過去を持ちながらも男社会で事件に挑むキャラクターがとてもいいです。竹内結子自身の魅
       力もよく出ていると思います。
    ・「ハングリー!
       あまり期待しないで見始めたのですが、毎回ちょっぴり感動しながら楽しんでいます。レストランを経
       営するにはかなり破天荒な主人公ですが、だんだんと一人前になっていく過程も楽しみです。
    ・「ティーンコート
       謎解きをしていくということでが、そこそこに楽しめるドラマですが、最後の10代の子どもたちによる裁
       判では、ちょっとふざけすぎという感じがして、完全には入り込めないところはあります。
   ◆水曜日
    ・「相棒ten
       2クールの放送なので、先クールから継続です。ちょっと都合良すぎるストーリだなと思う回もありま
       すが、水谷豊と及川光博のキャラクターだけで毎回楽しめる安定感があります。たまきさんの後継
       者が“ついてない女”だった鈴木杏樹というのはサプライズでした。
    ・「ダーティ・ママ!
       面白そうかなと思って見始めましたが、特に見逃しても残念とは思わないレベルのドラマです。設定
       やストーリーはそれほど受け入れられないものではないですが、永作博美、香里奈のちゃらちゃらし
       た演技がどうも私は受け入れられません。
   ◆木曜日
    ・「科捜研の女
       なんと、テレビ朝日木曜8時京都舞台シリーズの今回の「科捜研の女」は2クール放送でした。「科捜
       研の女」の次はなんだろうと楽しみにしていたのですが、嬉しい誤算でした。このドラマも安定感抜群
       で楽しめます。
    ・「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~
       主人公の山下智久は特に思い入れのある俳優でもなかったのですが、タイトルと葬儀屋が舞台とい
       うことで見始めたらすっかりとはまってしまいました。人が死ぬ時に残された人に何を残せるかという
       ことを考えさせられ、毎回感動です。山下智久の淡々とした演技も、とても人間的に感じて良いと思
       います。   
    ・「最後から二番目の恋
       鎌倉が舞台ということで見始めましたが、なかなか楽しめます。小泉今日子もいいし、中井貴一のと
       ぼけたキャラクターもいいです。坂口憲二と内田有紀が双子(二卵性だとしても)というのはかなり無
       理がありますが、このドラマの設定ならば許せます。ただ、「江ノ電の極楽寺駅から成就院方向に歩
       いて、御霊神社の江ノ電踏切を渡って家」というのは絶対に変です。ドラマだから、架空のものだか
       らというのはわかりますが、あの家の場所は、極楽寺駅からだと御霊神社の踏切の手前だし、そも
       そも長谷駅のほうが近いからそちらから歩けよ~と毎回突っ込みたくなります。
    ・「デカ黒川鈴木
       黒川鈴木という名前がヘン。でもバカバカしくて面白いドラマです。一番の見所は、鶴田真由でしょう。
   ◆金曜日
    ・「 13歳のハローワーク
       設定が面白いので最初の数回は見ましたが、見逃しているうちに見なくなりました。でも、見た回は
       それなりに楽しめると思ったので、それほどはずれのドラマではないのかなと思います。
   ◆日曜日
    ・「平清盛
       ここのところの大河ドラマは出来が悪くて見ていなかったので、今回も見るつもりはなかったのです
       が、友人から「この時代は天皇、貴族、武士の関係が面白いし、好きな鎌倉にも関係あるのでは?」
       と言われたのと、どこかの市長が文句つけていることを聞いて見始めました。見始めるとスケールも
       大きくリアルで面白くなかなか楽しめます。これから一年近く見ていこうと思います。
    ・「運命の人
       見ごたえあるドラマです。実際の出来事をモデルにした山崎豊子原作ですから面白いのは当然で
       しょう。出演者も豪華配役で重厚感たっぷり。充分楽しめるドラマです。これからが楽しみです。


今クールは、いつものテレビ朝日の頑張りが目立たず、TBSが頑張っているように思います。上にあげたドラマ以外にもドラマはありますが、ドロドロした人間関係もの、恋愛ものは私は好みませんので、すべてのテレビドラマの評価ではありませんけどね。

さて、今クールも最終回まで興味を持たせてくれて楽しませてくれるのは、どのドラマなのでしょうか。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ

12/22(木)  家政婦のミタ、最終回視聴率40%越!

11月16日、今クールのドラマの中間評価で、私は次のように書きました。

    ・「家政婦のミタ
       市原悦子の「家政婦は見た」をもじったふざけたタイトルだと思って初回は見逃したのですが、このド
       ラマはめちゃくちゃ面白いです。ミタは死んだ奥さんの霊が宿っているような気がしないでもありませ
       んし、ミタの正体や過去と阿須田家の今後に目が離せません。

昨日の最終回を見終えて、本当にこのドラマは、このときの印象のまま、面白いドラマでした。
しかも、隅々まできちんとつじつまを合わせてあって、すべての出来事、すべての関係する人々がちゃんと布石と結果で結びついていました。脚本のすばらしさだと思います。「相棒」も脚本が優れているから見ごたえがあるわけで、やっぱりドラマはしっかりとした面白い脚本があって、そしてそれをきちんと表現できるキャストがいて、はじめて面白いドラマが出来上がるのだと思います。

最終回の松嶋菜々子の笑顔での「承知しました」は絶品で感動的でした。あの笑顔を見たくてずっと見続けていたような気もします。毎回毎回、とても気持ちのいい涙を流させてくれました。このドラマは続編や映画化は不要です。このまますばらしいドラマだったということで残ればいいと私は思います。

それにしても、いくら面白くていいドラマだと言っても、今の時代に視聴率40%越なんてすごいことだと思います。日本テレビが「スッキリ!!」などで番宣したとしても、ドラマの中身が良くなければこんな数値は出るはずがありません。お見事です。

昨夜、最終回を見終わってから、YouTubeで斉藤和義の「やさしくなりたい」を聴き、カラオケで歌い、今日の私の頭の中では、「やさしくなりたい」がずっと頭の中でリピートしていました。

本当にいいドラマをありがとう。そんな気持ちです。


動画サイトの動画は削除されることがあります。


動画サイトの動画は削除されることがあります。


動画サイトの動画は削除されることがあります。
にほんブログ村には同じ趣味を楽しむブログがたくさんあります。興味ある方は、下のバナーをクリック!
にほんブログ村 その他日記ブログへ  にほんブログ村 その他日記ブログ 気ままへ  にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ